ランディングページ

相手の興味を引き出す5W1H(8W3H)の順番

興味を引くプレゼンができる5W1H(8W3H)の順番

情報を整理整頓するために使われるフレームワーク 5W1H(8W3H)は、相手の興味を引き、行動を促す時にも使うことができます。 5W1H・5W2H〜8W3Hとは?使い方と順番を例文で解説 この記事では ...

キャッチコピーのおすすめ本

キャッチコピー・記事タイトルづくりに役立つおすすめ本【7冊】

コピーライティングの中で、もっとも重要なのがキャッチコピーです。キャッチコピーとは、短く鋭い言葉でズバッと伝える宣伝文句のことです。 キャッチコピーには、大きく分けると3つの役割があります。 キャッチ ...

3つの脳 爬虫類脳・哺乳類脳・人間脳

爬虫類脳・哺乳類脳・人間脳|3つの脳の構造でわかる人間の三大欲求

僕たち人間は、3つの脳を同時に併せ持っているとする『脳の三位一体論(triune brain)』という仮説があります。 生きるための爬虫類脳 感じるための哺乳類脳 考えるための人間脳 この3つの脳の特 ...

FORCEPS 信用度を上げる7つの証明

【7つの証明】信用される文章の書き方|FORCEPSフォーミュラ

もしも、あなたの書くセールスコピーの成約率が悪いとしたら、文章を信用してもらうための「証拠」が少ないことが原因かもしれません。 信用できる文章にするためには、FORCEPS(フォーセプス)と名付けられ ...

スピノザ 48種類の感情

スピノザの48種類の感情|マーケティングで扱う感情と情動

マーケティングやコピーライティングでは、「感情に訴えることが大切」「感情を揺さぶれ」という言葉が頻繁に出てきます。 マーケティングで『感情』が大切な理由は、人は感情によって行動を起こすからです。 例え ...

クレショフ効果 と モンタージュ理論

【モンタージュ理論とクレショフ効果】ブランディングに使える映画用語

複数の映像をつなぎ合わせることで新しい意味が現れるとする理論を、モンタージュ理論と言います。実験によって証明された効果を、クレショフ効果と言います。 映画用語であるモンタージュ理論やクレショフ効果は、 ...

OATHの法則

【OATHの法則】誰に向けたセールス?コピーライティングの基礎

コピーライティングでは、お客さんを絞ることと、「どの状態のお客さんに向けたものか?」を意識して書くことが、成約率アップにつながります。 そのためには、OATHの法則(オース・フォーミュラ)を知っておく ...

ランディングページの構成

【ランディングページの構成】売れるLPに必要な12の要素

ランディングページ(セールスコピー)では、商品・サービスを初めて知る段階から、興味を持ち、欲しくなり、申し込みをするまでの段階を一枚のページで表します。 閲覧者(見込み客:将来商品を買う可能性のある人 ...

クチコミ効果とも呼ばれる ウィンザー効果

ウィンザー効果とは?第三者の声が信頼を生む口コミレビューの使い方

第三者の言葉を信じやすくなる心理現象を、ウィンザー効果と言います。あなたも一度はクチコミサイトで、飲食店の評価を調べたことがあるのではないでしょうか? クチコミの評価が高ければ安心しますし、低ければち ...

ランディングページ(LP)の クロージング

クロージングコピーとは?ランディングページで重要な4つのポイント

商品を販売するためのランディングページでは、オープニング、ボディコピーに続いて、最後に登場するクロージングが最も重要なパートになります。 クロージングとは クロージング(Closing)とは、英語の「 ...

Copyright© Web活用術。 , 2020 All Rights Reserved.