行動経済学

現在バイアス

現在バイアスとは?行動経済学でわかる先延ばし癖のカラクリと防ぎ方

多くの人は、未来の大きな利益の可能性よりも、目の前にある小さな利益の現実を重視する傾向があります。 このような心理傾向を、行動経済学では「現在バイアス」と言います。 この心理傾向は、先延ばしをしたがる ...

マーケティングに応用するメンタルアカウンティング

メンタルアカウンティングを逆利用して脳にセールスする8つの方法

人はお金を扱う時、メンタルアカウンティング(心の会計)によって、損得の感覚がおかしくなることがあります。 メンタルアカウンティングとは?お金の心理学で無駄遣いをなくせ! このメンタルアカウンティングを ...

メンタルアカウンティング とは

メンタルアカウンティングとは?お金の心理学で無駄遣いをなくせ!

経済学ではお金の価値は常に同じですが、実際に人がお金を扱う時には、状況によって価値の感じ方が変わり、判断や使い方に影響を与える傾向があります。 このような心理作用の理論を、行動経済学ではメンタルアカウ ...

行動経済学 のおすすめ本

行動経済学とは?マーケティングで絶対役立つおすすめ本【5冊+α】

行動経済学の知識があれば、マーケティング活動を有利に進めることができます。なぜなら行動経済学とは、人がお金を使う時の心理を扱っているからです。 例えば、消費者は価格の違いをどのように感じるのか? どの ...

コンコルド効果 (サンクコスト効果)

サンクコストとコンコルド効果|もったいない心理の防ぎ方と使い方

戻ってこない費用のことを、サンクコスト(埋没費用)と言います。ファイナンスや経済学ではよく使われる用語です。 また、サンクコストに引きずられて未来の判断を誤り、さらに損失を拡大させてしまう現象を、サン ...

保有効果

保有効果とは?マーケティングで使う、失う恐怖と現状維持バイアス

人は自分が所有したモノに対しては突然価値が上がり、手放したくないという思いを抱く傾向があります。この心理現象を、行動経済学では保有効果と言います。 「もったいない・・・」という気持ちから、なかなかモノ ...

フレーミング効果

フレーミング効果とは?文章を変えるだけで売上アップする行動経済学

たとえ内容が同じでも、見せ方や表現を変えることで印象が変わる心理作用を、行動経済学では「フレーミング効果」と言います。 例えば、あなたが死にかかわる重い病気にかかったとします。助かるために手術を受けな ...

ピーク・エンドの法則

【ピーク・エンドの法則】ストーリーは2つの印象でつくれ!

ある出来事について、楽しさや苦しさ、喜びや悲しみが深く印象に残るのは、ほぼ完全にその出来事のピーク(絶頂期)とエンド(最終局面)の状況に依存します。 この心理現象を、心理学では「ピーク・エンドの法則」 ...

コントラスト効果

【コントラスト効果】恋愛やマーケティングに効くギャップの心理学

3kgの荷物を持った後で10kgの荷物を持つと、10kgがすごく重く感じます。反対に、10kgの荷物を持った後で3kgの荷物を持つと、3kgがすごく軽く感じます。 同じモノでも直前に何を触れたのかによ ...

ハロー効果

ハロー効果|面接・恋愛・マーケティングで使う第一印象操作テクニック

容姿や服装、年収や学歴、肩書きなど、目立ちやすい特徴によって、直接関係のないことまで判断してしまう心理作用を、心理学ではハロー効果と言います。 例えば、名刺交換をした相手の肩書きが『取締役』というだけ ...

Copyright© Web活用術。 , 2019 All Rights Reserved.