Webマーケティング

Webマーケティングとは?全体の流れがわかれば対策がわかる!

Webマーケティングの流れ

Webマーケティングって、何をすれば良いの? こんな疑問があるとしたら、それは「Webマーケティングの流れ」が、ぼんやりしていることが考えられます。

Webマーケティングの種類を知ってもらったら、次は、Webマーケティングの流れをつかんでください。そうすれば、何を対策すれば良いのかが見えてきます。

Webマーケティングの種類と分布図については、「Webマーケティングとは?種類と全体像を分布図で理解する!」の記事で紹介しています。

対策するべきポイントは2つあります。

  • 自社Webサイトに流入するまで
  • 自社Webサイトに流入してから

では、詳しくお話ししていきます。

スポンサード リンク

Webマーケティングの流れ:自社Webサイトに流入するまで

見込み客(将来あなたの商品を買ってくれる可能性のある人)が、あなたのWebサイトにやってきて、商品を購入(目的によっては資料請求など)してくれるまでの流れを、下の図で表してみました。

Webマーケティングの流れ

Webマーケティングの流れ

大きく分けると、5つの流入方法があります。

  1. 検索からの流入
  2. 他サイトのリンクからの流入
  3. SNSからの流入
  4. メルマガからの流入
  5. 広告からの流入

流入元は変わることがあっても、最終的には販売のページ(ランディングページ)へ誘導する全体の流れは変わらないことを覚えておいてください。あなたがするべき対策は、「自分のWebサイトの販売ページへ、どうやって多くの人を集めるか」です。

広告からの流入は、ダイレクトに販売ページへ誘導します。それ以外の流入は、基本的には、販売ページ以外の自社Webサイト内のページであることに注目してください。

1. 検索からの流入

Google や Yahoo! といった検索エンジンを使って、なんらかのキーワードで検索して、あなたのサイトを見つけてやってくる流入方法です。検索する人の90%は、何かの情報を知るため、あるいは疑問を解消するために検索すると言われています。

検索からの流入を増やす方法

検索からの流入を増やすためには、あなたのWebサイトでは、販売ページだけではなく、ブログなどで情報を提供するページを用意します。

例えば、自社サイトが会社案内や商品紹介だけの5ページの場合と、関連情報を含めた100ページの場合では、いろんな検索キーワードから流入してくる可能性が、大きく違うことはお分かりになると思います。

いろんな検索キーワードから流入してきた見込み客に対して、答えを提供し、そして販売ページ(目的によっては資料請求など)へと導いていきます。これはコンテンツマーケティングという考え方です。

あなたのWebサイトを見つけてもらうためには、検索結果の上位に表示させる必要があります。そのためには、キーワードとページ構成やSEOの知識について、なによりコンテンツの質について、対策をする必要があります。

2. 他サイトのリンクからの流入

あなたのWebサイトのブログ記事等が評価されて、他のサイトで紹介された場合、そのサイトに訪れた人が、リンクを辿ってやってきてくれます。一昔前は、いかに多くの被リンク(自社サイトへのリンク)を獲得するかが重要視されましたが、現在ではコンテンツの質(情報の内容)が一番重要視されています。

見込み客に有益な情報を提供することで、多くのサイトで紹介されれば、他サイトからの流入で、多くの見込み客を獲得することが期待できます。

3. SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)からの流入

Facebook や Twitter などのソーシャルネットワークからの流入です。

企業ページに登録してもらう必要がありますが、企業側から見込み客へ、旬の情報を直接届けることができる利点があり、一気に情報が拡散できる可能性もあります。一方で、発信する情報はフロー型と呼ばれ、すぐに流れて埋もれていくものなので、情報発信にはタイミングが必要です。

SNSは、コミュニケーションを取る場所です。共感を得たり、ブランド認知向上や、ファン度を高めることに向いています。ですので、SNSを使って商品のセールスばかりしていると、敬遠されてしまう傾向があります。

SNSからの流入を増やす方法

SNSからの流入を増やすためには、あなたの運営するWebサイト内(ブログ記事直下)に、SNSのシェアボタンを設置して、シェアしたくなるような面白いコンテンツや、ためになる情報を発信します。記事を拡散してくれれば、流入が増えます。

4. メルマガからの流入

メルマガに関しては、一度はあなたのWebサイトに訪れた後で、あるいは他の方法で、メールマガジンに登録してもらうという難しい条件があります。

ですが利点としては、企業側から見込み客に、直接情報を届けることができます。

あなたのサイトについて、良い印象を抱いてる見込み客の場合、自社サイトでの新しい記事を紹介することで、自社Webサイトに来てもらうことができます。あるいはキャンペーンを紹介することで、直接販売ページ(ランディングページ)へ誘導しても、購買につながる可能性が高くなります。

5. 広告からの流入

リスティング広告やリターゲティング広告を打つことで、あなたのWebサイトの販売ページ(ランディングページ)に、直接やってきてもらう方法です。

今すぐ問題解決したいという、「今すぐ客」を呼び込むので、効果は高いです。ただし「今すぐ客」は、インターネットを利用する全体数の1%とも言われています。

そのため、自社Webサイトの記事を広告に出すことも増えてきています。

Webマーケティングの流れ:自社Webサイトに流入してから

販売ページ(ランディングページ)以外の自社Webサイトに、できるだけ多くの人を流入することができたら、つぎの対策は、商品・サービスが欲しいという気持ちになってもらうことです。そして、販売ページに誘導します。

そのためには、いろいろな情報のコンテンツを用意する必要があります。商品・サービスに関する正しい知識や、思い込みをなくすようなコンテンツ、類似商品との比較がわかる記事があった方がいいかもしれません。

見込み客に「欲しい」という感情になってもらう方法は「見込み客の4段階の意識レベルに合わせたコンテンツづくりをしていますか?」の記事で解説しています。

まとめ

ウェブマーケティングの全体像とその流れは変わらない、ということがお分かりになったと思います。今後、新しいSNSマーケティングが誕生しても、それは、自社Webサイト(あるいは実店舗)への流入元の一部でしかないということです。

Webマーケティングとは、2つのポイントがあります。

一つ目は、多くの見込み客を、自社Webサイトの販売ページへ誘導することです。二つ目は、自社Webサイトへ多くの見込み客を呼び込み、買いたい気持ちを高めることです。

販売ページへの流入数が少なければ、多くする対策が必要です。販売ページでの成約率が悪ければ、オファーやデザイン、コピーライティングについて改善する必要があります。

追伸:「・・・Web集客って何をすればいいの?」という疑問があれば、当サイトの無料特別コンテンツ『Web集客の基礎講座』から知識を習得してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる