コピーライティング講座|マーケティングブログのまとめ

セールスライティング講座

あなたのWebサイト(ブログ)から商品・サービスの販売数を伸ばすためには、こちらの『コピーライティング講座』から、当サイト(Web活用術。)のブログ記事を順番に読み進めてみてください。

商品・サービスを販売できる文章術・セールス術を手に入れることができます。

こちらもチェック!

今すぐ受け取る白地

セールスライティングとは?

一般的には、ビジネスで扱う文章はコピーライティングと呼ばれます。厳密に使い分けると、売るための文章のことはセールスライティングとも言います。

コピーライティングとセールスライティングの違いについて

意外と知らないコピーライティングと セールスライティング の違い

一般的にコピーライティングとは、「イメージコピー」のことを指します。

売るためのコピーライティングは、「セールスコピー」とも呼ばれます。

意外と知らないコピーライティングと セールスライティング の違い
知らなきゃマズい!コピーライティングとセールスライティングの違い

意外と知られていないかもしれませんが、ビジネスで扱う文章は大きく分けると2種類に分類できます。それは、コピーライティングとセールスライティングです。 この2つには、決定的な違いがあります。 もしもこの ...

続きを見る

セールスライティングを本から学ぶには

セールスライティング おすすめの本

セールスライティングは、本からも学ぶことができます。こちらの記事では、おすすめできる本を紹介しています。

セールスライティング おすすめの本
セールスコピーライティング初心者におすすめの必読本【厳選3冊+α】

人の感情をグラグラと動かし、人に行動を促すセールスコピーライティングの技術を習得するためには、いろんな知識が必要になります。 技術は実際に書くことでしか習得できませんが、知識は本から習得することができ ...

続きを見る

まずは商品・サービスを知る

セールスコピーを書き始める前に、まずは売りたい商品・サービスのことを知る必要があります。

3C分析で自社商品の特徴・競合商品の違いを分析する

3C分析 |競合と差別化するための方法

あなたが売りたい商品・サービスのアピールポイントを探るために、3C分析を使います。

自社商品の特徴や、競合商品との違いを洗い出すことが大切です。

3C分析 |競合と差別化するための方法
3C分析の目的とやり方|マーケットインで成功要因を見つける手順

もっとも基本的であり重要なマーケティングのフレームワークに、3C分析があります。「3C」の読み方は、「さんしー」「スリーシー」と読みます。 3C分析とは、次の3つの「C」の頭文字を取った分析方法です。 ...

続きを見る

プロダクト・ライフサイクルのどの辺りか?

プロダクトライフサイクル

あなたが売りたい商品・サービスは、プロダクト・ライフサイクルのどの辺りに位置するのかを確認します。

どこに位置する商品・サービスなのかによって、セールスメッセージにも変化が必要です。

プロダクトライフサイクル
プロダクトライフサイクルとは?弱者が取るべきマーケティング戦略

商品・サービスには、人間の成長過程を表したライフサイクルと同じような成長曲線があります。これを「プロダクトライフサイクル」と呼びます。 例えば、生まれたばかりの赤ちゃんには母乳が必要ですが、少年になれ ...

続きを見る

どんな価値観の人に向けての商品・サービスか?

イノベーター理論

あなたが売りたい商品・サービスは、どんな価値観を持っている人に向けてのモノなのかを確認します。

どんな価値観の人に響く商品・サービスなのかによって、セールスメッセージにも変化が必要です。

イノベーター理論
【イノベーター理論】市場に普及させる5つのマーケティング戦略

新製品や新サービス、新しいライフスタイルが世の中に浸透する過程は、5つのグループに分類することができます。 この理論を「イノベーター理論」と言います。 5つのグループは次のとおりです。 イノベーター: ...

続きを見る

売りたいお客さんを決定する

あなたが売りたい商品・サービスの特徴は、どんな人が「欲しい!」と熱望するモノなのかを考えます。

メッセージを絞るためにペルソナを作成する

ペルソナの作り方

理想の顧客像『ペルソナ』を作成することで、お客さんに響くメッセージを書くことができます。

「売れるなら誰でもいい」と考えていると、誰にも響かないメッセージしか書けません。

ペルソナの作り方
ペルソナとは?マーケティングで本当に使える理想の顧客像の作り方

商品・サービスを販売する際に、ターゲットとする一人の理想的な顧客像のことを、マーケティング用語で「ペルソナ」と言います。 ペルソナがどんな人物像なのかを想定していないと、あなたのビジネスは今後うまくい ...

続きを見る

ペルソナ作成のために、どんな状況にいる人なのかを考える

OATHの法則

お客さんが抱えている問題意識を4つのレベルに分類して、どのレベルにいる人に売りたいのかを考えます。

  1. O:Oblivious(無知)
  2. A:Apathetic(無関心)
  3. T:Thinking(考えている)
  4. H:Hurting(困っている)
OATHの法則
【OATHの法則】誰に向けたセールス?コピーライティングの基礎

コピーライティングでは、お客さんを絞ることと、「どの状態のお客さんに向けたものか?」を意識して書くことが、成約率アップにつながります。 そのためには、OATHの法則(オース・フォーミュラ)を知っておく ...

続きを見る

メインのベネフィットを決定する

売りたい商品・サービスの特徴から、いくつものベネフィットを導き出します。その中から、もっともペルソナに響くベネフィットを決定しましょう。

ベネフィットとメリットの違いを理解する

ベネフィット とは何か?コピーライティングで最も重要な要素

ベネフィットとは、お客さんが商品・サービスから得られる「満足感」や「期待感」のことです。

メリットとの違いを理解しておくことが大切です。

ベネフィット とは何か?コピーライティングで最も重要な要素
本当に知ってる?ベネフィットとメリットの意味と使い方を解説

商品やサービスを販売するセールスやコピーライティングでは、メリットよりもベネフィットを伝えることが大切です。 ベネフィットを伝えていないセールスコピーの場合は、いくら時間をかけてコピーを書いたとしても ...

続きを見る

ベネフィットを導き出すFABフォーミュラ

FABフォーミュラ

ベネフィットを導き出すには、FABフォーミュラを使うと便利です。

商品・サービスの特徴から利点を考え、ベネフィットを導き出しましょう。

FABフォーミュラ
【FABフォーミュラ】魅力を伝えるベネフィットの具体的な作り方

セールスコピーでは、商品の価値を伝えることが大切です。ですが、価値を伝えるための「ベネフィットのつくり方がわからない・・・」と、困った経験はありませんか? 本当に知ってる?ベネフィットとメリットの意味 ...

続きを見る

ニーズではなくウォンツに訴えることが大切

ニーズとウォンツ

セールスライティングでは、ニーズではなくウォンツに訴えることが大切です。

ニーズとウォンツの違いについても、理解を深めてください。

ニーズとウォンツ
ニーズとウォンツの違いと関係性とは?マーケティングでの使い方

売れる商品・サービスを作るためには、あるいは売れるセールスコピーを書くためには、ニーズ(必要性)ではなくウォンツ(欲求)に訴えることが大切です。 なぜなら、世の中の経済活動のほとんどがウォンツ(欲求) ...

続きを見る

人間の欲望・感情を理解する

ベネフィットをうまく文章に落とし込むには、人間の欲望や感情を理解しておくことが大切です。

人間にはどんな欲望があるのかを理解する

LF8:欲求に訴えるコピーライティングの基礎

人間にはどんな欲望があるのかを知っておくと、ベネフィットを導き出す際に役立ちます。

LF8:欲求に訴えるコピーライティングの基礎
8大欲求【LF8】生命の8つの力に訴えるコピーライティングの基礎

人は生まれながらにして、本能のような基本的欲求を持っています。人間がここまで繁栄してこれたのも、DNAに組み込まれているとも言える、この欲求があるおかげです。 コピーライティングで人に行動を促すために ...

続きを見る

どんな感情を刺激すれば響くのかを理解する

スピノザ 48種類の感情

人間にはどんな感情があるのかを知っておくと、感情を刺激する文章を書く際に役立ちます。

スピノザ 48種類の感情
スピノザの48種類の感情|マーケティングで扱う感情と情動

マーケティングやコピーライティングでは、「感情に訴えることが大切」「感情を揺さぶれ」という言葉が頻繁に出てきます。 マーケティングで『感情』が大切な理由は、人は感情によって行動を起こすからです。 例え ...

続きを見る

ペルソナに響くタイトルを考える

セールスライティングでもっとも重要なのがタイトルです。

タイトルで「読み進めたい」と感じてもらえなければ、せっかく書いた文章も全て水の泡に消えてしまいます。

GDTの法則

GDTの法則

タイトルや文章を読み進めてもらうためには、ペルソナの感情を刺激することが大切です。

感情を刺激する9つのキーワードを理解して、タイトルに取り込みましょう。

GDTの法則
【GDTの法則】感情を刺激する9つのキーワード(3×3ヘッドラインルール)

セールスライティングで成約率(コンバージョン率)を上げるためには、「いかに読み手の感情を動かすか」ということが大切な要素になります。 感情を刺激する方法のひとつに、日本では「GDTの法則」として広まっ ...

続きを見る

4U原則でタイトルをチェック!

ヘッドラインの魅力がアップする 4U原則

あなたが考えたタイトルが読み進めたくなるタイトルかどうかは、「4U原則」でチェックすることができます。

ヘッドラインの魅力がアップする 4U原則
思わず読みたくなるタイトルのつけ方【4U原則でチェック!】

せっかく時間をかけてセールスレターを作ったのに、全く反応が取れなかった・・・。アツいブログ記事を書いたのに、誰も読んでくれない・・・。 すごくツラいことですが、その原因は単純にタイトル(ヘッドライン) ...

続きを見る

コピーライティングの “型” を理解する

セールスライティングには、売れやすい文章のフォーマットがあります。

慣れてくればフォーマットに縛られる必要はありませんが、まずはフォーマットに沿って文章を書き進めると、大きな間違いを犯しにくくなります。

AIDMAの法則

アイドマ の法則で簡単にセールスコピーを作る

コピーライティングの古典的な型に「AIDA」があります。

これを少し発展させた型が「AIDMA」です。

アイドマ の法則で簡単にセールスコピーを作る
AIDMAの法則はもう古い?チラシ作成での消費者行動モデルの使い方

消費者が商品の認知から購買に至るまでの心理的プロセスをモデル化したものに、「AIDMAの法則(アイドマの法則)」があります。 おもにマスメディア広告を作る際に参考にしたいこの消費者行動モデルは、商品・ ...

続きを見る

PASONAの法則

PASONA(パソナ)の法則

日本一有名なマーケターでもある神田昌典氏が考案したコピーライティングの型が「PASONAの法則」です。

PASONA(パソナ)の法則
【新・PASONAの法則】100億円以上稼いだ非常識な文章術

ブログを書いて、どうやって集客に結びつけてよいのかわからない・・・という悩みは、PASONAの法則(パソナの法則)を使った文章術で解決できます。 PASONAの法則とは、商品を販売するためのセールスコ ...

続きを見る

QUESTの法則

ランディングページに最適なQUESTの法則

世界的に有名なダイレクト・レスポンス・コピーライターであるマイケル・フォーティン氏が考案したコピーライティングの型が「QUESTフォーミュラ」です。

ランディングページに最適なQUESTの法則
【QUESTの法則】人を行動に駆り立てるライティングの正しい使い方

売れるセールスコピーには、共通する文章の「型」があります。この「型」を公式化した有名なコピーライティングの法則に、QUESTフォーミュラがあります。 日本では「QUESTの法則」として有名なこのセール ...

続きを見る

ランディングページでの構成と必要な要素

ランディングページの構成

Webサイトのランディングページでは、構成を3つに分けて、必要な要素を12種類に分解することができます。

ランディングページの構成
【ランディングページの構成】売れるLPに必要な12の要素

ランディングページ(セールスコピー)では、商品・サービスを初めて知る段階から、興味を持ち、欲しくなり、申し込みをするまでの段階を一枚のページで表します。 閲覧者(見込み客:将来商品を買う可能性のある人 ...

続きを見る

クロージングで申込数を増やす

申込数を増やすには、クロージングのテクニックも重要な要素です。

クロージングコピーについて

ランディングページ(LP)の クロージング

成約率を上げるには、次の4つのポイントがあります。

  1. オファーの案内(保証・特典・限定性)
  2. 価値の比較
  3. ベネフィットの再確認
  4. 追伸
ランディングページ(LP)の クロージング
クロージングコピーとは?ランディングページで重要な4つのポイント

商品を販売するためのランディングページでは、オープニング、ボディコピーに続いて、最後に登場するクロージングが最も重要なパートになります。 クロージングとは クロージング(Closing)とは、英語の「 ...

続きを見る

コンバージョン率を上げるCTAボタンについて

コンバージョン率を上げるCTAボタン

ランディングページでコンバージョン率を上げる要素のひとつに、CTAボタンがあります。

CTAボタンのデザインを改善するだけでも、コンバージョン率が上がるケースがあります。

コンバージョン率を上げるCTAボタン
【決定版】CTAボタンのデザイン改善でCV率を上げる7つの方法

ランディングページなどの申し込みページでは、CTAボタンのデザインを少し改善するだけでも、コンバージョン率(CV:成約率)が劇的にアップすることがあります。 CTAとは CTA(シー・ティー・エー)と ...

続きを見る

セールスライティングでの心得

実際にセールスライティングを書き進めるにあたっては、読み手(ペルソナ)を意識した重要な心得があります。

3つのNOTを意識する

3つのnot

読み手(ペルソナ)がセールスコピーと出会った時には、3つのNOTが存在しています。

  1. 読まない
  2. 信じない
  3. 行動しない

この3つのNOTを越えるために、意識して書くことが大切です。

3つのnot
集客できるブログの書き方17個のコツ【3つのNOTを越える方法】

コピーライティングには「3つのNOT」と呼ばれる、たいへん有名な大原則があります。人を動かす文章を書きたいのなら 、頭に叩き込んでおきたい最重要原則です。 3つのNOTとは、読み手は 読まない 信じな ...

続きを見る

5つの「なぜ?」に答える

読み手が知りたい5つの 理由

読み手(ペルソナ)がセールスコピーを読み進める際には、「5つのなぜ?」が存在しています。

「5つのなぜ?」に答えないと、セールスコピーを信用してもらえなくなる可能性があります。

読み手が知りたい5つの 理由
コピーライティングに説得力を持たせる5つのコツ

売れるコピーライティングには、読み手を納得させる説得力があります。この説得力は、読み手が感じる「なぜ?」について、先回りしてすぐに答えることで生まれます。 もしも読み手の疑問に答えていないと、「なぜ答 ...

続きを見る

イメージが伝わる文章を意識する

UPWORDS フォーミュラ

あなたが書いた文章が読み手(ペルソナ)にうまく伝わらなければ、売上を上げることは難しくなる可能性があります。

文章のイメージを鮮明に伝えるためには、文章を視覚化したり、直感的に理解しやすいように工夫することが大切です。

UPWORDS フォーミュラ
鮮明にイメージが伝わる文章の書き方【UPWORDSフォーミュラ】

コピーライティングで読み手に行動してもらうためには、『情景を鮮明にイメージできるわかりやすい文章』であることが重要なポイントになります。 なぜなら、読み手は文字の意味を頭の中でイメージ(視覚化)して、 ...

続きを見る

 

セールスライティング講座のアイコン

マーケティングについてご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

大手コンサルティング会社にはできないマンツーマンで、あなたのビジネスの売上アップを導きます。また、コンテンツの感想やご質問もお待ちしています。

⇒ ご依頼・お問い合わせフォームへ

こちらもチェック!

今すぐ受け取るBL

投稿日:2019-02-26 更新日:

Copyright© Web活用術。 , 2019 All Rights Reserved.