コンテンツマーケティング

16種類のコンテンツを使いこなす!コンテンツマーケティングの使い分け方

コンテンツマーケティングのための16種類のコンテンツとプラス1つ

コンテンツマーケティングのコンテンツとは「情報」のことです。「どんな情報を提供するのか」ということが、コンテンツマーケティングでは大事な要素ですが、「どんな形態で提供するのか」ということも含めて考ることで、より伝わりやすく情報を提供することができます。

コンテンツの「形態」には、16の種類があると、orbitmedia の記事では紹介されています。その16種類のコンテンツの使い分け方と、僕が考える最強コンテンツのプラス1つを解説します。

スポンサード リンク

コンテンツの16種類

16種類のコンテンツ参照元:http://www.orbitmedia.com/blog/content-chemistry/

このインフォグラフィックでは、縦軸は重要度を表しています。

下に行くほど重要になり、制作にも時間がかかります。横軸はどこで目にすることができるかを表しています。右側ほど自社サイト内で、左側ほど自社サイト外で目にすることができます。

各要素の上の数字は適正な文字数・ページ数・分数を表しています。日本語と英語の文字数の比率はおよそ 2:1 なので、文字数は2倍に換算してみると良さそうです。

On-Site、Supportive

16種類のコンテンツ:オンサイト

主に自社で扱うメディアで閲覧できるコンテンツです。

P:ポスト(長めのSNSへのポスト、Facebook、google+など、軽めのブログ記事)

SNSでの投稿です。日本語にして600文字程度。

時事ネタなどの軽めの記事を書く際に適しています。SNSでの投稿を考えるなら、目的は「共感」です。毎回の自社サイトへの売り込み誘導は共感を得られないので避けた方が良いです。

とは言え「今日は気温が◯度らしいですよ。いってらっしゃい」といった、何の内容もない記事では意味はありません。あくまで商品・サービスに絡めた価値ある情報が大切です。

Re:レビュー(お客さんからの評価)

お客さんの声です。件数は50件ほどあると良いとしています。

Amazonでの5段階評価のレビューが有名な例です。多くの感想を記載することで、見込み客は商品を購入した後のことをイメージしやすく効果的です。実際の手紙や写真を掲載するともっと効果があります。

Cs:ケーススタディー(成功事例)

成功事例についてです。10,000文字ほどあると良いとしています。

レビューと同様で、実際の成功事例がある場合はその事例を載せることで、商品やサービスの信頼性が高まります。また、商品・サービスについてのメインとなるメッセージをサポートするための存在でもあります。

At:アーティクル(自社サイト内でのブログ記事)
Wp:ウェブページ(自社サイト内での記事)

ブログ記事や自社サイト内の記事です。1,000文字程度が良いとしていますが、SEOを考えると2,000文字程度はあった方が良いと思います。

アーティクルとウェブページの明確な違いがちょっと曖昧ですが、僕なりの解釈ですと、ウェブページとは、会社にとって必要最低限の情報で、アーティクルは、ブログなどで付加価値をつけていく記事であると考えます。一般的なコンテンツといえば、アーティクルとウェブページを指します。

Wt:ホワイトペーパー(報告書)

調査結果などの報告書です。1,000文字程度が良いとしていますので、事実のみの簡単な記述です。

調査は簡単にはできないので、そのデータはシェアやリンクを得やすいです。また、内容を分割して記事にすることや、一部を引用してツイートすることもできます。

Multimedia

16種類のコンテンツ:マルチメディア

自社メディアから独立した状態で閲覧できるコンテンツです。

Pc:ポッドキャスト(音声)

音声のコンテンツです。時間は2〜4分ほど。

想いが伝わる力は動画よりは弱いですが、テキストよりは強いです。ラジオを思い出してもらえればわかると思いますが、全く知らない人の音声のみを聞くのはハードルが高いので、ある程度企業や個人のファンになった人へ向けた発信の方が向いています。

また、動画やウェビナーの音声を抜き出して、ポッドキャストとして発信することもできます。

Pp:プレゼンテーション(スライドショー、パワーポイントの資料など)

プレゼンのためのスライドショーです。要点を絞った240文字ほどあれば良いとしています。

コンテンツの文章が長い場合や、要点だけを知りたい場合など、コンテンツの冒頭にあると喜ばれます。スライドショーだけでも、コンテンツとして成り立つこともあります。

Vi:動画(YouTubeなど)
Wb:ウェビナー(リアルタイムでの動画講義など)

動画のコンテンツです。時間は1.5〜3分ほど。

動画は自社サイトに埋め込むことが大前提としています。さらに、YouTubeで自社サイトへのリンクを貼れば、アクセスアップの相乗効果も見込めます。インターネットを介して想いを伝える手段としては、動画が一番簡単に伝わります。

Bk:本

書籍です。

インターネットではありませんが、書籍という実物は、すごく信頼度の上がるコンテンツであると言えます。

Pdf:PDFファイル(ネット上での書籍)
Eb:e-Book(ネット上での書籍)

電子書籍です。

書籍ほどのインパクトはありませんが、作るのはすごく簡単です。目安として、PDFであれば、A4サイズで24ページほど。e-Bookでは、400字詰めの原稿で、18ページほどのボリュームがあれば良いとしています。

Outbound

16種類のコンテンツ:アウトバウンド

自社メディア外に発信するコンテンツです。

Tw:Twitter

Twitterです。Twitterは一度に140文字までしか利用できません。

すぐにタイムラインから消えていくので、情報としての生存期間はすごく短いです。一方で、拡散力は高く、思わぬところまで飛んでいく可能性があります。

基本的には自社サイトに来てもらうことを目的としたいところですが、自社サイトへの誘導ツイートばかりだと、宣伝くさくなってしまって逆効果になるので気をつけたいところです。

Ne:ニュースレター(メールマガジン)

メールマガジンです。500文字程度。

他の多くの要素がインバウンド(待ちの戦略)であることに対して、ニュースレターはアウトバウンド(攻めの戦略)です。こちらから見込み客(または顧客)へニュースレターを届けて、商品購入を促すことが目的です。

メールマガジンではブログ記事や商品などのリンクを貼って、アクションを促します。

ニュースレターは紙代や郵送代など実費がかかるデメリットがあります。一方、メールマガジンは簡単に解除されることもありますが、毎日でも送れるメリットがあります。

Pr:プレスリリース

SEO対策として危険な「重複コンテンツ」にならないように、気をつける必要があります。

最強コンテンツ+1

上記のインフォグラフィックにはありませんが、僕が考える最強のコンテンツを足してプラス1としてみました。

漫画

制作には時間がかかりますが、日本人に馴染み深い漫画は、とっても強力なコンテンツです。

たとえ難しい内容であったとしても、ストーリーにすることで、途端に頭に入ってきます。漫画にすることでわかりやすく、面白くすることができます。親しみやすく、エンターテインメントなコンテンツにすることができます。

会社の紹介をマンガにして、見込み客(将来商品を買う可能性のある人)に親しみを感じてもらうことができます。あるいは、商品やサービスの使い方をマンガ形式にしても効果的です。レビューやケーススタディーに使うこともできます。

漫画は一コマでも成立します。フェイスブックやツイッターに投稿するだけでも、注目を集めることができます。

まとめ

コンテンツマーケティングは、16種類に分類できます。

似ているコンテンツもありますが、この16種類+1つのコンテンツを、適切な内容とタイミングで扱うことで、これからお客さんになってくれる見込み客へ向けて、または優良顧客に向けて、新しい情報を届けることができるようになります。

見込み客が、あなたの商品をどの程度知っているかでコンテンツを使い分けるには、「コンテンツマーケティングはお客さんの認知度レベルに合わせる!」の記事を読んでみてください。

Pocket

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる