アクセスを集めるSEO対策

これが無料!?検索ボリュームを調べる最強ツール「Ubersuggest」

投稿日:2018-10-30 更新日:

検索ボリューム とサジェストキーワードを一気に調べられる「Ubersuggest」

この記事では、キーワードプランナーの代わりとして使えるパーフェクトな無料最強ツール「Ubersuggest:ウーバーサジェスト」の使い方を解説します。

わずらわしい会員登録などが一切不要な「Ubersuggest」は、アクセスアップのキーワード戦略に必要な、検索ボリューム、サジェストキーワード、SEOの難易度を一気に調べることができます。

検索ボリュームを調べるツールとして有名な Googleキーワードプランナーは、有料で利用すれば具体的な数値を調べることができます。ですが無料で利用する場合は、月間検索ボリュームの数値は「1万〜10万」といったアバウトな数値の表示になります。

キーワードプランナーの画面

無料版キーワードプランナーの画面

アバウトな数値でも十分に使えますが、無料で利用できる「Ubersuggest」を使えば、有料のキーワードプランナーと比べても遜色のないレベルで、詳しい検索ボリュームとサジェストキーワードを一気に調べることができます。

Ubersuggest の画面

Ubersuggest の画面

めちゃめちゃ使える便利なこのツールは、いつまで無料で利用できるか分かりません。ですので利用できるうちに、じゃんじゃん使ってみてください。

スポンサード リンク

キーワードプランナーの代わりになる「Ubersuggest:ウーバーサジェスト」とは?

Ubersuggest の開始画面

⇒ Ubersuggestへ

「Ubersuggest」は、アメリカのWebマーケターであるニール・パテル(Neil Patel)氏が運営するサイトで利用できる、サジェストキーワードツールです。

英語のサイトですが、たとえ英語を知らなくてもすごく簡単に使えます。

検索ボリュームを調べる Ubersuggest の使い方

「Ubersuggest」で検索ボリューム、サジェストキーワード、SEO難易度を一気に調べる方法は、わずか2ステップです。

検索ボリュームを調べる方法

  1. 検索する言語を日本語に変更する
  2. 検索ボックスにSEOキーワードを入力して「SEARCH」をクリックする

ステップ 1 検索する言語を日本語に変更する

検索する言語を日本語に変更する

検索する言語の変更

まずは、検索する言語を日本語に変更しましょう。

デフォルトの「English / United States」をクリックして、ずらっと表示される「言語/国名」の中から「Japanese / Japan」を選んでクリックします。

ステップ 2 検索ボックスにSEOキーワードを入力して「SEARCH」をクリックする

SEOキーワードを入力して検索

SEOキーワードを入力して検索

❶ 検索ボックスにSEOキーワードを入力する

検索ボックスに調べたいSEOキーワードを入力します。ここでは例えとして「クリスマス」で調べてみます。

❷「SEARCH」をクリックする

「SEARCH」をクリックします。これだけです。画面が替わり、『Overview:検索結果の一覧』画面が表示されます。

スポンサード リンク

Overview:検索結果の一覧 画面

縦に長い画面では、次の3つの要素について調べることができます。

  1. 検索ボリューム数
  2. サジェストキーワード/関連度の高いキーワード
  3. 検索エンジンでの順位表示

1. 検索ボリューム数について

検索結果画面 その1

検索ボリューム数について

こちらの画面では、月間平均検索ボリューム数や、SEOの難易度を知ることができます。

❸ SEARCH VOLUME:月間平均検索ボリューム数

1年間をとおして、一ヶ月あたりどれほどの回数が検索されているか。

❹ SEO DIFFICULTY:SEOの難易度

自然検索(検索エンジン)で上位表示させる難易度。(1に近いほどやさしく、100に近いほど難しい)

❺ PAID DIFFICULTY:広告枠の上位に表示させる難易度

広告で上位表示させる難易度。(1に近いほどやさしく、100に近いほど難しい)

❻ COST PER CLICK(CPC):広告を出稿した際のクリック単価

広告を出稿した際に想定される、1クリックあたりの単価。

❼ Volume:1年間の検索ボリューム数の推移

12ヶ月分の検索ボリューム数の推移。

例えで調べたSEOキーワード「クリスマス」でわかること

例えで調べてみた「クリスマス」の場合は、次のような情報を知ることができます。

月間平均検索ボリューム数は16万5000回ですが、一年間の推移を見れば、12月に122万回検索され、その他の月は2〜3万回ほどしか検索されていないことがわかります。

SEOでの難易度は61なので、自然検索で上位表示させるのはやや難易度が高いようです。広告に出稿する場合は、1クリックあたり約74円の広告費がかかり、広告枠の上位に表示させる難易度は1なので簡単なようです。

2. サジェストキーワード/関連度の高いキーワードについて

検索結果画面 その2

サジェストキーワードの表示

先ほどの検索ボリュームの画面を下へスクロールさせると、調べたSEOキーワードのサジェストキーワードが一覧で表示されています。

SEOキーワードと一緒に検索されるサジェストキーワードと、その検索ボリューム、SEOの難易度も同時に分かりますから、めちゃくちゃありがたいですよね。これでどのSEOキーワードを使ってブログ記事を書いていくのか、計画を立てやすくなります。

❽ 「SUGGESTIONS|RELATED」の表示切り替え

「サジェストキーワード」と「関連度の高いキーワード」の表示切り替え。

検索結果では「SUGGESTIONS:サジェスチョン」としてサジェストキーワードが一覧表示されています。「RELATED:リレイテッド」をクリックして切り替えれば、入力したSEOキーワードと関連度の高いキーワードが一覧表示されます。

関連度の高いキーワードの一覧

関連度の高いキーワードに切り替え

例えで調べたSEOキーワード「クリスマス」でわかること

例えで調べた「クリスマス」の場合は、「ディズニーランド」「ゲーム」「ケーキ」などが関連度の高いキーワードとして表示されました。

例えば、あなたがクリスマス特集を組みたいとしたら、関連度の高いキーワードと絡めることで、興味を引きやすいコンテンツを作れる可能性があります。『クリスマスで行きたいディズニーランド特集』『クリスマスに彼と盛り上がれるゲーム特集』『絶対食べておきたい限定クリスマスケーキ特集』といった感じですね。

❾『Keyword Ideas:サジェストキーワード一覧』画面へ

「VIEW ALL KEYWORD IDEAS」をクリックすれば、すべてのサジェストキーワードと、Google検索での順位結果を閲覧できる『Keyword Ideas:サジェストキーワード一覧』画面へ移動します。

検索エンジンでの順位表示について

自然検索での結果一覧

検索エンジンでの順位表示

さらに画面を下へスクロールさせると、SEOキーワードでGoogle検索した際の順位が表示されています。

❿ リストの項目

  • ROOT DOMAIN:検索結果として表示されている記事のトップページURL。
  • EST. VISITS:想定される月間アクセス流入数。
  • SOCIAL SHARES:ソーシャルメディアでシェアされている数。
  • DOMAIN SCORE:ドメイン(Webサイト)の強さ。(1に近いほど弱く、100に近いほど強い)

検索一位を獲得できれば、どれほどのアクセス数を見込めるのかがわかるのは嬉しいですよね。

また、どんなソーシャルメディアの数値なのかは不明ですが、「SOCIAL SHARES」の数値が高いコンテンツを分析してみれば、シェアされやすい人気コンテンツを作るヒントにできますね。

⓫『SERP Analysis:検索エンジンでの順位表示一覧』画面へ

「VIEW ALL SERP RESULTS 」をクリックすれば、検索100位まで閲覧できる『SERP Analysis:検索エンジンでの順位表示一覧』画面へ移動できます。

例えで調べたSEOキーワード「クリスマス」でわかること

例えで調べた「クリスマス」の場合は、検索一位に表示されれば、月間約5万アクセスの流入を見込めることが分かります。

ただし、現在一位に表示されている「Wikipedia」のドメインスコアが83であることを考えると、このSEOキーワードで検索一位を取るのは難しそうです。

Ubersuggest のメニュー操作

Ubersuggest のメニュー画面

「Ubersuggest」では、現在3つのメニューが操作できます。

  • Overview:検索結果の一覧
  • Keyword Ideas:サジェストキーワード一覧
  • SERP Analysis:検索エンジンでの順位表示一覧

『Overview:検索結果の一覧』は、今まで解説してきた画面です。

Keyword Ideas:サジェストキーワード一覧 画面

サジェストキーワード一覧

サジェストキーワード一覧

画面左上にあるメニュー「Keyword Ideas」をクリックするか、先ほど解説した『Overview:検索結果の一覧』画面の ❾「VIEW ALL KEYWORD IDEAS」をクリックすれば、こちらの『Keyword Ideas:サジェストキーワード一覧』画面へ移動します。

画面左側にはサジェストキーワードの一覧が表示され、画面右側にはサジェストキーワード(色付きの矢印)でGoogle検索した時の順位が100位まで表示されています。

一度検索してしまえば、こちらの画面をメインに使うと使いやすいです。

⓬ データをCSVファイルにダウンロード

「Export to CSV」をクリックすれば、「サジェストキーワード/関連度の高いキーワード」の数値データをCSVファイルとしてダウンロードできます。

⓭ サジェストキーワード群をコピー

「Copy to Clipboard」をクリックすれば、「サジェストキーワード/関連度の高いキーワード」のキーワード群を一括コピーできます。

⓮ 検索エンジンでの検索結果一覧画面へ

「SERP Analysis 」をクリックすれば、『SERP Analysis:検索エンジンでの順位表示一覧』画面へ移動できます。

例えで調べたSEOキーワード「クリスマス」でわかること

例えで調べた「クリスマス」の場合は、163件のサジェストキーワードがピックアップされています。画面左側にあるサジェストキーワードをクリックすれば、画面右側のGoogle検索での順位表が対応して切り替わります。

SEOの難易度とドメインスコアが低ければ、比較的簡単に検索上位を狙えることが一目瞭然でわかりやすいですよね。

SERP Analysis:検索エンジンでの順位表示一覧 画面

検索エンジンでの順位表示一覧

検索エンジンでの順位表示一覧

画面左上にあるメニュー「SERP Analysis」をクリックするか、『Overview:検索結果の一覧』画面の ⓫「VIEW ALL SERP RESULTS」をクリックすれば、こちらの『SERP Analysis:検索エンジンでの順位表示一覧』画面へ移動します。

検索100位まで表示されますので、必要に応じてコンテンツを調べることができます。

まとめ

以上、めちゃめちゃ便利な、検索ボリュームとサジェストキーワードを一気に調べられる最強ツール「Ubersuggest」の使い方を解説しました。

いつまで無料で使えるかはわかりませんので、使えるうちに使い倒してキーワード戦略に役立ててください。

追伸:もしも「自分のビジネスでは、どんなWeb集客をすればいいの・・・?」という疑問があれば、当サイト(Web活用術。)の特別コンテンツを参考にしてみてください。
Web集客がマルわかり!小規模ビジネスの集客方法がわかる戦略講座

この記事が役に立ったら
\いいね !/

Twitter で

スポンサード リンク

こちらもチェック!

今すぐ受け取るYL
  • この記事を書いた人

高木浩一

心理学と脳科学が好きなマーケター/Web集客の専門家。 大企業のマジメな広告デザインから男性を欲情させるアダルティな広告デザインまで、幅広い分野を経験した元グラフィックデザイナー。心理面をカバーしたマーケティングとデザインの両方の視点をもつ。 個人が個人として活躍する時代に向けて「使えるマーケティング」をモットーに情報発信中。

-アクセスを集めるSEO対策
-, , ,

Copyright© Web活用術。 , 2018 All Rights Reserved.