コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは何か?Web集客に有効な6つのメリット

コンテンツマーケティング のメリット

もしもあなたのWebサイトが、会社案内と商品紹介のみを行っているサイトだったとしたら、コンテンツマーケティングを取り入れることをおすすめします。

なぜなら、コーポレートサイトのような会社案内だけのサイトの場合、あなたのサイトに訪れる人は、あなたの会社名を知っている人か、あなたが扱う商品名を知っていて「すぐに欲しい」と思っている人だけだからです。

「今すぐ商品・サービスを購入したい」という人は、インターネットを利用する全体数の1%しかいないと言われています。そのたった1%を競合たちが奪い合いをしている中で、あなたのWebサイトが選ばれるということはすごく大変なことです。

コンテンツマーケティングを行えば、まだあなたの会社の存在を知らない人や、自分の欲求に気づいていない多くの人を、将来の優良顧客にできる可能性が広がります。

コンテンツマーケティングの具体的なメリットについて、見ていきます。

スポンサード リンク

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、「見込み客(将来商品を買う可能性のある人)にお役立ちのコンテンツ(情報)をたくさん提供して、継続的に購入してくれる優良顧客を育てましょう」というマーケティング戦略です。

コンテンツの形式は、ブログ、ホワイトペーパー、e-book、ソーシャルメディア、ポッドキャスト、動画、書籍、メルマガなど16種類に分類できます。

たとえ自社のWebサイトを持っていなかったとしても、コンテンツマーケティングを行うことができます。例えば、企業のFacebookページをつくって情報を投稿する。YouTubeで商品動画を作成して配信する。これだけでもコンテンツマーケティングだと言えます。

ただしFacebookやYouTubeといった、自社とは違う運営会社でコンテンツを扱う場合には、それぞれの規定に従わなければいけません。

突然規定が変わって、今までのコンテンツが使えなくなったり、アカウントが凍結される危険性が0%だとは言えません。そう考えると、自社が所有するWebサイト(オウンドメディア)でコンテンツを発信することが基本となります。

コンテンツマーケティングで始まる優良顧客が育つストーリー

例えば、あなたがゴルフ用品のWebサイトを運営しているとします。コンテンツマーケティングによる、新規客の獲得までのストーリーはこんな感じです。

ゴルフで飛距離を伸ばしたいと考えているAさんは、インターネットを使って「飛距離 ゴルフ 伸ばし方」と検索してみた。そこで検索にヒットしたのが『もう悩むことはない!簡単に飛距離を伸ばせる10の方法』という、あなたのWebサイトの記事だった。

Aさんはあなたのサイトの記事を読んで、飛距離を伸ばす方法を知ることができた。満足できたAさんはそこでサイトを離れる。

別の日、Aさんはスライスしない方法はないかと考えていた。「スライス 改善 ゴルフ」と検索してみたら、そこでまた検索にヒットしたのが、あなたのWebサイトの記事だった。

記事に満足できたAさんは「このサイトは役に立つなぁ」と思って、あなたのサイトを覚えるようになった。他にも役に立つ記事はないかと、他のページも見てくれるようになった。

また別の日、Aさんは新しいクラブを欲しいと考えた。「そういえば、あのサイトではクラブの比較の記事はないかなぁ」と思い、あなたのWebサイトを訪れる。

あなたのサイトにある徹底比較の記事を読んだAさんは、欲しい気持ちが高まる。あなたのサイトでは購入特典が充実していたので、あなたのサイトでの購入を決意する。

Aさんにとってあなたのサイトは役に立つ存在になり、今後あなたのサイトを優先的に訪れるようになる。

コンテンツマーケティング 6つのメリット

コンテンツマーケティングを行うことで得られるメリットを、6つにまとめてみました。

  1. 導入しやすい
  2. コンテンツは資産になる
  3. 広告費を抑えられる
  4. 専門家として地位を確立できる
  5. 優良顧客を獲得できる
  6. 拡散される可能性がある

1. 導入しやすい

現在のWebサイトがコーポレートサイトだったとしても、そこにブログ機能を付け加えてコンテンツ記事を発信すれば、すぐにコンテンツマーケティングを始めることが可能です。

たとえWebサイトを持っていなかったとしても、YouTube動画をアップするだけでも始めることができます。

2. コンテンツは資産になる

広告枠を買うことに費用を使えば一度きりですが、見込み客にとって有益なコンテンツを自社サイトで提供することに費用を使えば、コンテンツはストックされていきます。

コンテンツを多く作ることで自然検索数は増えて、より多くの見込み客を長期的にあなたのWebサイトに集めることができるようになります。

3. 広告費を抑えられる

自然検索数が増えるということは、あなたの会社の商品・サービスに興味のある人が集まり続けるということです。

新聞や折り込みチラシのようなマスメディアに広告費を支払って宣伝するよりも、圧倒的に広告費を抑えることができるようになります。

4. 専門家として地位を確立できる

見込み客の欲しい情報を提供し続けることで、「◯◯に困ったらこのサイトを見てみよう」と優先的に閲覧されるようになります。

あなたの会社は多くの信頼を得ることができるようになり、競合他社に対して優位に立つことができるようになります。また良質なコンテンツはブランディングにつながります。

5. 優良顧客を獲得できる

専門家としての地位を確立できれば、あなたの会社の商品・サービスを利用したいと思う人は「買ってやる」ではなく、「買わせてください」とお願いにくるようになります。

価格競争に巻き込まれることはなくなり、優良顧客とのお付き合いができるようになります。

6. 拡散される可能性がある

見込み客にとって良いコンテンツは、シェアされて拡散される可能性があります。

SNSなどインターネットで話題になれば、あっという間に数十万アクセスを獲得できることもあり、広告費をかけるよりももっと効果の高いものになります。

コンテンツマーケティング 3つのデメリット

良いことばかりな気がするコンテンツマーケティングですが、デメリットもあります。

  1. コンテンツを継続的に発信する必要がある
  2. コンテンツ作成には時間がかかる
  3. すぐに効果は現れない

1. コンテンツを継続的に発信する必要がある

コンテンツは一度つくったら終わりではなく、情報は継続的に発信する必要があります。

例えば、訪れたWebサイトの最終更新日が数年前だったとしたら、あなたはその会社を信用できますか? 今も存在しているのかな? と不信感を抱いてしまうかもしれません。一度構築してしまえば、頻繁に更新する必要はありませんが、最低でも年に数回はコンテンツを発信する必要があります。

2. コンテンツ作成には時間がかかる

コンテンツは適当なものをつくっても意味はありません。見込み客にとって有益な情報であること、ブログ記事であれば、自然検索の10位以内に入るような記事をつくる必要があります。

そのため、制作にはある程度の時間がかかります。効果的な記事作成ができるように、社員を教育する必要があるかもしれません。また一度つくった記事も、アクセスアップのために修正が必要な場合があります。

3. すぐに効果は現れない

コンテンツを発信しはじめても、ブログ記事が検索上位に表示されるにはある程度の期間が必要です。また目安としてですが、100記事ほど必要です。

3ヶ月〜半年後には大きな効果が期待できますが、今すぐに効果が出るわけではないので、それまでは広告との併用で見込み客を集める必要があります。

これらの3つのデメリットを乗り越えた先には、先ほどあげた6つの大きなメリットとなって、あなたの元に返ってきます。

まとめ

コンテンツマーケティングとは将来の優良顧客を集めるためのマーケティングです。見込み客との接点を増やし、ブランディングを作り上げることができます。

あなたの会社のWebサイトが、コーポレートサイトのような会社案内と事業紹介だけのサイトだったなら、Web集客のためにコンテンツマーケティングを取り入れることをおすすめします。


スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる