マーケティング

【キャズム理論】マーケティングの深い溝を乗り越えるには?

キャズム理論

イノベーター理論に沿ってマーケティング活動を行っていても、「ある時期から商品の売れ行きが悪くなった…」ということが起こる場合があります。

それは、キャズム理論でいう「深い溝」に入ったのかもしれません。

キャズム理論は簡単に言うと、「ハイテク業界では、流行を早く取り入れる層と、流行を遅く取り入れる層とでは価値観が大きく違う」というマーケティング理論です。

あなたが扱う商品・サービスが、ライフスタイルを大きく変えるような革新的なモノの場合は、キャズム理論を知っておくことで「売れなくなる原因」がわかり、正しいマーケティングができるようになります。

イノベーター理論のおさらいと、キャズム理論を乗り越える方法についてお話しします。

スポンサードリンク

イノベーター理論の大切なポイントをおさらい

エベレット・M・ロジャーズ氏が提唱したイノベーター理論では、消費者は「イノベーター」「アーリーアダプター」「アーリーマジョリティ」「レイトマジョリティ」「ラガード」の5つのグループに分類されます。

イノベーター理論の図

イノベーター理論の図

イノベーター理論では、新商品や新サービスが市場全体に浸透するには、アーリーアダプターにまで浸透すれば、急激に市場に普及していくとしています。アーリーアダプターは世間一般の考え方に近いので、彼らに新商品が受け入れられれば、次のグループであるアーリーマジョリティに浸透していく、という考え方です。

そのためイノベーター理論では、マーケティングをする際にはアーリーアダプターの存在が一番重要視されます。これを「普及率16%の論理」と言います。

イノベーター理論の詳細については「【絶対必要な知識】イノベーター理論で学ぶ5つのタイプ別攻略」の記事で解説しています。

キャズム理論とは

キャズム理論の図

キャズム理論の図

キャズム理論とは、ハイテク業界が新技術を市場に浸透させる際には、イノベーター理論における、イノベーターとアーリーアダプターで構成される「初期市場(少数の革新者層)」と、アーリーマジョリティやレイトマジョリティで構成される「メインストリーム市場(一般層)」には、簡単には超えられない深い溝(Chasm:キャズム)が生じることを提唱した理論です。

簡単に言うと、「ハイテク業界に限っては、流行を早く取り入れる層と、流行を遅く取り入れる層とでは価値観が大きく違う」というマーケティング理論です。

アメリカのマーケティング・コンサルタントであるジェフリー・A・ムーア氏(Geoffrey A. Moore)が、1991年に著書『Crossing the Chasm』(邦訳『キャズム』)で提唱しました。

ハイテク業界とは、コンピューター・バイオテクノロジー・ロケットなど高度な技術や先端的な技術を中心にした先端産業のことを指します。現在の一般人が手にする機会があるハイテク業界とは、おもにコンピューター業界のことです。

例えば、コンピューターの技術が入ったゲーム、パソコン、スマートフォン、コンピューターソフト、アプリケーションサービスなどです。今後はコンピューターの技術が入ったテレビや冷蔵庫、電子レンジといった、日常生活に必要なアイテムもますます増えてくると思います。

なぜキャズム(深い溝)が生まれる?

キャズム理論によると、ハイテク市場においてアーリーアダプター(イノベーターを含む初期市場)が新しい商品を購入する理由は 、「新しさ」です。商品がもたらす便利なメリットについても着目しますが、まだ誰も使っていない新しいモノだからこそ、他の多くの人よりも一歩進んでいることに価値を感じて購入します。

一方のアーリーマジョリティ(レイトマジョリティを含むメインストリーム市場)がハイテク市場での新しい商品を購入する理由は、「安心感」です。大勢の人が使っているという安心感があって、時代に取り残されたくない思いから購入を決定します。

この2つの層では、購入にあたっての価値観が全く異なります。そのため、2つの層にはキャズムが生まれるとしています。

イノベーター理論での「普及率16%の理論」は、ムーア氏に言わせると「たった16%の層が購入したくらいでは、確実性を求めるメインストリーム市場にとっては安心材料にはならない」ということです。

このため、キャズムを超えるためにはアーリーアダプターへの普及を考えるだけではなく、アーリーマジョリティへのマーケティングが重要だと説いています。

なぜハイテク市場でキャズムが生まれる?

ハイテク業界の新技術は、今までのライフスタイルを一変させる「大きな力」があります。

例えば、スマートフォンの登場は、携帯電話の機能の他に手軽にインターネットができるようになりました。当時のインターネットと言えば、自宅のパソコンで行うことが普通でした。それが今や、調べものはスマートフォンでするのが当たり前の生活になりました。

またFacebookの登場は、 偽名(ハンドルネーム)が当たり前だったインターネットの世界に、本名でのやり取りという新しい概念が生まれました。SNSの登場によって、友人との付き合い方にも変化が生まれました。

キャズムの正体は「大きな力」への不安

人は未知なモノには不安を抱きます。特に、自分の価値観が変わるかもしれないような「大きな力」は、普通の人にとっては恐怖でしかありません。

例えば、100年以上昔にさかのぼれば、当時のハイテクであった「カメラ」という新しい技術は、「魂を吸われる」という疑いを持たれ、多くの人は写真に撮られることを嫌がったと言います。今となってはあり得ないような感覚ですが、当時の人にとっては「カメラ」という新しいモノの存在は、恐怖だったということですね。

多くの人は、新しい価値観をなかなか受け入れられないという普通の感覚を持っています。たとえそれが便利なものであってもです。

そのため、ライフスタイルを一変させるような「大きな力」を持つハイテク市場では、新しいモノを積極的に取り入れる少数の革新者層と、普通の感覚を持つ一般層とでキャズムが生まれやすくなります。

キャズムを乗り越えるには

キャズムが生まれる理由がわかれば、キャズムを乗り越えるヒントが見えてきます。

キャズムを乗り越えるためには、初期市場とメインストリーム市場を分けて考える必要があります。2つの層では求めるものが違うので、初期市場で訴えていた「最先端」や「新技術」は、メインストリーム市場では「使いやすさ」や「安心感」に変えることが大切です。

生活を一変させることを訴える大胆なキャッチコピーは使わず、生活に溶け込んでいる身近なものに例えて、ほんの少し便利になることをアピールします。そのためには、商品・サービスのバリエーションや仕様を少し変える必要があるかもしれません。

まとめ

キャズム理論とは、ハイテク業界において流行を積極的に取り入れる層は「新しさ」を求め、流行を消極的に取り入れる層は「安心感」を求めるので、2つの層は価値観が全く違うことを提唱した理論です。

キャズムを乗り越えて商品を市場に浸透させるためには、「イノベーター理論」の記事に書いたとおり、それぞれの層の価値観に合わせたマーケティング戦略が必要です。

キャズム理論は、ハイテク市場や全く新しい分野の商品について当てはまります。反対に、成熟した市場には該当しません。そのため、成熟した市場の新しい商品が「売れないのはキャズムのせいだ」と思っても、それは単純に商品に魅力がないだけかもしれません。

Pocket

スポンサードリンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる