Webマーケティング術

WordPressの無料と有料テーマの違い|Web集客は有料の一択!

投稿日:2018-04-29 更新日:

WordPress は有料テーマか無料テーマか

もしもあなたがパソコン初心者で、自分でWeb集客をしたいと考えているのなら、WordPress(ワードプレス)の有料テーマを使ったサイト運営が最適です。

なぜなら、WordPressの有料テーマを使えば、Webサイトを作成する際に必要になるプログラムの知識がなくても、簡単に自分のビジネスに合ったホームページ(Webサイト)を運営できるからです。

また、カスタマイズにかける時間や労力がほぼ不要なことも魅力です。

無料テーマはもちろん無料で利用できますが、有料テーマでも数千円〜2万円ほどで購入できるテーマが多く、Web制作会社に外注するよりも圧倒的に安く制作ができます。

あなたがこれからWeb集客を始める際には、WordPressの無料テーマと有料テーマの違いを知っておいてください。

Web集客を始めるのであれば、有料テーマの一択です。その理由を解説します。

スポンサード リンク

WordPress(ワードプレス)とは

WordPress のロゴ

WordPress(ワードプレス)とは、Webサイトを作成する際に必要になるHTMLやPHPなどのプログラムを知らないパソコン初心者でも、比較的簡単に自分のホームページ(Webサイト)を作って運営することができるサイト作成ツールです。

元々はブログを簡単に作成するためのツールでしたが、少額で始められることやカスタマイズがしやすいことから、現在では個人で使うブログはもちろん、企業のコーポレートサイト、通販のためのECサイト、コミュニケーションを目的としたサイトなど、幅広い用途で使われています。

WordPressは世界のシェア30%に達している

WordPressのようなサイト作成ツールを「CMS(コンテンツマネージメントシステム)」と呼びますが、WordPressは世界でもっとも使われているCMSです。

そのシェア数は、世界中にあるWebサイトの30%に達しています。

例えば、日本のサイトでいえば

  • 価格.comを運営している株式会社カカクコムのサイト
  • レシピサイト「cookpad」を運営しているクックパッド株式会社のサイト
  • 牛丼チェーン「松屋」を運営する株式会社松屋フーズのサイト
  • 300円ショップ「3COINS」の公式サイト
  • さいたまスーパーアリーナの公式サイト
  • 国立大学「筑波大学」のサイト
  • 人気ブログメディアを運営する株式会社LIGのサイト
  • Web版の週刊誌「SPA!」のサイト

などなど、多くの企業でWordPressが採用されています。

WordPressの「テーマ」とは

WordPressのテーマ

WordPressのテーマ

WordPressの「テーマ」とは、レイアウトなどのデザイン仕様があらかじめ定まっている型のことです。一般的なブログでは「テンプレート」と呼ばれるものに似ています。

着せ替え人形に例えるなら「洋服」のことです。

あるいは、絵画で例えるなら「額縁」のようなものです。テーマを変えるだけで、簡単にWebサイトの印象をガラリと変更することができます。

テーマを絵画に例えるなら「額縁」

テーマを絵画に例えるなら「額縁」

あなたの作ったコンテンツを、質素で信ぴょう性に欠けるものに感じさせるのも、豪華で説得力のあるものに感じさせるのも、「テーマ」やデザイン次第で変わるということですね。

WordPressを使うメリット

WordPressを使う大きなメリットをまとめると、次のとおりです。

WordPressのメリット

  • サイトの構築が簡単
  • 無料・少額で始められる
  • SEOに強い構造
  • どんな種類のサイトでも作れる
  • カスタマイズしやすい
  • 大抵どのサーバーでも動く
  • アップデート・アップグレードが頻繁に行われている
  • 多くの人が使っているので情報が豊富

サイトの更新・管理が簡単

WordPressは、はてなブログやアメブロなどの無料ブログサービスのように、管理画面から簡単にコンテンツ(記事)作成できることが魅力です。インターネットに繋がっていれば、会社、自宅、出張先など、場所を選ばずにWordPressを操作することができます。

また、企業で運営する場合は、サイト全体を管理できる人、記事投稿だけをできる人など、それぞれ別の権限を与えることが簡単にできます。

SEOに強い構造

WordPressは、SEOに強い構造というのも世界中で人気の理由です。

Googleで検索品質の改善責任者だったマット・カッツ(Matt Cutts)氏は、『WordCamp San Francisco 2009』で次のような言葉を残しています。

WordPress is a great choice
WordPress automatically solves a ton of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of
(the mechanics of)
Search Engine Optimization (SEO)

WordPressを選ぶことは素晴らしい選択です。なぜなら、WordPressはSEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEOについて80%〜90%に対応するように作られているからです。

プラグインで自由にカスタマイズできる

さらに、WordPressはカスタマイズに必要なプラグインも基本は無料で配布されていますので、自由にカスタマイズできることも魅力です。

プラグイン

プラグイン

プラグインとは、機能を追加するプログラムのことです。

例えば、問い合わせフォームを簡単に作れたり、SNSと簡単に連携ができたり、セキュリテー対策ができたりと、便利な機能がたくさんあります。

WordPressは多くの人が使っていますので、プラグインの使い方やエラーの対処方法などは、検索すれば多くの情報を得ることができます。

これらの情報のおかげでWordPressが簡単に扱えることも、ますます利用者が増える理由です。

無料テーマは世界中で数多く存在する

世界中には無料のテーマが数多く存在しています。探し出してインストールすれば、誰でもすぐに無料で利用することができます。

ただし、無料で利用できるテーマやプラグインには、メリットとデメリットが存在します。Web集客をする際には、しっかりと確認しておいてください。

スポンサード リンク

無料テーマのメリットとデメリット

シンプルな部屋

WordPress無料テーマを使うメリットをまとめると、次のとおりです。

無料テーマのメリット

  • 無料で使える
  • 無料なので金銭的リスクがない
  • 気軽にテーマを変更できる

WordPressの無料テーマを使うことのメリットは、なんと言っても無料で始められることです。無料だからこそ気軽にテーマを変更できますし、無料なので金銭的なリスクもありません。

ただし、無料テーマは簡素なデザインが多く、使える機能も最低限なものが多いです。ですので、無料テーマを使ってある程度の見栄えと使い勝手の良いサイトにするためには、カスタマイズが必要になります。

パソコン初心者が無料テーマを使うデメリット

パソコン初心者がWordPress無料テーマを使うデメリットは、次のとおりです。

無料テーマのデメリット

  • カスタマイズが難しい
  • 予期しないエラーが起こる可能性がある
  • エラーの対処に時間がかかる

HTMLやPHPについての知識を持ち合わせていないパソコン初心者の場合は、カスタマイズをするのに相当な作業時間を取られてしまうことになります。

無料テーマを使ってWebサイトの機能を充実させるためには、プラグインを導入する必要があります。ただしプラグイン同士には相性があり、同時に使うと予期しないエラーを起こすことがあります。

エラーが起こるとレイアウトが崩れてしまったり、画面が真っ白になってしまったり、Webサイトが正しく表示されなくなります。エラーの原因を突き止めるには、検索して情報を集める必要がありますが、修正するのに丸一日以上かかってしまうこともあります。

また、海外製の無料テーマの場合は英語に合わせたデザインなので、日本語を当てはめるとデザインがダサくなってしまうことがあります。さらに、いくら時間をかけたところで、思いどおりの機能やデザインにはできない可能性も高いです。

つまり無料テーマは、金銭的なリスクがない代わりに、時間と労力と出来栄えのリスクが伴うんですね。

Web集客ではデザインではなくコンテンツこそが重要

先ほども言ったとおり、WordPressの「テーマ」とは絵画を飾る「額縁」のようなものです。Webサイトのイメージを決める「額縁」は、Web集客では重要な要素ではあります。

ただし、Web集客でもっとも重要なのは、サイトの中身であるコンテンツです。

コンテンツとは、サイトを閲覧する人にとって価値のある内容のことです。当たり前ではありますが、「額縁」ではなく、額縁に入れる「絵画(コンテンツ)」こそが重要なんですね。

Web集客では、「どんな人に向けて、どんなメッセージを発信するか」といった戦略が大切です。それなのに、Web集客をするための準備に時間と労力を奪われてしまっては本末転倒です。

それに、いくらWordPressがSEOに強い構造だと言っても、コンテンツが伴っていなければ検索上位に表示させることも難しいです。

ですので、最初から「綺麗なデザイン」と「使える機能」が揃っている有料テーマを購入した方が、パソコン初心者にとっては、いらない苦労とリスクを負うことがないので安心で効率的だということなんですね。

有料テーマのメリット

リビングルーム

WordPress有料テーマを使うメリットをまとめると、次のとおりです。

有料テーマのメリット

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットが充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

デザイン性が高くなる

WordPressの有料テーマを使うメリットは、デザイン性が高くなることです。業種・目的別にいろいろなテーマがありますので、自分の目的にぴったり合ったテーマを選ぶことができます。

Web集客ではコンテンツがもっとも重要なことは、先ほどお話ししたとおりです。そのコンテンツを見やすくしたり、信頼性を高めるのはデザインの役割です。

つまり有料テーマを使えば、自分の「絵画」を引き立ててくれる「額縁」を、簡単に「豪華な額縁」へとグレードアップできるんですね。

大幅な時間短縮ができる

また、機能が充実しているのでカスタマイズの必要もなく、簡単に使い勝手の良いサイトにすることができます。無料テーマで3時間以上かかることは、有料テーマであれば30分もあればできます。

無料テーマを使っていると記事作成以外にも時間を取られますが、有料テーマを使えば、記事作成のみに時間を集中できるということです。

無料テーマよりもSEOが強い

WordPress有料テーマは、無料テーマよりもSEOが強いという特徴もあります。

下の図は、僕が運営しているWebサイトで、WordPressの無料テーマから有料テーマに変えた時のSearchConsole(サーチコンソール)のクロールの統計情報画面です。

サーチコンソールとは、どれほど頻繁にクローラーがサイトに訪れているのかを調べるツールです。

サーチコンソールの「クロールの統計情報」画面

サーチコンソールの「クロールの統計情報」画面

この画面の上2つのグラフを見てみれば、有料テーマに変更した直後から、クローラーがサイトに訪れる頻度が上がったことがわかります。また、一番下のグラフを見てみれば、サイトページのダウンロード時間が速くなったこともわかります。

この変化によって “直接的にアクセスが増える” ということではありませんが、あきらかにSEOが強くなったことはわかります。

ですので、WordPress有料テーマを使うと、次のようなメリットがあるんですね。

  • デザイン性の向上
  • 快適な操作性
  • コンテンツ制作の大幅な時間短縮
  • SEOの強化

まとめ

パソコン初心者がWeb集客をするには、WordPressの有料テーマを使うことが最適です。

なぜなら、Web集客で大切な「メッセージの信頼度」に関わるデザインと、時間をかけることなく使いやすいWebサイトを簡単に手に入れることができるからです。

Web集客ではメッセージがもっとも重要です。いくらデザインが優れていても、メッセージが閲覧者にピッタリと合っていなければ集客はうまくいきません。

ですので、「どんな人へ向けてどんなメッセージを発信するのか?」を重視してWeb集客に取り組んでください。

次の記事では、Web集客でおすすめできるWordPress有料テーマを紹介します。
Next⇒「Web集客でオススメのビジネス別WordPress有料テーマ42選

追伸:もしも「自分のビジネスでは、どんなWeb集客をすればいいの・・・?」という疑問があれば、当サイトの特別コンテンツを参考にしてみてください。
Web集客がマルわかり!小規模ビジネスの集客方法がわかる戦略講座

この記事が役に立ったら
\いいね !/

Twitter で

スポンサード リンク

こちらもチェック!

今すぐ受け取るBL
  • この記事を書いた人

高木浩一

心理学と脳科学が好きなWeb集客の専門家。 大企業のマジメな広告デザインから男性を欲情させるアダルティな広告デザインまで、幅広いデザインを経験した元グラフィックデザイナー。心理面をカバーしたマーケティングとデザインの視点をもつ。 個人が個人として活躍する時代に向けて「使えるマーケティング」をモットーに情報発信中。

-Webマーケティング術
-, ,

Copyright© Web活用術。 , 2018 All Rights Reserved.