ランディングページ タグ - Web活用術。

顧客心理を掴む心理学

【モンタージュ理論とクレショフ効果】ブランディングに使える映画用語

ブランディングとしてイメージアップを図りたいなら、映画用語であるモンタージュ理論やクレショフ効果を知っておくと役に立ちます。 例えば、ビジネス以外の日常でも、普通の顔をしているつもりなのに「怒ってるの?」と言われる人って … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

【OATHの法則】誰に向けたセールス?コピーライティングの基礎

OATHの法則

コピーライティングでは、お客さんを絞ることと、「どの状態のお客さんに向けたものか?」を意識して書くことが、成約率アップにつながります。 そのためには、「OATHの法則(オース・フォーミュラ)」を知っておくと役に立ちます。 … 続きを読む

ランディングページで成約獲得

【ランディングページの構成】売れるLPに必要な12の要素

ランディングページの構成

ランディングページ(セールスコピー)では、商品・サービスを初めて知る段階から、興味を持ち、欲しくなり、申し込みをするまでの段階を一枚のページで表します。 閲覧者(見込み客:将来商品を買う可能性のある人)に申し込みを促すた … 続きを読む

顧客心理を掴む心理学

ウィンザー効果とは?第三者の声が信頼を生む口コミレビューの使い方

クチコミ効果とも呼ばれる ウィンザー効果

第三者の言葉を信じやすくなる心理現象を、ウィンザー効果と言います。あなたも一度はクチコミサイトで、飲食店の評価を調べたことがあるのではないでしょうか? クチコミの評価が高ければ安心しますし、低ければちょっと不安な気持ちに … 続きを読む

ランディングページで成約獲得

ランディングページで重要なクロージングコピー4つのポイント

ランディングページ(LP)の クロージング

閲覧者(見込み客)に、ランディングページのオープニング、ボディコピーを読み進めてもらったら、最後に大切なポイントがクロージングコピーです。 最終的には、クロージングが最も重要なパートになります。 いくらファーストビューで … 続きを読む

顧客心理を掴む心理学

認知的不協和とは?矛盾を解消する2つの方法とマーケティング利用法

認知的不協和 をマーケティングに応用する

自分の中で矛盾する2つの認知(事柄)を同時に抱えた場合、不快な感情を引き起こします。この状態を心理学では、認知的不協和と言います。 人はこの不快感を解消するために、次のどちらかを選びます。 「新しい認知を肯定するために、 … 続きを読む

ランディングページで成約獲得

【ランディングページの作り方】ファーストビューの重要ポイント

ランディングページのオープニング

ランディングページで思ったようなコンバージョン(CV)を獲得できていない場合は、まずはファーストビューを見直してみてください。 ランディングページの閲覧者(見込み客)は、わずか3秒でそのページを立ち去るか、下へスクロール … 続きを読む

顧客心理を掴む心理学

【松竹梅の法則】買い物で真ん中を選ぶ心理「極端の回避性」の利用法

松竹梅の法則

 売上を伸ばしたいなら、松竹梅の法則にならって、価格帯は「3つ」にした方が良い傾向があります。2つでもなく、4つ以上でもなく、「3つ」です。 なぜ3つの価格帯で売上が上がるのかは、「松竹梅の法則」での人の心理を知ることで … 続きを読む

顧客心理を掴む心理学

アンカリング効果とは?ウソでも商品価値を上げる悪用厳禁の行動経済学

行動経済学で有名なアンカリング効果とは、最初に提示された特徴や数値が基準点となって、その後の意思決定や判断に影響を及ぼす心理傾向のことです。 簡単に言うと「最初に見る数字や印象が基準点になる」という心理現象です。 まずは … 続きを読む