Webマーケティング

ランディングページとは何か?縦長のワケと正しい使い方

ランディングページの目的と使い方

Webサイトをビジネスとして運営しているのであれば、ランディングページは最も重要なページになります。もしもランディングページを持っていないのであれば、ゴールもないのにサッカーをしているようなものかもしれません。

「何のためにボールを蹴ってるの?」とならないためにも、ランディングページの意味と目的、縦長の理由と、正しい使い方を知って、Webサイトからお客さんが倍増する理由をつかんでください。

スポンサード リンク

ランディングページとは (LP)

ランディングページ(Landing Page)とは、直訳すると「着地するページ」という意味で、Webサイトで最初に訪れるページのことを言います。略してLP(エルピー)と呼ばれることも多いです。

着地点がランディングページ

もしもこのページが、あなたが当サイトにやってきた初めてのページなら、このページがあなたにとってのランディングページということになります。

初めて訪れたページがランディングページとなるわけですから、100ページあるWebサイトなら、100ページがランディングページになる可能性があるということです。

最終目的地がランディングページ

ビジネスにおけるランディングページとは、「コンバージョンを獲得するための独立したページ」のことです。一般的に使われるランディングページとはこちらの意味を指します。

コンバージョン(Conversion)とは、転換・転化・変換といった意味で、《商品・サービス販売、資料請求、予約、問い合わせ》など、利益を生み出すために何かしらの「申し込みを得ること」を言います。

企業がコンバージョンを得るために、最も多く訪れて欲しいのは「申し込みをするページ」です。「今すぐ商品が必要」という人へ向けて広告を打つ時は、ランディングページへの広告を出すことになります。

ですから、ビジネスでのランディングページとは、「着地点」であり、最短ルートでたどり着ける「最終目的地」ということになります。

ランディングページの構成

ランディングページ集めました。

参考サイト:ランディングページ集めました。

参考サイトからいくつか見てもらえればわかるとおり、ランディングページとは、縦長の1ページで完結した、申し込みボタンがあるだけのシンプルな構成のページです。チラシのような印象を持たれることが多いと思います。

チラシと違うところは、ただ伝えるだけではなく、その場で申し込みをするように促しているところです。

ランディングページの目的

コンバージョンを獲得することがランディングページの目的ですが、販売する商品・サービスによって、コンバージョンの種類が2つに分かれます。

1. 商品・サービスを販売するためのコンバージョン

商品・サービスを、ランディングページで直接販売することを目的にします。

「1ステップマーケティング」と呼ばれ、ランディングページへ訪れた人に、その場で商品・サービスを販売します。申し込みがそのまま売上になります。

比較的価格の安い商品や、馴染みのあるサービスなど、心理的にハードルの低い商品に向いています。

2. 見込み客を獲得するためのコンバージョン

商品・サービスに興味のある人(見込み客:将来商品を買う可能性のある人)の、メールアドレスを獲得することを目的にします。

「2ステップマーケティング」と呼ばれ、ランディングページへ訪れた人にメールアドレスを残してもらいます。無料ではあり得ないような有益なモノ(サンプル・情報など)を提供するかわりに、メールアドレスを登録してもらいます。これを無料オファーと言います。その後、売り手側から連絡をすることで売上につなげます。

価格の高い商品や、馴染みのないサービスなど、心理的にハードルの高い商品に向いています。

無料オファーから販売する方法は、「Web戦略の凄腕!ダイレクトレスポンスマーケティングとは?」の記事で解説しています。

ランディングページの正しい使い方

一般的な企業サイト(コーポレートサイト)の場合、資料請求や問い合わせなら、各ページにボタンを用意して、入力フォームへリンクさせるようにしていますよね。

わざわざ「ランディングページ」を用意する必要はないようにも思えますが、コンバージョンを獲得するための、ランディングページならではの使い方があります。それは、つぎの4つです。

  1. 「今すぐ客」をつかまえる
  2. 見込み客を絞り込む
  3. 申し込むか去るかの二択を迫る
  4. デザインを気にせず自由に設計できる

1. 「今すぐ客」をつかまえる

ランディングページは、「今すぐ客」をつかまえることができます。

多くの人は、短時間で有益な情報を得られることを望んでいます。わざわざ時間をかけて、サイト内のいろんなページを閲覧して情報収集したいとは思っていません。時間短縮のためには、1ページで全ての情報を得られて、申し込みまでできるページが必要になります。

1ステップマーケティングのランディングページは「今すぐ商品が必要」という、申し込みの準備ができている人へ向けたページです。ですので、広告に出せば、コンバージョン率の高い申し込みが見込めます。

2. 見込み客を絞り込む

ランディングページは、見込み客を絞り込むことができます。

ひとつの商品・サービスに特化して訴求することで、対象となる見込み客を限定します。「この商品は私のためのものだ」と思ってもらうことで、たとえ文章が長くても集中して読み進んでもらうことができます。

ランディングページが縦長のワケ 1:顧客心理に沿うため

「申し込み」を得るためには、顧客心理に沿った適切なセールストーク(セールスライティング)が必要です。

《商品の魅力を伝える・商品がもたらす効果の証拠を提示する・想定される疑問点にはあらかじめ答える・魅力的なオファーを提案する》これらのことを順序良く1ページに収めるので、情報量は自然と多くなります。そのため、多くのランディングページでは、縦長のデザインになっています。

3. 申し込むか去るかの二択を迫る

ランディングページは、基本的には他のページへのリンクを設けません。申し込みボタンがあるだけです。それは、ランディングページに訪れた人に、申し込むか去るかの二択を迫るためです。

他の普通のページと同様にいろんな情報やリンクがあると、訪れた人は、他にも意識が傾いてしまいます。他のページに移られては困るので、選択肢は「申し込む」か「去る」かの二択にする必要があります。

ランディングページでなるべく選択肢をなくす理由は、「CTAとは?成約率を上げるために気をつけたい1ページ1CTAの法則」の記事で解説しています。

ランディングページが縦長のワケ 2:機会損失を防ぐため

長い内容を、「2ページ目」「3ページ目」と続きを作ってページを分割させると、読み手に「クリックする」という作業をさせてしまうことになります。

読み手は作業が大嫌いです。興味をもって読み進めていても、クリック回数が増えると、徐々に興味が冷めてしまいます。もしもページの読み込み速度が遅ければ、それだけで離脱する理由になってしまいます。

たとえ商品説明が長くなっても、ページを分割させずに縦長の1ページに収めるのは、機会損失を防ぐという理由があります。

4. デザインを気にせず自由に設計できる

ランディングページは独立した1ページです。ですので、例えばあなたのWebサイト(コーポレートサイト)が全体的にシンプルなデザインだったとしても、そのデザインと同じにする必要はありません。

広告から訪れた人にとっては、「申し込みページ」が全てです。

そのためランディングページは、商品・サービスのテイストに合わせた、自由なデザインで設計することができます。また、違うデザインや文言を試すことで、広告効果の比較テストを行いやすいという利点があります。

まとめ

積極的に「申し込み」を得るためには「申し込み専用ページ」のランディングページが必要です。

普通の記事ページのような形で、何ページにも渡って商品説明をしても、最後のページまで集中して読んでくれることは難しくなります。一気に読んで「申し込みたい」という感情を得るためには、他へのリンクがない1ページにしておくことが大切です。

もしもあなたのWebサイトに、コンバージョンを得ることに特化したページがないのなら、ランディングページをつくってみることをおすすめします。

Pocket

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる