Webマーケティング

Web初心者にもわかるSEO対策の基礎知識

Web初心者のための SEO対策

Webマーケティングに欠かせないのがSEO対策です。SEO対策とは、簡単に言うと「検索で上位表示を狙うための対策」です。

インターネットを使って知りたい情報を探す時には、多くの人が Google や Yahoo! といった検索エンジン(検索サイト)を使って調べ物をします。

例えばダイエットの方法を知りたかったら、「ダイエット 方法」というようなキーワードを打ち込んで調べますよね。

SEOでの検索結果画面

あなたのWebサイトから多くのコンバージョン(申し込み)を獲得するためには、多くのアクセスを集めることが必要になります。広告を出さない場合は、ブログ記事やコンテンツ記事は、検索結果のなるべく上位に表示されることが重要になります。

なぜなら、検索順位が1位の場合と11位の場合では、アクセス数が約30倍以上も違ってくるからです。

例えば、月間で5,000回検索されるキーワードなら、検索1位であれば約1,500回クリックされます。ですが、検索11位なら約50回、検索21位以下なら約25回未満となってしまいます。(キーワードや競合によって数値は異なります)

せっかくブログ記事をつくるなら、より多くのアクセスを集めるために、SEO対策をするようにしてください。

スポンサード リンク

SEO対策の基礎知識

SEO(エス・イー・オー)とは、「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)」の頭文字をとった言葉です。日本語にすると「検索エンジン最適化」と訳されます。

SEOは、次のように定義されています。

SEOは、ある特定の検索エンジンを対象として、検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。またはその技術のこと。
参照サイト:wikipedia/検索エンジン最適化

SEOの黒歴史

2011年頃までの話ですが、SEOには暗闇の時代がありました。

SEOの定義である「より上位に現れるようにウェブページを書き換えること」という意味を、機械を騙すテクニックだととらえた人たちがいたためです。ある技術をもって、強引に上位表示させようとした人たちです。

その技術は「ブラックハットSEO」と呼ばれ、本来は価値のないページでも、検索エンジンを騙して上位表示させようとするものでした。

例えば以前は、被リンク(自社サイトへのリンク)が多いほど、優秀なサイトであると評価されていました。(※現在でも被リンクは重要です)

本来の被リンクが重要な意図は、「被リンクが多いということは、より多くのサイトから高評価を受けているということ。だから上位表示させよう」というものです。ですがリンクは評価とは関係なく売買され、たとえ無価値なページであったとしても、自分でわざと被リンクを増やして上位表示されるようになっていました。

検索エンジンを提供しているGoogleは問題解決のために、検索エンジンのアルゴリズム(計算方法)を改善を重ねて、パンダアップデートやペンギンアップデートに取り組み、価値のないページを上位表示させないようにする試みを続けてきました。

その結果、現在では検索エンジンのシステムも向上して、ブラックハットSEOの偽装工作はほとんど通用しなくなっています。

現在のSEO

2016年の現在では、Googleの技術の進化のおかげで、検索するユーザーにとって優れたコンテンツさえ作っていれば、自然と上位表示されるようになっています。

Googleの目的は、検索した人に適切なページを提供することです。

例えば「ダイエット 方法」と検索すれば、ダイエットをするための方法が書かれた最も優れた記事たちが表示されます。「ダイエット 方法」と検索したのに、無関係なページばかりが上位表示されてしまったら、誰もGoogleの検索エンジンを使おうとは思わないですもんね。

最も適切なページを表示できるからこそ、ユーザーはGoogleを信頼して利用し、企業はそこに広告費を払うわけです。

Googleが掲げる10の事実

Googleは、検索する人のことを第一に考えた「ユーザーファースト」を掲げています。このGoogleの宣言から、SEO対策のヒントが見えてきます。

Googleが掲げる10の事実
参照サイト:Googleが掲げる10の事実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

Googleの真意

Googleは、「ユーザーを第一に考え、ユーザーの求めているものを提供する」と言っています。また「金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することはない」と宣言しています。さらに、「検索問題を解決することだけに焦点を置いている」と言っています。

つまり、検索するユーザーのために優れたコンテンツをつくれば上位表示されるということです。

表示速度を早めること

Googleは、「ユーザーのためにスピードを重視している」と言っています。つまり、少しでも表示速度を早めることが大切です。

スマホ対策すること

Googleは、「どこにいても検索を利用できるようにする」と言っています。つまり、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなど携帯端末にも対応しているページの方が有利です。

なるべくテキスト表示させること

Googleは、「全世界のユーザーにすべての言語で情報へのアクセスを提供することを目標としている」と言っています。現在は海外のサイトであっても、自動翻訳ができるようになっています。そのため、文字を表示させる時は、画像ではなくテキストにした方が有利です。

求めている答え以上の答えを用意すること

Googleは、「すばらしいでは足りない」と言っています。検索して出てきた答えが、求めている以上の答えであることを望んでいます。ですので検索キーワードで上位表示されるには、ただ答えを書いた記事ではなく、それ以上にユーザーを満足させる情報が必要です。

検索上位表示させる3つのSEO対策

Googleの真意に沿ったコンテンツづくりを心がければ、検索上位表示されるようになります。そのためには、次の3つの対策をすることが有効です。

  • コンテンツSEO対策
  • 内部SEO対策
  • 外部SEO対策

コンテンツSEO対策

コンテンツSEO対策とは、コンテンツの中身を充実させることです。

検索するユーザーのために、100%以上の答えを提供するコンテンツを作ることが大切です。3つの対策の中では、一番重要な対策になります。

さらに、100%以上満足させるコンテンツを提供することは、自社サイトでのコンバージョン率のアップにもつながります。

例えば、あなたの趣味が釣りで、釣竿を探しているとします。

「釣竿を紹介しているだけのサイト」と、「各釣竿の比較や釣りが上達する方法・よく釣れるポイントが書いてあるサイト」があったとしたら、どちらのサイトを見たいと思いますか? どちらのサイトで釣竿を購入したいと感じるでしょうか?

Googleは、ユーザーにとって、より有益なページを上位表示させるようにしています。ですので、検索したキーワードについての “答え以上のコンテンツ” を提供することが、ユーザーから閲覧してもらいやすくなります。

内部SEO対策

内部SEO対策とは、ユーザーと検索エンジンのために、見やすいサイトにすることです。人と機械のために見やすくすることが大切です。

例えば、改行も小見出しもない文字の羅列のような構成のページだとしたら、ユーザーにとっては読みにくいものになってしまいますよね。同じように、機械にとっても読みやすい文章構成というものがあります。

機械にとって読みやすい文章構成にするには、

  • タイトルタグ
  • 見出しタグ
  • meta discription
  • noindex

といったことを対策する必要があります。

また、サイト全体の構成についても整理することが大切です。サイトの中で見たいページに到達するのに不便なサイトだと、人にとっても機械にとっても不親切な構成です。

例えば、玄関を開けたらいきなりトイレがあって、トイレを通らないとリビングに行けないような家があったとしたら変な感じがしますよね。Webサイトの構成も、変な構成にならないようにする必要があります。

機械にとってわかりやすいサイト構成にするには、

  • リンクタグ
  • nofollowの活用
  • サイトマップの作成

といったことを対策する必要があります。

外部SEO対策

外部SEO対策とは、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアやPPC広告などを使って、サイトの存在をより多くの人に知ってもらう対策をします。

例えばFacebookで多くの「いいね」を集めるような記事は、被リンクがつきやすく、検索エンジンにとって評価が高くなりやすい傾向があります。

被リンクは現在でも重要な要素です。ただし前述したとおり、自作自演で被リンクをつけるようなブラックハットSEOは現在では通用しません。高い質のコンテンツをつくることで、自然な被リンクを受けることが最も重要なことです。

まとめ

SEO対策とは、人と機械の両方にとって見やすいサイトづくり、コンテンツづくりをするということです。3つのSEO対策で重要な順番は、コンテンツSEO > 内部SEO > 外部SEO です。

検索で上位表示させるためには、ユーザーが検索する疑問に対して100%以上の答えを用意することが大切です。Googleが求める「ユーザーファースト」を実践しているページが上位表示されます。

ぜひ、読み手にとって100%以上の満足を得られるコンテンツづくりを心がけてみてください。

追伸:「Web集客って何をすればいいの・・・?」という疑問があれば、当サイトの無料特別コンテンツを参考にしてみてください。
Web集客の基礎講座

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる