アイデア発想法

7つの質問で発想を生むSCAMPER法を日本人にも使いやすくしてみた

Scamper法

入浴時や移動中など、ちょっとした時間の時にでもアイデアを発想するためには、アイデアを出すためのキーワードが頭に入っていると便利です。

SCAMPER法(スキャンパー法)は、7つの質問リストの頭文字をキーワードとして覚えることで、アイデア発想法の「オズボーンのチェックリスト」をより使いやすくするために考案されました。

とは言え、SCAMPER法が使いやすいのは、英語ができる人にとっての話です。この記事ではSCAMPER法を日本語にして、少しでも覚えやすくしてみました。

日本語にしたら、「効くトサカ魔法」になりました。

スポンサード リンク

SCAMPER法(スキャンパー法)とは

SCAMPER法とは、9つの質問からなる「オズボーンのチェックリスト」を、より覚えやすく、使いやすく改良したアイデア発想法です。創造性開発の研究家ボブ・エバール氏(Bob Eberle)によって考案されました。

7つの質問チェックリストの頭文字を取って名付けられたSCAMPER法は、オズボーンのチェックリストと同じく、質問に答えることで強制的にアイデアを連想することができる発想法です。

ちなみに、オズボーンのチェックリストとは

つぎの9つの質問リストが、オズボーンのチェックリストです。

  1. 転用:他に使い道はないか?
  2. 応用:他からアイデアを借りられないか?
  3. 変更:変えてみたらどうか?
  4. 拡大:大きくしたらどうか?
  5. 縮小:小さくしたらどうか?
  6. 代用:他のもので代用できないか?
  7. 置換:入れ替えてみたらどうか?
  8. 逆転:逆にしてみたらどうか?
  9. 結合:組み合わせてみたらどうか?

詳しい解説は「これ便利!オズボーンのチェックリストでアイデアを量産する33の質問」の記事を読んでみてください。

SCAMPER法 7つの質問リスト

  1. S:Substitute?(代替)
  2. C:Combine?(組合せ)
  3. A:Adapt?(適応)
  4. M:Modify? (修正)
  5. P:Put to other Uses?(他用途)
  6. E:Eliminate or Minify?(排除・縮小)
  7. R:Rearrange or Reverse?(並べ替え・逆)

オズボーンのチェックリストと比べて、質問リストが9つから7つへとまとめられ、質問リストの頭文字を名前にしたので、英語ができる人にとってはわかりやすい内容になっていると思います。

ただし、英語が苦手な人にとっては、オズボーンのチェックリストとそんなに違いはないように思えます。

そこで、日本人にも覚えやすいように、SCAMPER法の質問リストの順番を並べ替えて、日本語にしてみました。質問のイメージを膨らませるために、7つの質問リストを補助するアイデアも追加しています。

日本語版 SCAMPER法(効くトサカ魔法:きくとさかまほ)

  1. :強調してみる?(Modify?:修正)
  2. :組み合わせてみる?(Combine?:組み合わせ)
  3. :取っちゃう?(Eliminate or Minify?:排除・縮小)
  4. :逆さにしてみる?(Rearrange or Reverse?:並べ替え・逆)
  5. :替えてみる?(Substitute?:代替)
  6. :マネしてみる?(Adapt?:適応)
  7. :他に使い道ない?(Put to other Uses?:他用途)

き:強調してみる?(Modify?:修正)

考えるテーマを強調すると、どうなるかを考えます。

  • 拡大するとどうか?
  • 強く、高く、長く、重くするとどうか?
  • 縮小するとどうか?
  • 弱く、低く、短く、軽くするとどうか?
  • 色、形、動作、匂い、意味などを強調するとどうか?
  • 複製するとどうか?
  • 新たな機能を追加するとどうか?

く:組み合わせてみる?(Combine?:組み合わせ)

相乗効果が得られないか、2つ以上のモノを組み合わせてみることを考えます。

  • 統合するとどうか?
  • 合体するとどうか?
  • 混ぜ合わせるとどうか?
  • 一部を組み合わせるとどうか?
  • 目的を組み合わせるとどうか?
  • 用途を組み合わせるとどうか?
  • 素材を組み合わせるとどうか?
  • サービスを組み合わせるとどうか?

と:取っちゃう?(Eliminate or Minify?:排除・縮小)

一部を最小化したり、削除してみたらどうなるかを考えます。

  • 不要なものはないか?
  • 簡略化するとどうか?
  • 一部を削除するとどうか?
  • コンパクトにするとどうか?
  • 省略するとどうか?
  • 分割するとどうか?
  • ルールを排除するとどうか?
  • プロセスを取り除くとどうか?

さ:逆さにしてみる?(Rearrange or Reverse?:並べ替え・逆)

順番を逆にしてみたり、並べ替えたらたらどうなるかを考えます。

  • 並び替えるとどうか?
  • 逆さにするとどうか?
  • 一部を交換するとどうか?
  • レイアウトやパターンを変えるとどうか?
  • 原因と結果を逆さにするとどうか?
  • ペースを変えたりスケジュールを変えるとどうか?
  • 裏返すとどうか?

か:替えてみる?(Substitute?:代替)

他のモノや方法などについて、入れ替えるとどうなるかを考えます。

  • 一部を交換したり変更するとどうか?
  • ルールを変更するとどうか?
  • 他の成分や材料に変更するとどうか?
  • 他のプロセスや手順に変更するとどうか?
  • 人、時間、場所、方法などを変更するとどうか?
  • 形を変更するとどうか?
  • 色・ディテール・音・匂いを変更するとどうか?
  • 名前を変更するとどうか?
  • テーマに関する気持ちや態度を変更するとどうか?

ま:マネしてみる?(Adapt?:適応)

すでにあるアイデアを応用すると、どうなるかを考えます。

  • 他のモノを借りてきたりマネするとどうか?
  • 過去のアイデアを取り入れるとどうか?
  • 他業種のアイデアを取り入れるとどうか?
  • 意味が似ているモノのアイデアを取り入れるとどうか?

ほ:他に使い道ない?(Put to other Uses?:他用途)

現在あるものを、再利用する方法はないかを考えます。

  • 他の人に使うとどうか?
  • 子供・高齢者が使うとどうか?
  • 障害を持つ人が使うとどうか?
  • 使用目的を変えるとどうか?
  • 他の市場や業界で使うとどうか?

SCAMPER法を使う時のポイント

アイデアを発想する時は、質より量が大切です。ひとつの項目で「う〜ん・・・」と考え込むくらいなら、その項目は無視してどんどん次の質問リストへ進むことが大切です。

一見使えないようなアイデアの中に、輝きを見せるアイデアが埋もれています。まずはスピード重視でアイデアを発想してみてください。

まとめ

SCAMPER法は、オズボーンのチェックリストを覚えやすく、使いやすくしたアイデア発想法です。7つの質問リストに答えることで、短時間に大量のアイデアを創出することができます。

  • き:強調してみる?
  • く:組み合わせてみる?
  • と:取っちゃう?
  • さ:逆さにしてみる?
  • か:替えてみる?
  • ま:マネしてみる?
  • ほ:他に使い道ない?

SCAMPER法を日本語にしてみたら、「効くトサカ魔法:きくとさかまほ」になりました。このキーワードを覚えておけば、日本人でも簡単にSCAMPER法を使えるのではと思います。

ちょっとした時間での、アイデア創出のヒントになりましたら幸いです。

この記事が役に立ったら
\いいね !/

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる