アイデア発想法

【シックス・ハット法】ひとりでもできる6つの視点でアイデアを出す発想法

シックス・ハット法

新しいアイデアが欲しくて会議を行ったのに、いろんな意見が飛び交いすぎて議論がなかなかまとまらない、ということはありませんか?

そんな時に使ってみたいアイデア発想法が「シックス・ハット法」です。

シックス・ハット法で会議を進行すれば、意見の違う人同士でも会議はスムーズに進行し、新しいアイデアが出てきやすくなります。さらに一体感さえ生まれます。

ひとりでアイデアを練る時にも有効な方法なので、起業家にも最適なアイデア発想法です。

スポンサード リンク

シックス・ハット法とは

シックス・ハット法(Six Thinking Hats)とは、6つの視点(客観的・直感的・肯定的・否定的・革新的・俯瞰的)の帽子(ハット)のいずれか1つを被った状態でテーマについて考える発想法です。

水平思考(ラテラルシンキング)を提唱したエドワード・デ・ボノ氏によって、1985年に考案されました。

意識して視点を変えるシックス・ハット法は、モノゴトをいろんな角度から見ることで新しい発想を生み出す、水平思考に到達するための手法であるとも言えます。

シックス・ハット法のメリット

シックスハット法を行うメリットは2つあります。

1. 自由な発想が生まれやすくなる

1つめに、強制的に違う視点を強いることで、自由な発想が生まれやすくなります。

人には無意識に体を動かすクセがあるように、思考にも無意識に同じアプローチでモノゴトを考えるクセがあります。「自分とは違う他人になる」という意識を持つことで、そのクセを強制的に外し、新しいアプローチでモノゴトを見ることができるようになります。

そのためシックス・ハット法は、ひとりで行っても効果のある発想法です。

2. 会議をスムーズに進めることができる

2つめに、違う意見同士でも統一した考えの元で、同じ方向性を持って議論することができます。

いろんな意見があるのはいいことなのですが、対立する意見が同時に飛び交うと平行線をたどってしまいます。

シックス・ハット法は一つの帽子を被ることで、みんなが同じ見解のつもりで話を進めることができます。そのため、会議をスムーズに進めることができます。

では、6つの帽子の特徴について見ていきましょう。

アイデアが生まれる6つの帽子の特徴

アイデアを生むために、6つの視点でテーマについて考えます。帽子の色は、白・赤・黄・黒・緑・青です。

それぞれの色の意味は、次のとおりです。

白色の帽子:客観的・中立的な視点

白色の帽子

事実を確認したり、検討に必要なデータを求める時に、白い帽子を被ります。

この帽子を被っている時は、実際の情報データに基づいた事実から、会議のテーマについて考えます。自分の意見は出さず、判断を下したり、仮説は立てないようにします。知りたい情報や足りない情報について語るのは大丈夫です。

赤色の帽子:感情的・直感的な視点

赤色の帽子

客観的なデータに隠れた感情的な要因を発見する時に、赤い帽子を被ります。

この帽子を被っている時は、テーマについて感情的な印象について考えます。理性ではなく直感的な本能の部分です。「うれしい」「ドキドキする」「こわい」といった感情についての部分にフォーカスし、理論的な話はしないようにします。

感情にはポジティブな感情やネガティブな感情がありますが、テーマについての長所・短所の話にまで及ばないようにしておきます。

黄色の帽子:積極的・希望的な視点

黄色の帽子

テーマの長所を考える時に、黄色の帽子を被ります。

この帽子を被っている時は、ポジティブに考えて、テーマについての良い面を探し出します。どんなに大げさでも楽観的に良い面を見つけ、出てきた意見には順位をつけてみます。

黒色の帽子:批判的・消極的な視点

黒色の帽子

出てきたアイデアの欠点や、危険な側面について考える時に、黒い帽子を被ります。

この帽子をかぶっている時は、テーマについてネガティブに考えます。理論的な矛盾点や、失敗しそうな要因について、不安材料やリスクを探し出します。あらゆることを想定して、最悪の状態を見つけます。

緑色の帽子:革新的・創造的な視点

緑色の帽子

クリエイティブにアイデアを出したい時に、緑の帽子を被ります。

この帽子を被っている時は、テーマについてどのような改善をすれば良くなるかを探ります。黒の帽子で出た意見を乗り越える、あらゆる可能性について、自由にアイデアを出します。消極的になったり、事実やデータにとらわれないようにします。

青色の帽子:分析的・俯瞰的な視点

青色の帽子

次に何をするべきかを確認する時や、結論を出す時に青い帽子を被ります。

この帽子をかぶっている時は、会議全体の流れを俯瞰で見ます。話し合いの方法について確認したい時や、結論について考える時に、冷静な視点で見るようにします。

6つの帽子の準備について

実際に6つの帽子を人数分揃えるのは難しいと思いますが、視覚的に色分けされたものを用意することが望ましいです。

例えば、ネームプレートと各色の色紙を用意して、視点ごとに色を変えて話し合いをするといった感じです。色紙で鶴を折り、自分の前に置いて話し合いをしてみても良いかもしれないですね。

目で色を見る理由は、「違う視点になる」ということを視覚に訴えることで、思考の切り替えをしやすくするためです。視覚的に分かりやすくすることで、現状の視点が分かりやすくなります。

また複数人で会議を行う場合は、みんなで色を揃えて会議を進めることで、一体感が生まれるという効果が期待できます。気分を盛り上げることで、自由な発想が生まれやすくなります。

自由な発想のためには、次のルールに注意してください。

シックス・ハット法のルール

シックス・ハット法を行う時は、まず前提として、「ブレスト4つの基本的ルール」で行うようにします。

  1. 出てきたアイデアを批判しない
  2. 自由に発言する
  3. 質よりも量を重視する
  4. アイデア同士を結合する

「ブレスト4つの基本的ルール」の詳しい内容は、「失敗しない!ブレインストーミングを正しく進める7つのフレームワーク」の記事で解説しています。

シックス・ハット法の注意点

シックス・ハットを行う際には、注意点が2つあります。

1つめに、各色の帽子を被っている時は、その色以外の意見を言わないようにします。例えば黄色の帽子を被っている時に、積極的な視点の意見がなかったとしても、強引にでも積極的な部分を見つけるようにします。

2つめに、色とは違う視点の意見が出た時は、指摘するようにします。ただし、あくまで「色が違う」という色への指摘にして、意見への指摘だと感じさせないようにします。

各色は5分程度の時間制限で行います。どの色から始めてどんな順番で進めるのかは、自由に行ってみても大丈夫です。また全ての色を必ず使う必要はありません。3色だけでもいいし、1色だけでも大丈夫です。

シックス・ハット法の進め方の一例

6つの帽子を全て使った場合のシックス・ハット法の進め方を、一例としてご紹介します。

  1. テーマと色ごとの視点について・注意点についての説明をします。
  2. 緑色の帽子から開始します。自由にアイデアを出し合います。
  3. 白色の帽子で、現在の客観的データを揃えます。
  4. 赤色の帽子で、感情的な意見を出し合います。
  5. 黄色の帽子で、積極的な意見を出し合います。
  6. 青色の帽子で、会議の進行状況について話し合います。
  7. 黒色の帽子で、否定的な意見を出し合います。
  8. 緑色の帽子で、今までの意見を超えるアイデアを出し合います。
  9. 青色の帽子で、会議についてまとめます。

以上が、シックス・ハット法の基本的なルールと進め方になります。

まとめ

シックス・ハット法は、強制的に違う人格を演じて、テーマについて考えることができる発想法です。思考のクセを取り外して考えることができるので、アイデアが出しやすくなります。

もしもあなたが、普段は消極的にモノを見るクセがあったとしたら、黄色の帽子を被って、強引にでも積極的な視点でテーマについて見てみてください。きっと新しい発見があると思います。

この記事が役に立ったら
いいね !

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる