マーケティング心理学

アンカリング効果とは?ウソでも商品価値を上げる悪用厳禁の行動経済学

アンカリング効果は、マーケティングやコピーライティングでは当たり前のようによく使われている心理効果です。

この心理効果は、売りたい商品を売りたい価格で、あるいはそれ以上の価格でも売ることができてしまう、悪用厳禁の行動経済学です。

アンカリング効果がわかる実験をしますので、ちょっと考えてみてください。

ここに一冊の古い本があります。第一印象でかまいませんが、この本は10,000円よりも高いと思いますか? それとも安いと思いますか?

アンカリング効果の実験

では、この本はいくらぐらいだと思いましたか? あなたが考えた価格に近いものを選んでみてください。

  • A:12,500円
  • B:7,500円
  • C:2,500円

あなたが考えた価格に近かったのは「B」、もしくは「A」ではないですか? もしそうなら、その判断は「アンカリング効果」によるものです。

アンカリング効果とは、簡単に言うと「最初に見る数字や印象が、その後の判断に影響を与える」という心理現象です。意図して使えば、売り手が買い手の判断を操作できてしまいます。

この記事を読めば、ウソでも商品の価値を上げる方法がわかります。ですので、悪用を考えている人は、この先は読まないようにしてください。

スポンサード リンク

アンカリング効果とは

ここまで読んでくれているということは悪用しない人だと思いますので、安心してお話ししていきたいと思います。

アンカリング効果(anchoring effect)とは、最初に提示された特徴や数値が基準点となって、意思決定や判断に影響を及ぼす心理傾向のことです。簡単に言うと、「最初に見たものが影響する」という心理現象です。

物事を評価するにあたって、無関係なはずの要素に影響を受けてしまう認知バイアスのひとつです。

このアンカリング効果は、1974年に『サイエンス誌』で、プロスペクト理論で有名な行動経済学者のダニエル・カーネマン氏(Daniel Kahneman)と心理学者のエイモス・トヴェルスキー氏(Amos Tversky)の論文によって発表されました。

アンカリング効果の語源

アンカリング効果の「アンカー」とは、船の錨(いかり)のことです。船はアンカーを海底に降ろすことで、アンカーでつながっている範囲から離れられなくなります。

人の判断力も同じで、最初に提示された特徴や数値がアンカー(基準点)になることで、思考がアンカーの影響から離れられなくなることを例えています。

冒頭の本の質問では、最初に「10,000円」という数値を見たことで、「10,000円」がアンカー(基準点)となったんですね。そのために価格を考える際は、10,000円に影響された価格を考えやすくなったということです。

ですので、もしも最初にした質問が、「この本は1,000円よりも高いと思いますか? それとも安いと思いますか?」だったとしたら、あなたが考えた本の価格は「C:2,500円」に近くなったと思います。

アンカリング効果の実験例

もうひとつ、アンカリング効果がわかる実験例をご紹介します。ある被験者グループには、つぎの計算問題の答えを、5秒以内で推測してもらいました。

8×7×6×5×4×3×2×1=?

実験結果では、推測した答えの中央値は「2,250」でした。

別の被験者グループには、つぎの計算問題の答えを、同様に5秒以内で推測してもらいました。

1×2×3×4×5×6×7×8=?

こちらの実験結果では、推測した答えの中央値は「512」でした。

両方の問題を見ればわかるとおり、正解はどちらも同じです。ちなみに正解は「40,320」です。ですが推測した答えの差は、大きく異なりました。

これは、最初に目にする数字の大きさがアンカーとなって、推測値に影響を与えたということです。パッと見では、「8×7×6・・・」の方が、「1×2×3・・・」よりも大きな数値になりそうに感じますもんね。

身近なアンカリング効果の例:不動産屋

身近に使われているアンカリング効果の例でいうと、不動産屋が物件を紹介する時のテクニックがあります。

これから不動産屋の紹介で物件を内見するときに、3件続けて回るときは注意してくみてださい。もしかしたら、不動産屋が思惑どおりに契約させるためのシナリオかもしれません。

まず1番目に見る物件は、「ちょっと手が出ないかなぁ」と悩むような家賃の高い綺麗な物件です。2番目に見る物件は、「本当に私の希望を聞いてた?」と疑いたくなるような汚い物件を見せられます。そして最後に見る3番目の物件は、唯一条件に当てはまった、そこそこの物件です。

この順番が、知覚のアンカリング効果を使った順番です。

3番目の物件だけを見たとしたら、「まぁまぁかなぁ。でも他の物件も見てみて・・・」と、あまり乗り気がしないかもしれません。ところが、1番目に見た物件の家賃がアンカーとなり、2番目に見る汚い物件とのコントラスト効果によって、3番目に見るそこそこの物件でも、すごくいい物件に見えるようになってしまいます。

コントラスト効果とは、対象を比較する際に、通常よりも大きな差を感じる心理現象です。

そして、3つの中からどれかを選ぶときには、真ん中のモノを選びやすくなる、極端の回避性(松竹梅の法則)という心理効果も手伝っています。

身近なアンカリング効果の例:価格表示

もっとも多くアンカリング効果を目にするのは、何か商品を購入するときに見る価格表示です。

実際に購入できる価格の近くに、わざわざ「参考価格」とか「希望小売価格」といった表記とともに、打ち消し線で元の価格が書いてあったりします。「参考価格:56,000円 ⇒ 価格:42,000円」といった感じです。すごく馴染みがあるのではないでしょうか。

アンカリング効果がある価格表示

アンカリング効果がある価格表示

これは、実際に購入できる価格よりも大きな価格を提示しておくことで、大きい価格がアンカーとなって、小さい価格を「安い」と感じる効果があります。

アンカリング効果がない価格表示

アンカリング効果がない価格表示

実際に払う金額は変わらないのに、アンカーがあることで、僕たちは「見えない差額」で得をしたと感じてしまいます。アンカリング効果がない価格表示と見比べてみると、どうしても「得した」ような気になってしまいますよね。「その参考価格が本当かどうかもわからないのに」です。

それほど、アンカリング効果は強力な心理効果だと言えます。

アンカリング効果のマーケティングでの使い方

アンカリング効果をマーケティングに活かすには、先ほどの例えのように、元々「10,000円」の商品でも、隣りに「希望小売価格20,000円」と、打ち消し線を入れておくことで、「安い」と感じてもらうことができます。

ただし、このようなアンカリング効果が有効なのは、相場がわからないような商品・サービスの場合です。一般に知れ渡っているような商品なら、調べれば市場価格の相場はすぐにわかります。

アンカリング効果を悪用したケース

アンカリング効果を悪用して失敗した、こんなケースがあります。

ある野球チームが優勝した時に「優勝記念セール」と称して、10個入りのお菓子の通常価格を12,000円として、77%引きの2,760円で販売したECサイトがありました。一見すると、大幅値下げですごく得したような気がしますよね。ですが、こんなことをしても消費者は騙されませんでした。

なぜなら、消費者にはそれぞれ「この商品ならこれくらいの値段だろう」という判断基準(参照価格と言います)を持っているからです。普通に考えたら、10個入りのお菓子が12,000円なんて、ちょっと考えられないですよね。

そのため、相場がわかるような商品にウソをついた価格表示でアンカリング効果を使っても「元の値段がこんなに高いわけないだろう」と、すぐに見破られます。当然、「優勝記念セール」を行ったECサイトも問題になりました。

このような、不当に通常価格を引き上げて、アンカリング効果を狙った価格表示は「二重価格表示」と呼ばれ、景品表示法に反しています。

二重価格表示の基本的な考え方や具体例は、消費者庁のホームページで確認してみてください。
参照サイト:消費者庁/表示対策

アンカリング効果を使ったメニュー表の見せ方

「最初に目にする数字が印象に残る」ということを利用すれば、メニュー表の見せ方にも応用できます。

例えば、レストランのドリンクメニュー表では、一番高い飲み物を一番上に記載して、下に行くほど安い飲み物を記載します。100,000円が一番高いワインだったとしたら、100,000円のワインを一番上に記載しておきます。すると、一番下に記載した1,000円の飲み物でも、安く感じる効果があります。

反対に、安さを売りにした居酒屋のドリンクメニュー表では、一番安い飲み物を一番上に記載します。そうすることで、「総額は安いだろう」という心理が働いて、何度もドリンクをオーダーしてもらいやすくなります。

アンカリング効果の実験例のように、「1×2×3・・・」という小さな数字を最初に見ることで、合計しても「8×7×6・・・」よりも小さな数値になりそうに感じるということですね。

アンカリング効果のコピーライティングでの使い方

価格表示以外でアンカリング効果を使うには、コピーライティングで商品の価値を引き上げるようにします。

例えば、39,800円の自転車を販売するとします。

一般的な自転車に対する参照価格は、僕の場合は20,000〜25,000円くらいです。これ以上の値段なら「高い」と感じますし、これ以下の値段なら「安い」と感じます。

39,800円の自転車を売るために価格表示でアンカリング効果を使えば、「希望小売価格75,000円 ⇒ 39,800円」と表示することで安いと感じてもらうことはできます。

ですが、僕のような参照価格が20,000〜25,000円の人の場合は、39,800円でも高く感じます。そこで、コピーライティングで商品の価値を引き上げ、「この自転車なら39,800円でも安い」と感じてもらうようにします。

例えば、つぎのような説明を加えます。

この自転車には、8,000,000円を超える高級車にも採用されている最新技術が使われています。そのため、当初は250,000円での販売が予定されていました。ですが、できるだけ多くの人に乗ってもらいたい思いから、75,000円での発売となりました。今回はさらに特別な価格でのご提供になります。
希望小売価格75,000円 ⇒ 39,800円

このように、最初に8,000,000円や250,000円という大きな数字を見せてアンカーにすることで、この自転車の価値が上がるようにします。基準点(アンカー)が移動すれば、39,800円でも安いと感じるようにできます。

すでにおわかりのとおり、この大きな数字は、本当の数字である必要があります。商品に関わる大きな数字を探し出して、コピーライティングにうまく入れます。

アンカリング効果は単位を揃えなくても効果がある

「安い」と感じてもらうために使う大きな数字は、値段である必要はありません。たとえ単位が違っても、「大きな数字」を最初に見ることでアンカーになります。

例えばこんな実験がありました。

「100」「1,000」「10,000」と書いてあるカードのくじを一枚引いてもらい、その後ボールペンの価格を予想してもらったところ、小さな数字を引いた人は低い価格を予想する傾向がありました。一方の大きな数字を引いた人は高い価格を予想する傾向がありました。

さらにボールペンの品質について評価してもらったところ、小さな数字を引いた人は「書き味が悪い、安っぽい」といった意見があり、大きな数字を引いた人は「高級感がある、手が疲れにくい」といった意見がありました。

この実験からわかるとおり、商品とは直接関係のない数字を見るだけでも、その後の評価も変わってしまうんですね。

まとめ

アンカリング効果とは、「最初に見る数字や印象が、その後の判断に影響を与える」という心理現象です。ウソをついても効果がある、絶対に悪用してほしくない行動経済学です。

マーケティングに応用するには、売りたい価格よりも大きな数字を最初に見せることで、相対的に「安く」感じてもらうことができます。数字は価格に関するものである必要はありません。

あなたの商品・サービスの価値を上げるには、商品にまつわる大きな数字を探し出して、コピーライティングに取り入れてみてください。

コントラスト効果を知っておくと、より効果的にアンカリング効果を使えるようになります。

Next⇒「【コントラスト効果】恋愛やマーケティングに効くギャップの心理学

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる