オウンドメディア

オウンドメディアマーケティングとは?個人でもできる情報発信型戦略

オウンドメディア とは?

オウンドメディアマーケティングとは、個人や会社が自分で所有しているメディアを使ったマーケティング活動のことを言います。

オウンドメディアについてよく分からなければ、「トリプルメディアとは?マーケティングのための使い分け方」の記事を読んでみてください。

多くの中小企業では、コーポレートサイトを持っていると思います。個人でビジネスをされている場合でも、ブログを使って商品サービスの告知をされていると思います。

ですがなんの戦略もないまま、ただWebサイトやブログを運営しているのだとしたら、お客さんは思ったようには増えていないのでないでしょうか?

戦略を持ってオウンドメディアマーケティングに取り組めば、より多くのお客さんを集めることができるようになります。

あなたが会社のWebサイトやビジネスブログを運営するうえで、どのような戦略をもって運営していけば良いのか、オウンドメディアマーケティングの概要についてお話します。

スポンサード リンク

オウンドメディアマーケティングを始める理由は?

オウンドメディアマーケティングは、見込み客(将来商品を買う可能性のある人)との接点を増やすために行います。

スマホとソーシャルメディアが普及したことで、現在ではすぐに新しい情報を手に入れられるようになりました。その反面、企業側からの一方通行的な広告はあまり見られなくもなりました。

大企業でもない限り、知名度の低い小さな会社や一個人が、ただコーポレートサイトやブログを運営するだけでは、人を集めることはできません。

多くの人は、知りたい情報を調べるためにインターネットを利用します。そこで、商品・サービスに関連する有益な情報を記事として発信することで、自然検索から多くの人を集めるようにします。

たとえ小さな会社でも、広告を出さずに見込み客との接点を増やせるのが、オウンドメディアマーケティングです。たとえるなら、広告は「攻めの営業」、オウンドメディアマーケティングは「待ちの営業」だと言えます。

ブログはコーポレートサイトとしても使える

もしも自社のWebサイトをまだ持っていなかったとしたら、ブログ形式のWebサイトをコーポレートサイトとしても扱うことができます。

《ブログ形式のWebサイト》とは、WordPress に代表されるCMSを使ったWebサイトのことです。

関連記事:オウンドメディアとブログはどう違う?コンテンツ記事とブログ記事は?

オウンドメディアマーケティングの目的は?

オウンドメディアマーケティングの目的は、直接的な商品紹介というよりは、見込み客の獲得が目的になります。

Google や Yahoo! といった自然検索で、見込み客の方から自社Webサイトを見つけてもらって、見込み客との接点を増やし、最終的に見込み客の獲得を目指します。

「◯◯に困ったらこのサイトを見てみよう」と思ってもらうためには、商品サービスに関係する幅広い有益な情報の発信が必要です。

なぜ見込み客を集める必要があるのか? については、「見込み客とは?Web集客の正しい見込み客の集め方」の記事で解説しています。

オウンドメディアマーケティングの指標

オウンドメディアマーケティングの成功の指標は、「アクセス数」と「見込み客獲得数」になります。毎月どれくらいのお客さんを獲得したいのかによって、目標とするアクセス数を決めます。

アクセス数を増やすためには、大まかな目安としてですが、100記事ほどあると効果が見込めます。20〜30記事ほどでは自然検索で上位に表示される記事も少なく、アクセス数を増やすことが難しくなります。

オウンドメディアマーケティングのデメリット

オウンドメディアマーケティングに取り組むにあたっては、デメリットがあります。

  • 成果が出るまでには時間がかかる
  • SEOの知識とコンテンツ作成の技術が必要

オウンドメディアマーケティングに取り組んでも、成果が出てくるまでには1〜6ヶ月程度の時間がかかります。Googleが優良なコンテンツだと認めて、上位表示してくれるまでには、ある程度の時間が必要なんですね。

そして、Googleが認めてくれるコンテンツを作成するためには、ある程度のSEOの知識も必要になります。コンテンツを作成するにも、ライティングの技術が必要になります。

小さな会社であれば、記事作成を社員に書いてもらうために教育する必要があるかもしれません。

個人ビジネスなどで、あなた自身が書くのであれば、本業がおろそかにならないためにも、なるべく短時間で良質なコンテンツを作成する技術が必要になります。

オウンドメディアマーケティングのメリット

先ほどあげたデメリットを乗り越えると、次のようなメリットが待っています。

  • コンテンツSEOにより、広告費を削減できる
  • 理想の顧客像を集められる
  • ブランディングができる
  • 潜在的な見込み客も集められる
  • 見込み客から顧客化への仕組みができる

コンテンツSEO(検索上位対策)をすることで、広告を出さなくても自社サイトに人を集めることができるようになります。また、想定した理想の顧客像へ向けたコンテンツ(情報)を発信することで、集めたい人を集めることができます。

さらに良質なコンテンツは、自社のブランディングを作り上げることになります。ファンになってくれる人も増えるようになります。

計画的にいくつもの記事をつくることで、ニーズがはっきりしていなかった人でも、新たな欲求が生まれる期待が持てます。さらに、少し興味があるくらいの見込み客を、買いたいと感じるまでの流れをつくることができます。

アクセス数と見込み客獲得数を増やすには?

アクセス数と見込み客獲得数を増やすためには、まず理想の顧客像(ペルソナ)を想定することから始めます。

あなたがお客さんにしたい、理想の顧客像とはどんな人ですか?

ペルソナを想定したら、次はペルソナが検索しそうな商品サービスに関連するキーワードを洗い出していきます。

このキーワードを元に記事を作っていきます。あなたが書きたい記事を書くのではなくて、ペルソナが読みたい記事を書くことが大切です。そうすることで、検索上位に表示されるコンテンツを作ることができます。

見込み客を獲得するためには、見込み客がメールアドレスを教えてでも欲しくなる無料プレゼントを用意します。

まとめ

オウンドメディアマーケティングとは、自社が所有しているメディアを使って有益な情報を発信するマーケティングのことです。多くのアクセスを集めて、見込み客との接点を増やすことを目的にします。

ブランディングや長期的な集客に向いています。

もしもあなたがWeb初心者で、インターネットからの集客をお考えなら、オウンドメディアとして WordPress で自社Webサイトを構築して、ブログ記事で情報発信することをおすすめします。

追伸:もしも「Web集客って何をすればいいの・・・?」という疑問があれば、当サイトの無料特別コンテンツ『Web集客の基礎講座』から知識を習得してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる