仕事術

【Google検索方法のコツ】情報収集スキルを磨く完全ガイド36個!

googleの 検索方法

Googleの検索機能は日々進化を続けていますが、検索方法は意外と変わらず、毎回ワンパターンだったりしませんか?

この記事では、Google検索を使いこなす36個の検索方法をご紹介します。

基本編・中級編・上級編・便利機能編の4編に分けていますので、現代人の必須スキルである「検索能力」の効率化や、時間短縮化のコツとしてお役立てください。

《◯◯》・・・調べたいキーワード
《+》・・・スペース(半角でも全角でも可)
スポンサード リンク

目次

Google検索方法のコツ:基本編

まずは基本編テクニックです。

Googleを初めて使う場合は、基本的な検索方法について確認してみてください。初めてGoogle検索をする人以外は、基本編はすっ飛ばしても大丈夫です。

1. とは検索(キーワードについて知りたい時)

とは検索

あるキーワードについて調べたい時は、キーワードの後に【とは】を入力して検索すれば、知りたい情報の基本的な概要をアンサーボックスで知ることができます。

  • 式:「◯◯とは」
  • 例:「ポモドーロとは」

また、「◯◯ 意味」と入力しても表示されます。

ただし、一般的ではないキーワードについては、アンサーボックスは表示されません。

 

2-1. 画像検索 1(ビジュアルを調べたい時)

画像検索

「画像」で検索すると、キーワードに関係する画像を調べることができます。

 

イメージ検索

資料作成などでグラフを調べたい時や、ビジュアル面でアイデアが欲しい時など、イメージを膨らませるために使うと便利です。

 

2-2. 画像検索 2(自分の持っている画像と似ている画像を調べたい時)

似ている画像を検索

自分の持っている画像と似ている画像を調べることができます。自分の著作物が、他サイトで無断使用されていないかを調べる時などに使うと便利です。

まず、Google検索画面の右上に表示される「画像」をクリックします。

 

画像検索画面

すると、“Googleロゴ” の右下に「画像検索」と表示されてる画面に切り替わります。

 

似た画像検索

「画像検索」の画面上に、自分のパソコンにある写真データをドラッグ&ドロップします。

 

似ている画像検索

似ている画像が、検索結果として表示されます。

 

2-3. 画像検索 3(サイト上にある画像と似ている画像を調べたい時)

サイト上にある画像を検索

サイト上にある画像と似ている画像を調べることもできます。

調べたい画像の上にマウスを移動させて『右クリック』してウインドウを開き、『Googleで画像を検索』をクリックします。

 

サイト上の似ている画像の検索結果

似ている画像が、検索結果として表示されます。

 

3. ショッピング検索(価格の相場を知りたい時)

ショッピング検索

「ショッピング」で検索すると、キーワードに関係する商品を販売しているショップが一覧で表示できます。どんな商品があるのか、どれくらいの相場なのかを知りたい時に使うと便利です。

 

4. 動画検索(動画を調べたい時)

動画検索

「動画」で検索すると、キーワードに関係する動画を調べることができます。用語の解説やノウハウ系の動画も多いので、記事で読むよりも見たり聞いたりしたい時に使うと便利です。

 

5. 書籍検索(キーワードが含まれる書籍を調べたい時)

もっと見る

「もっと見る」をクリックして、「書籍」で検索すると、検索したいキーワードに関係する書籍を調べることができます。

プレビューできる書籍もあるので、インターネットで検索結果として出てこない情報を調べたい時には重宝します。

 

6. ニュース検索(最新の話題を知りたい時)

ニュース検索

「もっと見る」をクリックして、「ニュース」で検索すると、キーワードに関係するニュースを調べることができます。キーワードについて、最新のニュースを知りたい時に使うと便利です。

キーワードによっては、初めから検索窓の下に「ニュース」の項目が表示されている場合があります。

 

7. フライト検索(飛行機のチケット代を調べたい時)

フライト検索

「もっと見る」をクリックして、「フライト」をクリックすると、飛行機のチケットを調べることができます。

 

8. 「ツール」で検索結果を調整する

ツールから情報範囲を選択

検索窓の右下にある「ツール」をクリックすれば、「すべての言語」「期間指定なし」などの検索結果を調整できる項目を選ぶことができます。

調べたいキーワードが英単語で、日本語のサイトを表示させたい時などは、「すべての言語」⇒「日本語のページを検索」で検索結果が変わります。

また最新記事を調べたい場合は「期間指定なし」⇒「1時間以内」を選べば、キーワードに関係する情報が1時間以内に更新されたサイトのみを表示させることができます。

 

9. AND検索(情報を絞り込みたい時)

AND検索

キーワードをスペースで区切って追加入力することで、そのキーワードが含まれる情報が検索できます。くわしく調べたい時に使う検索方法です。Google検索ではもっともポピュラーな検索方法ですね。

最初に入力したキーワードほど、メインの扱いになります。

  • 式:「◯◯+◯◯」
  • 例:「ポモドーロ レシピ」

キーワードをいくつも追加することで、よりくわしい情報をヒットできます。

  • 式:「◯◯+◯◯+◯◯」
  • 例:「ポモドーロ レシピ 10分以内」

 

Google検索方法のコツ:中級編

Google検索の初級編をマスターしたら、次は中級編テクニックです。中級編を使いこなせれば、かなり検索上手になります。

10. OR検索(同時に複数のキーワードを検索したい時)

キーワードとキーワードの間にスペースを空けて【OR】を入力すると、どちらかのキーワードが含まれる情報を検索できます。

例えば「木村拓哉」と「キムタク」など、同じ意味でも文字が違うキーワードについて、一度に調べたい時に使うと便利です。または、検索結果が少なそうなキーワードに使っても便利です。

  • 式:「◯◯+OR+◯◯」
  • 例:「キムタク OR 木村拓哉」
  • ※【OR】は半角大文字で入力します。

 

11. AND検索+OR検索(大きなくくりで検索したい時)

OR検索

OR検索は、AND検索と同時に使うことで検索能力が上がります。

例えば、「桜」と「チェリー」のどちらかが含まれる「歌」を調べたい場合など、大きなくくりで調べたい時に使うと便利です。

  • 式:「◯◯+◯◯+OR+◯◯」
  • 例:「歌 桜 OR チェリー」
  • ※【OR】は半角大文字で入力します。

 

12. 完全一致検索(知りたい情報をピンポイントで見つけたい時)

普通に検索した場合

ダブルクォーテーション【”】でキーワードを囲うと、そのキーワードが完全に一致している情報だけを検索できます。同じ名前で型番が多い商品や、人物名などを調べる時に便利です。

ダブルクォーテーションは「Shift」+「2」で入力することができます。

  • 式:「”◯◯”」
  • 例:「”金子ノブオ”」

例えば「金子ノブオ」と入力すると、調べたいはずの「金子ノブオ」ではなく、関連度の高い「金子信雄」さんや、「金子ノブアキ」さんの検索結果が表示されてしまいます。

 

完全一致検索

そこで、キーワードをダブルクォーテーション【”】で囲って「”金子ノブオ”」とすることで、キーワードが完全に一致した検索結果を表示させることができす。

また、完全一致検索は、複数のキーワードでも調べることができます。

  • 式:「”◯◯”+”◯◯”+”◯◯”」
  • 例:「”金子ノブオ” ”学校” ”部活”」

 

13. NOT検索(ある情報を除外したい時)

マイナス検索

キーワードの前にマイナス【-】を入力することで、【-】の後に続くキーワードを除外した情報を検索することができます。

「この情報はいらない」という、除外したいキーワードを知っている時に使うと便利です。

例えば、iphoneの価格を調べたいけど、「SE」の情報は必要ない場合に使います。

  • 式:「◯◯+-◯◯」
  • 例:「iphone 価格 -se」

【-】は複数個つなげることもできます。

  • 式:「◯◯+-◯◯+-◯◯」
  • 例:「iphone 価格 -se -6」

 

14. あいまい検索(語句を知りたい時)

あいまい検索

検索したいキーワードがあいまいな場合に、あいまいな部分をアスタリスク【*】に置き換えて検索することで、【*】の部分が補完された状態の検索結果を表示できます。

ある言葉の一部だけを憶えている場合などに使うと便利です。【*】は、前でも後ろでも真ん中でも、どこに入れても大丈夫です。

  • 式:「*◯◯」
  • 例:「*事を仕損じる」

ただし現在では、サジェスト機能(候補となる予測ワードを出してくれる機能)でほとんど補完してくれますので、使いどころはあまりないような気もします。

 

15. 数値の範囲を指定して検索

数値範囲を指定して検索

検索したいキーワードの数値を指定したい場合に、ピリオド2回【..】をはさむことで、範囲を指定することができます。調べたいキーワードの範囲を絞り込みたい時などに便利です。

「年、円、g」など単位を指定する場合は、数字と単位をスペースで区切って入力します。

  • 式:「◯◯..◯◯」
  • 例:「流行語 1995..2005 年」

 

Google検索方法のコツ:上級編

Google検索上級編テクニックでは、調べたいキーワードの前にコマンドを入力することで、より範囲を絞ったピンポイントな検索ができるようになります。

16. filetype:(ファイルの種類を指定する)

拡張子を指定して検索

調べたいキーワードの前に【filetype:】と拡張子を入力すれば、特定したファイルだけを検索することができます。ファイルは【pdf】【doc】【zip】など、いろんな拡張子が使えます。

研究機関の論文や資料をヒットさせることができるので、SEOでは上位表示されないキーワードについて調べたい時に便利です。

例えば、「スマホの人口」についてのPDFの資料を探したい時に使います。

  • 式:「filetype:《拡張子》+◯◯」
  • 例:「filetype:pdf スマホの人口」

 

17. site:(Webサイトを指定する)

サイトを指定して検索

指定したサイト内にあるキーワードで検索することができます。よく行くサイト内にある、特定のキーワードについて調べたい時に使うと便利です。

例えば、指定したyahoo.co.jpのサイト内にある、「macbook」について書かれた情報を知りたい場合に使います。

  • 式:「site:《URL》+◯◯」
  • 例:「site:yahoo.co.jp macbook」

 

18. info:(指定したWebサイトの情報を知りたい時)

info検索

指定したURLについての、Googleに保存されているキャッシュ、類似したページなどが確認できます。

  • 式:「info:《URL》」
  • 例:「info:yahoo.co.jp」

 

19. related:(似ているサイトを調べたい時)

似ているサイト検索

似ているサイトを調べたい時には、【related:】に続いてURLを入力することで調べることができます。自分のサイトや、ライバルのサイトをチェックしたい時に便利です。

式:「related:《URL》」
例:「related:yahoo.co.jp」

 

20. inurl:(特定のキーワードを含んだサイトを調べたい時)

inurl検索

指定したキーワードが、URLに含まれているサイトを検索できます。キーワードは、英文字でも日本語でも調べることができます。

  • 式:「inurl:◯◯」
  • 例:「inurl:お笑い」

 

21. intitle:(記事タイトル名で検索したい時)

intitle検索

入力したキーワードが、記事タイトルに含まれている検索結果を表示します。自分のサイトの記事タイトルをつける場合など、他に類似タイトルがないかをチェックする時に便利です。

例えば「絶対にやばい」で検索してみれば、「絶対にやばい」という語句が入ったタイトルが約577件あることがわかります。

  • 式:「intitle:◯◯」
  • 例:「intitle:絶対にやばい」

自分のサイトの記事タイトルが、そのままパクられていないかを調べることにも使えますね。

 

22. intext:(記事本文中にあるキーワードで検索したい時)

intext検索

入力したキーワードがサイト内本文に含まれている検索結果を表示します。こちらも、コピペ対策の一つとして利用できます。

  • 式:「intext:◯◯」
  • 例:「intext:絶対にヤバいと思う」

 

intext完全一致

完全一致検索と合わせて、「intext:”絶対にヤバいと思う”」のように使うこともできます。

 

23. cache:(Googleがキャッシュした日時を知りたい時)

キャッシュ検索

見たいサイトのサーバーがダウンしたりして見れない時には、【cache:】のコマンドを入力することで、Googleのクローラ(ロボット)が巡回した時点のページを見ることができます。

  • 式:「cache:《URL》」
  • 例:「cache:yahoo.co.jp」

キャッシュを表示すると、クローラが保存(キャッシュ)した年月日時分秒も表示してくれますので、自分のサイトがいつクロール(巡回)されたのかを確認することができます。

 

別方法のキャッシュ表示

キャッシュは、検索結果の「▼」をクリックしても見ることができます。

 

Google検索方法のコツ:便利機能編

Google検索の便利機能編テクニックでは、簡単なキーワードを入力するだけで、知りたい情報を表示させることができます。

24. 海外の現地時間を調べる

現地時間検索

【時間】と入力してスペースを空けて、調べたい地名を入力すれば、現在の現地時間を表示させることができます。

  • 式:「時間+《地名》」
  • 例:「時間 サンフランシスコ」

 

25. 郵便番号を調べる

郵便番号検索

【郵便番号】と入力してスペースを空けて、調べたい地名を入力すれば、郵便番号を表示させることができます。

  • 式:「郵便番号+《地名》」
  • 例:「郵便番号 新宿区」

 

26. 天気を調べる

天気検索

【天気】と入力してスペースを空けて、調べたい地名を入力すれば、天気予報を表示させることができます。

  • 式:「天気+《地名》」
  • 例:「天気 新宿区」

 

27. 計算する

計算できる

計算式を入力して検索すれば、計算の答えを表示できます。

または、【電卓】と入力して検索すれば電卓が表示されますので、その電卓を使って計算することができます。

  • 式:「《計算式》」
  • 例:「10000-30%」
  • ※:「電卓」と入力してもオッケー!

 

28. 翻訳する

Google翻訳

【翻訳】と入力して検索すれば、翻訳するためのボックスが現れます。ボックス内に翻訳させたい語句を入力すれば、自動で翻訳してくれます。

 

29. 単位を変換

単位変換

数字と単位を入力して検索すれば、単位を変換させることができます。

  • 式:「《数字》《単位》」
  • 例:「55グラム」
  • ※:「単位変換」と入力してもオッケー!

 

単位変換の種類

または、【単位変換】と入力して検索すれば、単位変換ができる画面が表示されますので、その画面を使って計算することができます。

 

30. 外貨を日本円に変換

外貨変換

変換したい通貨を入力して検索すれば、日本円にして表示させることができます。

  • 式:「《外貨》」
  • 例:「55ドル」

 

31. 移動時間を検索

移動検索

二つの地名の間に【から】を入れて検索すれば、距離と移動手段と予想時間を表示できます。おもに車でのルートが表示されます。

  • 式:「《地名》から《地名》」
  • 例:「新宿から北海道」

 

32. 乗り換え検索

電車乗り換え検索

電車で移動できる範囲であれば、【乗り換え】と二つの地名を入力すれば、電車での乗り換えの手段を表示できます。

  • 式:「乗り換え+《地名》+《地名》」
  • 例:「乗り換え 新宿 横浜」

 

33. 宅配便を追跡

宅配便追跡

宅配便業者から通知される伝票番号を入力すれば、ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便の荷物の追跡が簡単にできます。

 

34. プロスポーツの試合を検索

団体名検索

プロスポーツの試合結果や成績を知りたい時は、団体名かチーム名を入力するか、さらにスペースを空けて【結果】か【成績】を入力すれば、簡単に試合結果や成績を知ることができます。

  • 式:「《団体名》」
    式:「《団体名》+結果」
    式:「《団体名》+成績」
  • 例:「NBA 成績」

 

チーム名検索

  • 式:「《チーム名》」
    式:「《チーム名》+結果」
    式:「《チーム名》+成績」
  • 例:「ウォリアーズ」

 

35. カロリーを調べる

カロリー検索

メジャーどころの食べ物であれば、食品名と【カロリー】と入力すれば、カロリーを調べることができます。

  • 式:「《食品名(料理名)》+カロリー」
  • 例:「ショートケーキ カロリー」

 

36. 日の出と日の入りの時間を調べる

日の出検索

調べたい地名の、日の出と日の入り(日没)の時間を調べることができます。地名を入力しなければ、現在地についての結果が表示されます。

  • 式:「日の出」
    式:「日の出+《地名》」
    式:「日の入り(【日没】でも可)」
    式:「日の入り(【日没】でも可)+《地名》」
  • 例:「日の出 ベネチア」

まとめ

以上、Googleの検索方法テクニックについてご紹介しました。

普段使っている検索方法は、意外と「AND検索ばっかりだった」なんてことはありませんか? ご紹介したこれらの検索方法を駆使すれば、求めている情報を効率的に検索できるようになります。

検索方法を使い分けたり組み合わせて、情報収集の時間短縮にお役立てください。

この記事が役に立ったら
\いいね !/

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる