Web集客にお悩みの、個人・小規模ビジネスオーナーさまへ

プロフィールの写真

プロフィール写真当ウェブサイトへご訪問いただき、ありがとうございます。

初めまして。
高木浩一(たかぎこういち)と申します。

 

当サイトへご訪問いただいたということは、
次のいずれかに興味をお持ちなのではないでしょうか?

  • Webマーケティングについて
  • コピーライティングについて

これらのことについて知りたいということは、
Web集客の可能性について真剣にお考えのことだと思います。

ご存知のとおり、
情報収集はインターネットを使って積極的に行われている時代です。

そんな中で、Web集客についてお考えなのは
とても正しい判断だと思います。

 

そこで突然の質問ですが、
「あなたのビジネスの強みはなんですか?」

 

まずは自己紹介がてら、僕から答えてみます。

僕の強みは、15年ほど広告に関わるデザインの仕事をしていたので
実際にデザインをすることができて、
デザインの良し悪しがわかることです。

イラストも得意な方です。

人から「コミュニケーション能力が高い」と評価されることです。

コミュニケーションについては、
年の離れた姉が2人いた環境で育ったせいかもしれません。

京都で生まれ育った土壌のおかげで
お笑いが大好きだったからかもしれません。

小さな頃から、人と話すことがうまかったようです。

当たり前のようにできることは、人は意識しませんよね。

それで、やたらと
「コミュニケーション能力が高い」と言われることで
ある興味が沸きました。

自分が当たり前にできている
コミュニケーション能力って何なんだろう・・・?

自分自身のコミュニケーション能力について
分析してみることにしました。

心理学を勉強していくと、答えはシンプルなものでした。

人と仲良くなるには
「共感すること」が大切なんですよね。

それから大事なのが「質問力」です。
僕はそれらが自然とできるようでした。

とは言え、全然できていない部分があることにも気づきました。

 

自己分析から始まった興味の対象は
心理学から行動経済学、脳科学へと広がり

気がつけば、マーケティング、コピーライティングに
のめり込んでいました。

のめり込んだおかげで、
いろいろと分かるようになりました。

多くの人や、集客がうまくできていない企業は
「コミュニケーション能力」が欠けているようです。

僕は、どうやったら人が動くのか
どうやったらWebで集客できるのかを研究するようになりました。

実際にWebサイトを運営して、多くの実験を繰り返すことで
徐々に答えが見つかるようになりました。

「レスポンス」をもらうことは、
そんなに難しいことではありません。

お客さんが望んでいることを
適切な言葉で「提供できますよ」と伝えるだけです。

・・・

さて、ずいぶん自己紹介が長くなってしまいましたが
これらは、はたして「強み」でしょうか?

 

マーケティングでは、「強み」や「独自のウリ」という言葉が出てきます。
ですが、正しく扱えている企業は少ないようです。

「強みや独自のウリ」には、「誰にとっての」という言葉が抜けています。

つまり、僕が答えた「自己紹介」は、あなたに対しては
何の「強み」でもないかもしれません。

 

もう一度お聞きます。
「あなたのビジネスの強みはなんですか?」

 

大切なことは、
「お客さんの視点で伝える」ことです。

 

まずは、
ご自分のWebサイトを振り返ってみてください。

自分のことばかり発信しようとしていませんか?
「これもできます」「あれもできます」・・・

あるいは、
お客さんの気持ちを射抜く、価値あるメッセージを
発信できていないことはありませんか?

もしも、あなたのWebサイトが
現時点で集客の役に立っていないのであれば
正しいメッセージを発信していないことが原因です。

お客さんが求める価値のある提案です。

 

そして、ビジネスにはNo.1の要素が必要です。
なぜなら、お客さんがモノを選ぶ時には、No.1を選ぶからです。

例えば、あなたが外食する時には、何を基準にしてお店を決めますか?

メニューですか? 値段ですか?
お店の雰囲気ですか? 立地条件ですか?

決定する時にはいろんな要因が含まれるとは思います。

ですが、決定する時には、いくつかの候補の中で
あなたが「一番」だと感じるお店を選ぶのではないでしょうか。

「駅から一番近いから・・・」
「この辺で一番おいしいから・・・」
「一番オシャレだから・・・」

 

つまり、集客ではお客さんにとっての
No.1の要素をつくることが大切です。

 

マーケティング用語には、

「ニッチ・イン・リッチ」

という言葉があります。

これは、「顧客や商品を絞るほど裕福になれる」という意味です。

大企業にはできないニッチ市場でトップになることができれば
同じ事業をしている他社の2倍以上の利益を得られるというものです。

とにかくニッチにすればよいというわけではありませんが
正しくポジションを取っていけば、ニッチトップを取ることは可能です。

個人や小さな会社でも、
インターネットを使って正しくメッセージを発信すれば
大きな力となって、あなたの元に帰ってきます。

大きな市場の中で戦うのではなく、まずは小さな市場のNo.1になるのです。

ビジネスのポジションを定め、
適切なメッセージとコンテンツを発信すれば

あなたのWebサイトは、定めたポジションの市場でNo.1の存在となります。

 

市場でNo.1の存在になれば
大勢の人があなたのWebサイトへ訪れ、
あなたのビジネスを利用したいとお願いするようになります。

 

No.1の効果は、Webサイトだけではありません。
実際の営業についても変化が起こります。

あちこち営業に飛び回わる必要も、
お客さんに無理難題を言われることもなくなります。

お客さんがあなたを選ぶのではなく、
あなたがお客さんを選ぶようになります。

 

あなたはどんな市場のNo.1になりますか?

 

まずは、誰にとって、どんな価値があるのか
正しいメッセージの発信をしてみてください。

 

どんな市場に向けて、
どんなメッセージを発信すれば良いのか
どうすればWebサイトのアクセスを上げられるのか

これらについて迷われているのなら
お手伝いすることができます。

答えのヒントは、つねにあなたの中にあります。
僕はそれを見つける仕事をしています。

お気軽にお尋ねください。

 

コンサルティングについて

コンサルティングの流れ

セールスライティング制作

ご依頼・お問い合わせ