アイデア発想法

水平思考とは?天才たちの思考法で斬新なビジネスアイデアを出す方法

水平思考

世界で有名な天才たちの成功の秘訣は、常識にとらわれずに自由な発想ができる、水平思考(ラテラルシンキング)だと言われています。

ということは、水平思考ができれば、誰でも天才たちと肩を並べる斬新なアイデアを生み出せるということです。

とはいえ、いきなり自由な発想の水平思考ができる人は、少ないのではないでしょうか。普段から理論的に考るクセが身についているとしたら、簡単に既成概念の枠を超えることは、なおさら難しいと思います。

ですが、たとえあなたが僕と同じ普通の人だったとしても、決まった型(フレームワーク)を使うことで、天才たちの思考法でアイデアを発想することができます。

水平思考の鍛え方、水平思考を導く方法をご紹介します。

スポンサード リンク

思考の枠を広げる水平思考とは

水平思考(Lateral Thinking:ラテラルシンキング)とは、いろいろ視点を変えて、問題解決のために自由にアイデアを生み出す発想法です。ロジカルシンキング(理論的思考)のような、既成の理論や概念にとらわれずに、常識や前提を無視して発想するので、新しいアイデアを生み出すことに向いています。

1967年に、マルタ出身のイギリスの著述家であり・脳神経細胞に関わる医学者・心理学者・発明家であるエドワード・デ・ボノ氏によって提唱されました。

水平思考と対比される垂直思考とは

垂直思考(Vertical Thinking:ヴァーティカルシンキング)とは、与えられた枠の中で、問題解決を探る思考法です。データや事実に基づいて順番に話を進めるので、説得力があり正しく答えを導くことができます。理論を深めるには有効である一方で、斬新な発想は生まれにくいとされています。

ロジカルシンキングや三段論法など、一つの答えを導き出すために理論を積み重ねる考え方は、学校や教育機関でよく用いられています。僕たちは義務教育を受けてきたわけですから、ロジカルシンキングで考えるクセが自然と身についている人も、多いのではないかと思います。

水平思考と垂直思考の比較

垂直思考とは「AだからBであり、すなわちCである」というような、順番で答えを導き出す考え方です。過去に掘られている穴を、奥に掘り進めることに例えられます。ボクシングに例えるなら、相手選手のクセを分析してスタミナを奪い、徐々にコーナーに追い詰めて、確実に勝ちを狙う感じです。

水平思考とは「AをY、またはXにする」というような、順番を飛び越して答えを見つける考え方です。新しい穴をいくつも掘ることに例えられます。ボクシングで例えるなら、相手選手のパンチに感覚でカウンターパンチを当ててみたり、予測できない動きで、一発K.O.を狙う感じです。

理論的な垂直思考は左脳型、直感的な発想の水平思考は右脳型の思考法とも言われます。

水平思考を試す問題:13個のオレンジを3人で分けるには?

オレンジ13個を3人で分けるには?

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』の中で紹介されている、あなたの思考方法を試す問題があります。どんな答えが浮かびますか?

あなたは産地直送のオレンジを2山ほど買いました。家に着くと、親戚の子どもが3人遊びに来ていました。あなたはオレンジを子どもたちに分けてあげようと考えました。数えてみると全部で13個あります。ケンカにならないようにオレンジを3人で公平に分けるには、どうすればよいでしょうか?

パッと思い浮かんだのは、「ひとり4個ずつ取って、残りのひとつを3等分する」「はかりを使って同じ量で分ける」という答えでしたか? もしも同じような答えが浮かんだのなら、その考え方は垂直思考です。

水平思考で考えると、「ジュースにして配る」という答えが出てきます。

問題文には “個体でなければいけない” という制限はないのに、無意識で「個体のままオレンジを分けるには・・・」という前提(垂直思考)をつくってしまうと、「オレンジを液体にしてみる」という自由な発想(水平思考)は、なかなか考えつかなくなります。

ラテラルシンキングの鍛え方

普段から水平思考を鍛えるには、問題集を使って、実際に考えるという方法があります。水平思考の問題集や、推理ゲーム・パズルなど、数多くの本が出版されていますので、トレーニングのひとつとして、楽しみながら問題を考えてみることも良いと思います。

水平思考に関する本:Amazon.co.jp/水平思考

ラテラルシンキングは違う視点で見る

多くの視点でモノゴトを見ることが、水平思考を鍛えることになります。

ラテラルシンキングにおいて、正解は一つではありません。多くの答えを見つけるためには、多くの視点でモノゴトを見ることが大切です。多くの視点とは、違う自分になるということです。

あなたが社長なら、社員になったつもりで見る。店員なら、お客さんになったつもりで見る。男性なら、女性になったつもりで見る。子供になったつもり、赤ちゃんになったつもり、歳をとったつもりで見る・・・。

人間である必要もありません。犬になったつもり、虫になったつもり、木になったつもりで見る・・・。生き物である必要もありません。テレビになったつもり、地面になったつもり、太陽になったつもりで見る・・・。

現在である必要もありません。数分前、数年前、数十万年前・・・。 あるいは数分後、数年後、数十万年後・・・。

こうやって、多くの視点・立場からモノゴトを見ることで、新しい考え方ができるようになります。

思考的に違う視点で見るシックス・ハット法

思考的に異なる6つの別視点(客観的・直感的・肯定的・否定的・革新的・俯瞰的)から、モノゴトを見るという方法もあります。シックス・ハット法と言いますが、こちらもエドワード・デ・ボノ氏によって提唱された発想法です。

詳しいやり方は「【シックス・ハット法】ひとりでもできる6つの視点でアイデアを出す発想法」の記事で解説しています。

ラテラルシンキングは当たり前の事実や前提について疑う

現在普通にある事実を疑うことも、水平思考を鍛えることになります。

普段当たり前だと思っていることは、無意識に判断していることなので、意識することは難しいです。ですが、事実や前提を意識して疑ってみることで、新しい発見をすることがあります。先ほどのオレンジの問題で言うと、「そもそも果実である必要があるのか?」という疑問です。

「本とは紙である必要はあるのか?」「フランス料理は格調高いものである必要はあるのか?」「会社とは通勤しなければいけないものか?」これらを疑ってみた結果、電子書籍が誕生し、立ち食いフレンチが誕生し、在宅勤務が誕生したんですよね。

自由に発想する水平思考のやり方

「AをY、またはXにする」のような、直感的に発想できる水平思考は、すぐに身につくものではありません。ですがフレームワークを使うことで、誰でも水平思考の考え方で、アイデアを発想することができます。

水平思考のやり方は『コトラーのマーケティング思考法』で紹介されている方法を使って、以下の3つのステップで進めます。

  1. 発想したいテーマについて、今ある特徴を考える
  2. 特徴について変化を加える
  3. 変化を現実的にできる方法を考える

1. 発想したいテーマについて、今ある特徴を考える

新しく発想したいテーマについて、今ある特徴を考えます。

例えば、「新しい銭湯」というテーマで考えてみます。今ある「銭湯」の特徴は、「お金を払って入浴する」「男女別々の入り口」「下駄箱がある」「他人と同じ浴槽に浸かる」「サウナがある」「シャンプーや石鹸はオプション」「水風呂がある」・・・などが挙げられます。

2. 特徴について変化を加える

考え出したテーマの特徴を、一つ選んで変化させます。変化のさせ方は、以下のキーワードで考えてみます。

  • 逆転:反対にしてみる
  • 代用:代えてみる
  • 結合:組み合わせてみる
  • 強調:より◯◯、にしてみる
  • 除去:取り除いてみる
  • 並べ替え:並べ替えてみる

例えば、「お金を払って入浴する」という特徴を選んだ場合は、以下のように変化させてみます。

  • 逆転 ⇒ お金を貰って入浴する
  • 代用 ⇒ お金以外のモノで入浴する
  • 結合 ⇒ お金と◯◯がないと入浴できない、お金を払って入浴+◯◯ができる
  • 強調 ⇒ 超格安、世界一高額な料金で入浴する
  • 除去 ⇒ 無料で入浴する、お金を払って入浴しない
  • 並べ替え ⇒ 入浴後にお金を払う

3. 変化を現実的にできる方法を考える

変化させた特徴を、収束させるための手段を考えます。「そのためにはどんな方法があるか?」を、すでにある既存の方法から考えると、アイデアが結びつきやすくなります。

  • お金を貰って入浴する ⇒ そのためには・・・
    ⇒ お風呂に入るとポイントが貯まるサービス、銭湯入浴モニターを募集して記事を書いてもらい宣伝する
  • お金以外のモノで入浴する ⇒ そのためには・・・
    ⇒ 1時間お手伝いしたら入浴代無料
  • お金と◯◯がないと入浴できない ⇒ そのためには・・・
    ⇒ 会員のメンバーだけが入れる風呂
  • 世界一高額な料金で入浴する ⇒ そのためには・・・
    ⇒ 黄金製の風呂をつくる、完全貸し切りにする
  • 無料で入浴する⇒ そのためには・・・
    ⇒ 入浴代無料1ドリンクオーダー制
  • 入浴後にお金を払う ⇒ そのためには・・・
    ⇒ 入浴した分だけ月単位で料金が引き落とされる

このように、フレームワークで順序立てて考えていくことで、ラテラルシンキングの発想を身につけることができます。

ロジカルシンキングと違って、ラテラルシンキングにおいては、「正解」はひとつではありません。正解は多ければ多い方が望ましいので、アイデアは常識的に考えず、自由に発想することが大切です。

やってみて自分でも思ったのですが、ロジカルに考えていたのでは、「入浴代無料1ドリンクオーダー制」という発想は、なかなか出なかったのではないかと思います。

まとめ

既成概念を超える自由な発想法として、水平思考(ラテラルシンキング)があります。水平思考は一部の天才たちだけが使えるものではなく、鍛えれば誰でも手に入れることができる思考法です。

水平思考を身につけることで、常識にとらわれないアイデアを出せるようになります。あなたが自由に発想したいテーマは何ですか? まずは、テーマの特徴をたくさん挙げることから始めてみてください。

水平思考でアイデアを発想する方法は、他にもいろいろあります。自分に合ったアイデア発想法を試して、斬新なアイデアを生み出すことに役立ててください。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
この記事がお役に立ちましたら幸いです。


スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる