マーケティングで仕組みづくり

競合他社を分析チェックする!差別化する時の3つのポイント

競合他社 を分析チェックする時の3つのポイント

お客さんは他の競合他社ではなく、なぜ、あなたから商品やサービスを買うのでしょうか? その理由を正しく理解されていますか?

もしも理解できていないと、知らない間にどんどんお客さんを競合他社であるライバルに奪われてしまうかもしれません。お客さんを奪われないためには、競合他社と自社との違いを明確にしておく必要があります。

そのためには、数ヶ月に一度は競合他社の分析チェックをするようにします。ライバルになりそうな競合他社を、最低5サイトほどリサーチしてみてください。

スポンサード リンク

競合他社を分析チェックする時の3つのポイント

競合他社を分析する時に見るポイントは、次の3つです。

  1. ターゲット:どんなお客さんを相手にしているか
  2. ベネフィット:どんな満足感を提案しているか
  3. オファー:どんな条件で商品・サービスを提供しているか

1. ターゲット

競合他社がターゲットにしているお客さんを想定してみます。

あなたがターゲットにしているお客さん像(ペルソナ)と、どんな違いがありますか?

関連記事:ペルソナとは?マーケティングで本当に使える理想の顧客像の作り方

同じ商品・サービスを扱っているのなら、競合他社のペルソナはあなたのペルソナと同じ可能性があります。ただし、競合他社のWebサイトのイメージやメッセージ(文章)で、少しの違いが見えてくると思います。

例えば、青系などの寒色や白黒の無彩色を使っているなら、男性をターゲットにしていると考えられます。ピンクやオレンジなど淡い暖色を使っているなら、女性をターゲットにしていると考えられます。

さらに探っていきます。

どんな地域の人を対象にしてますか?

地域密着型ですか? それとも全国的に展開していますか?

どんな悩みを抱えた人を対象にしていますか?

ちょっとした悩みを抱えている人ですか? 大きな悩みを抱えている人ですか?

どんな目標を持った人を対象にしていますか?

小さな目標を望む人ですか? 大きな目標を望む人ですか?

どんなレベルの人を対象にしていますか?

初心者を対象にしていますか? 上級者を対象にしていますか?

競合他社が想定しているお客さん像(ペルソナ)を考えてみてください。もしも競合サイトのペルソナが分かりづらいようなら、競合他社はペルソナを想定できていないということです。

あなたのWebサイトでペルソナさえ正しく設定できれば、それだけでお客さんにとって分かりやすいサイトに改善できます。

2. ベネフィット

競合他社はターゲットに対して、どんなベネフィットをメインのメッセージにしていますか? ベネフィットとは、提供している商品やサービスを買うことで手に入る体験や感情のことです。

関連記事:ベネフィットとは?マーケティングで重要な意味とメリットとの違い

機能的なことをメインのメッセージにしてますか?

安い・早い・軽い・使いやすい・便利などの機能面について

情緒的なことをメインのメッセージにしてますか?

安心感・開放感・高級感・充実感・面白いなどの感情面について

自己表現をメインのメッセージにしていますか?

自分らしくいられる・自分に価値が感じられる・なりたい自分に近づけるなどの精神面について

あなたが発しているメッセージと、どんな違いがありますか?

関連記事:コピーを書くなら知っておきたい3種類のベネフィット

3. オファー

競合他社はターゲットに対して、どんな条件で商品・サービスの提案をしていますか?

ビジネス用語では、オファーとは売り手と買い手の取引条件のことを言います。マーケティングを考える際には、一般的に「特典」のことを指します。

関連記事:オファーとは?マーケティングで超重要な売上アップの基本形14種類

価格やサービス、保証内容などはどんな違いがありますか? また、ターゲットにとってどれほど魅力的なものになっていますか?

競合他社を分析チェックした後の考察ポイント

3つのポイントをチェックすることで、競合とあなたとの違いがわかると思います。

あなたの想定する理想のお客さんから見て、それぞれの競合が、あなたのサイトよりも魅力的に感じる部分はどこか、あなたのサイトの方が魅力的に感じる部分はどこかを考えてみてください。

競合他社と差別化ができているかどうか

もしも3つとも競合他社と同じような要素になっているのなら、差別化ができていないことになります。

同じ条件であなたがライバルに圧倒的に勝っているのなら大丈夫ですが、もしもそうでないのなら、どこかを変える必要があります。

自分自身を客観的に見ることは難しいですが、あなたが弱みだと思っているだけで、お客さんから見れば魅力的な部分はないか? または、魅力的に変換できる部分はないか? を考えてみてください。

自分の強みを強化する

例えば、オファーで競合に劣っていると感じたら、その他の要素で競合他社に勝てる部分はないか、ターゲットやベネフィットを変えることで、勝てる可能性はないかを探してみてください。

競合他社との差別化を図る際には、USP(あなただけが発信しているメッセージ)を考えることも大切です。

関連記事:USPとは?ライバルを引き離すマーケティングコンセプトのつくり方

競合他社に負けている部分に対抗するのではなくて、勝てそうな部分を見つけて強化するのがポイントです。競合他社の不得意な部分や、やっていない部分があればチャンスです。

まとめ

あなたがオリジナリティのある商品を扱っていれば、競合他社をチェックする必要はありません。

ですが、競合他社が多いのであれば、競合をチェックすることで差別化できるようにしてみてください。また、強みや弱みは「お客さんから見てどうか?」ということを忘れないことが大切です。

この記事が役に立ったら
\いいね !/

Twitter で
Pocket
LINEで送る

スポンサード リンク

こちらの関連記事も読まれています

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる