マーケティング心理学

【ストループ効果】Webサイトで避けたい混乱を招く原因

ストループ効果

人は同時に2つの異なる情報がぶつかり合ってしまうことに対して、嫌悪感やストレスを感じます。このような現象を「ストループ効果」と言います。

例えばWebサイトの場合、「激安腕時計!」という広告文を読んでクリックしたのに、開いたページが高級感漂うサイトだったとしたら、「あれ、サイトを間違えたかな?」と、すぐにそのページを閉じるということが起こります。

「激安のイメージ」と「高級感のイメージ」、2つの異なる情報が干渉しあった結果です。

Webサイトをつくる時には、コンバージョン率を下げないためにも、このストループ効果に陥らないように気をつける必要があります。

スポンサード リンク

ストループ効果とは

ストループ効果(Stroop effect)とは、心理学の専門用語のひとつで、「言葉の意味」と「言葉の状態」に矛盾がある場合に生じる心理現象です。同時に存在する2つの情報がお互いに干渉しあうことで脳が混乱し、その情報を認知するのに時間がかかることを言います。

1935年に、心理学者のジョン・ストループ氏によって報告されたことから「ストループ効果」と呼ばれるようになりました。

ストループ効果は、応用すれば「脳トレ」に効くとしてよく用いられていますので、一度は目にしたことがあると思います。例えば、つぎのような問題です。

ストループ効果の例

下に4つある「文字」を、左から順に声に出して読んでください。

ストループ効果のテスト

正解は左から、「くろ」「き」「あか」「あお」です。

なんだか違和感を覚えたのではないでしょうか? 黄色で塗っているのに「くろ」、赤色で塗っているのに「き」、青色なのに「あか」、黒色なのに「あお」。声に出して読むのにも、普段よりも確認する時間が必要だったと思います。

反応が遅れてしまうこと、これがストループ効果です。

ではもう一問です。

今度は、下に4つある文字に塗っている「色名」を、左から声に出して読んでください。

逆ストループ効果のテスト

正解は左から、「くろ」「あお」「き」「あか」です。

いかがでしたか? 脳が混乱して、答えるのに時間がかかったと思います。こちらは逆ストループ効果と呼ばれます。

ストループ効果の原因

このような違和感は、文字の「色」と文字の「意味する色」が異なることが原因で起こります。

色は右脳で認識して、文字は左脳で認識すると言われています。この2つは認識する速度が異なり、答える速度も異なるために、正しく認識して答えを出すのに時間がかかるとされています。

ストループ効果や逆ストループ効果は、文字を認識することで起こります。ですので、まだ文字を読めない子供や、意味がわからない外国語の場合にはこのような現象は起こりません。

その他のストループ効果の例

ストループ効果は、文字の「色」と文字の「意味する色」だけに起こるものではありません。すでに認識していることと違う場面に遭遇した時にも起こります。

例えば、下のようなトイレの表示があったとしたら、あなたは違和感を覚えませんか?

その他のストループ効果の例:トイレの表示

一般的なトイレ表示では、男性は「青や黒」、女性は「赤やピンク」が用いられています。日本人であればこの認識は持っていると思います。すでに認識していることなので、違うものがあった場合には違和感を覚えます。

つづいて、下のような表示があった場合はどうでしょうか?

その他のストループ効果の例:止まれと進め

こちらも一般的には信号機のイメージから、「止まれ」は赤色、「進め」は緑(青)色という認識がありますよね。ですので、この表示が正しいものかどうかに迷いが生まれてしまいます。

このように、一般的に認識されている色とは違う色をWebサイトで使ってしまうと、閲覧者を混乱させてしまいます。

色以外のストループ効果の例

方向に関しても、多くの人がすでに持っている認識があります。

多くの人は右側を「未来」、左側を「過去」として認識しています。何かのグラフを思い出してもらえばわかりますが、時間経過は右に行くほどに進行しますよね。そのため、下のような表記があった場合には違和感を覚えます。

ストループ効果:方向

文字のデザインに関しても、ストループ効果が起こります。

一般的に、太い文字は「男性的で力強さ」を、細い文字は「女性的で繊細さ」をイメージします。そのため、下のような文字でメッセージが書かれていると、内容がイメージしにくくなります。

ストループ効果:文字の太さ

Webマーケティングでのストループ効果の注意点

ストループ効果の違和感は、ストレスに変わります。

人はストレスを感じる環境からは離れようとします。つまり、整合性の取れていない情報を閲覧者に与えてしまうと、すぐにWebサイトを離脱されるということが起こります。

そのため、Webサイトやバナー広告では、なるべく違和感を抱かせさせないように注意する必要があります。

例えば、腕時計のサイトなのに、ファーストビューに腕時計のビジュアル(写真)が一切ないと、不自然さを感じます。「高級」を謳っていながら「激安」のイメージを漂わせる色使いだと違和感を覚えます。

電話での問い合わせを促しているのに、対応時間を記載していないと違和感を覚えます。電話番号よりもFAX番号の方が大きいと違和感を覚えます。

大人気だと謳っていながら、紹介する事例が少なかったり、使っている写真に人があまり写っていないと違和感を覚えます。希少性をアピールしているのに在庫数が多かったり、「すぐになくなる」と謳っていながら、いつまで経っても存在していると違和感を覚えます。

Webサイトでの違和感は不信感につながります。ですので、閲覧者に与えている情報の内容とビジュアルが異なっていないかを、第三者の目線でチェックすることが大切です。

まとめ

ストループ効果とは、2つの異なる情報が同時にぶつかり合うことで、ストレスが生まれる心理現象です。

Webサイトでは、閲覧者に与える情報は整合性が取れている必要があります。整合性が取れていないと、コンバージョン率の低下や、余計な離脱を招くことにもつながります。

あなたのWebサイトでは、閲覧者がストループ効果に陥るようなつくりにはなっていませんか? もしもコンバージョン率が思ったよりも低いなら、情報が干渉していないかを、一度チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる