マーケティングで仕組みづくり

6R|ターゲティングを正しく進めるフレームワーク「6つの指標」

セグメンテーションとターゲティングの 6R

STP分析の一番目と二番目に登場する、セグメンテーションとターゲティングを正しく進めるためには、「6R」と呼ばれる6つの指標があります。

STP分析とは、次の3つの要素からなる、マーケティング戦略のフレームワークです。

  • Segmentation(セグメンテーション):市場を細分化
  • Targeting(ターゲティング):顧客層を絞る
  • Positioning(ポジショニング):No. 1の場所を陣取る

マーケティングを優位に進めるためには、STP分析であなたのビジネスを独自のポジションに配置することが大切です。

マーケティング活動を優位に進めるセグメンテーションとターゲティングのために、6つのチェックポイントを確認してみてください。

スポンサード リンク

セグメンテーションとターゲティングのフレームワーク「6R」

セグメンテーションとターゲティングを正しく進めるための「6R」とは、次の6つの指標です。

  1. Realistic Scale:市場規模
  2. Rival:競合
  3. Rate of Growth:成長性
  4. Rank/Ripple Effect:顧客の優位順/波及効果
  5. Reach:到達可能性
  6. Response:測定可能性

1. 市場規模は小さすぎないか?(Realistic Scale)

市場規模は大きいほど魅力的です。

その反面で、市場規模が大きくなるほど競合は多くなり、新規参入が増えやすいというマイナス要素があります。

ビジネスを成功させるためには、ターゲットを小さく絞ることが有効です。ですが、そのビジネスが成立する最低限の顧客を獲得できるセグメントである必要があります。

なぜなら、利益が出ないほどの小さすぎる市場規模の場合は、マーケティングの意味がなくなってしまうからです。

例えば、あなたが『頭痛専門の整体院』として開業する際には、市場規模がどれほどなのかを確認しておく必要があります。

2. 競合は強くないか?(Rival)

あなたが選ぶ市場は、競合の少ないブルーオーシャンであることが理想的です。

すでに競合がその市場で大きな地位を占めている場合は、参入へのコストが膨らむことが多く、また、勝てる要素が少なくなってしまうからです。

例えば、『頭痛専門の整体院』のライバルの数は、どれほどいるのかを確認しておく必要があります。同じ地区にライバルが多かったり、強力なライバルがいるのであれば、同じ内容で勝負をするのは避けた方が良いかもしれません。

3. 市場に成長性はあるか?(Rate of Growth)

たとえ小さな市場でも、誕生したばかりでこれから成長していく市場であれば、利益を獲得できるチャンスになります。反対に、衰退している市場や、今後の成長が期待できない市場であれば、避ける方が無難です。

例えば、『頭痛専門の整体院』はいつ頃から浸透し始めたのか? 市場としてどのように伸びているのかを確認する必要があります。

プロダクトライフサイクルの図

プロダクトライフサイクルの図

関連記事:プロダクトライフサイクルとは?弱者が取るべきマーケティング戦略

4. 優先度は高いか?(Rank/Ripple Effect)

ターゲティングの際には、周囲への影響力が強いセグメントや、メディアが注目しそうな市場の優先度を高くします。なぜなら、口コミ効果や波及効果が期待できるからです。

そういった層は、イノベーター理論でいうところの、イノベーターやアーリーアダプターにあたります。「フォロワー」や「インフルエンサー」とも呼ばれます。

例えば、どんな人が『頭痛専門の整体院』をよく利用し、口コミをしてくれそうかを考えて、優先度を高くします。

イノベーター理論の図

イノベーター理論の図

関連記事:【イノベーター理論】市場に普及させる5つのマーケティング戦略

5. 到達可能性に問題はないか?(Reach)

地理的に遠くて、ターゲット層に商品・サービスが届けられなかったり、宣伝が届かなかい場合は、ターゲットにしないようにします。

たとえセグメントした市場が大きくて、ライバルも少なく、成長性があって魅力的だったとしても、マーケティングが不可能だからです。

例えば、地理的に遠すぎる人に『頭痛専門の整体院』を宣伝しても、効果はありません。

6. 反応を測定することは可能か?(Response)

実行したアクションに対して、どのような効果があったのかを測定できることが望ましいです。測定できなければ、管理することや改善することができないからです。

広告の宣伝効果や、商品・サービスの満足度の調査ができれば、マーケティングのフィードバックに活かすことができます。

例えば、無差別にチラシを撒いて『頭痛専門の整体院』の宣伝をしたとしても、どの地区の人からの反応が多いとか、どの世代の人からの反応が多いといった数値を測定できなければ、宣伝活動の改善ができません。

まとめ

以上、セグメンテーションとターゲティングを正しく進めるフレームワーク「6R」について解説しました。

6Rとは、次の6つの指標です。

  1. 市場規模は小さすぎないか?
  2. 競合は強くないか?
  3. 市場に成長性はあるか?
  4. 優先度は高いか?
  5. 到達可能性に問題はないか?
  6. 反応を測定することは可能か?

この6つの指標を元に、あなたにとって有利に進められるセグメンテーションとターゲティングを考えてみてください。

この記事が役に立ったら
\いいね !/

Twitter で
Pocket
LINEで送る

スポンサード リンク

こちらの関連記事も読まれています

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる