コピーライティング

あなたの文章の表現力が劇的にアップする便利ツール9選

文章の表現力 を上げるお役立ちツール

文章の表現力を向上させるためには、本を読みまくって語彙力を増やし、実際に書きまくることで鍛えることができます。

とは言え、「手っ取り早く文章力をアップさせたいんだよなぁ・・・」という悩みがあったりしませんか? そんな時は、表現方法を調べるツールを使うと便利です。

この記事では、情景が伝わる文章にするために役立つツールを9つご紹介します。『言葉』選びの時間短縮と、文章の表現力を上げたい時に使ってみてください。

スポンサード リンク

文章の表現力が劇的にアップする便利ツール9選

  1. 連想類語辞典(Webサイト)
  2. 日本語表現インフォ(Webサイト)
  3. 対義語・反対語辞典(Webサイト)
  4. 反対語大辞典(Webサイト)
  5. ネガポ辞典(アプリ)
  6. オノマトペ辞典(Webサイト)
  7. 日本語の擬態語・擬声語を英語で(Webサイト)
  8. 感情類語辞典(書籍)
  9. 擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典(書籍)

僕の独断と偏見で使いやすさを評価していますので、よければ参考にしてみてください。

1. 連想類語辞典

連想類語辞典

連想類語辞典
http://renso-ruigo.com/

使いやすさ・利用頻度:★★★★★

類語・同義語・連想語を調べられるサイトです。

別の言葉を使って何度も表現したい時や、もっと的確な言い回しが欲しい時、インパクトのある言葉に変えたい時に使うと便利です。個人的によくお世話になるサイトです。

例えば、『強烈』という言葉を「何か別の言葉で表現したいなぁ」と思った時に調べてみると、どえらい数の「類語・関連語・連想される言葉」が出てきます。

連想類語辞典の検索結果画面

用途や伝えたいイメージによって、「パワフル」「情熱的」「凄まじい」「鬼神のごとく」「アクティブ」など、いろんな表現の言葉を発見することができました。

また、検索結果で出てきたそれぞれの単語はクリックができるので、新しく出てきた単語の類語をさらに表示させることができます。類語を数珠つなぎで次々と調べられるので、「なんか新しい表現ないかなぁ・・・」という時には、必ず新しい言葉に出会えます。

イメージに合わせて言葉を変えれば、確実に表現力が上がります。

2. 日本語表現インフォ

日本語表現インフォ

日本語表現インフォ
http://hyogen.info/

使いやすさ・利用頻度:★★★★☆

「感情」「感覚」「人物」「暮らし」「風景」「食べ物」のカテゴリについて、その表現・描写を調べられるサイトです。

五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)を使った表現をしたい時や、感情の表現をいろいろ変えたい時、モノや人物の描写についてイメージを膨らませたい時に使うと便利です。

例えば『喜び』と入力してみたら、小カテゴリとして「嬉しい表情・明るい顔」「全身で喜びを感じる」「喜び+他の感情」「ガッツポーズ・ハイタッチ」「歓声・喜びの声」「糠喜び」が出てきます。

「全身で喜びを感じる」をクリックすると、『全身で喜びを感じるの表現・描写・類語』として、いろんな表現が出てきます。

日本語表現インフォ2

日本語表現インフォで調べてみることで、「喜びに震えた」「喜びに興奮した」「腰が抜けるほど面白かった」「充実感に満ちた」など、情景が浮かびやすい表現に出会うことができました。

また、こちらのサイトでは、比喩表現が使われている文章だけを調べることもできます。

例えば『笑う・笑み』をクリックしてみると、笑う・笑みの比喩を使った文章例が、「いたずらっ子のような目つきで笑う」「猫みたいな狡猾な薄笑い」「溶けそうな笑顔」など、220件も出てきました。

日本語表現インフォでは、実際に小説などで使われている表現が出てきますので、そのまま使うというよりは、アレンジして使いたいですね。

こちらのサイトを色々見ているだけでも、文章表現の語彙力が向上できるはずです。

3. 対義語・反対語辞典

対義語・反対語辞典

対義語・反対語辞典
http://hanntaigo.main.jp/

使いやすさ・利用頻度:★★☆☆☆

対義語・反対語・反意語・反義語を調べられるサイトです。バチっと言葉を対比させた文章を書きたい時や、「◯◯の逆の言葉ってなんだっけ?」って時に使うと便利です。

こちらのサイトでは、四字熟語や三字熟語、慣用句やモノの数え方も調べることができるので、正しい日本語を使いたい時に参考になります。

4. 反対語大辞典

反対語大辞典

反対語大辞典
http://hantaigo.com/

使いやすさ・利用頻度:★★☆☆☆

もうひとつ、反対語を調べるサイトです。こちらのサイトでは、英語の反対語も調べることができます。

結果の画面には、調べた言葉の前後に登録されている対義語・反対語も同時に紹介されます。五十音順で似ている言葉や、その反対語を調べたい時には便利です。

5. ネガポ辞典

ネガポ辞典

ネガポ辞典
https://itunes.apple.com/アップル用
https://play.google.com/アンドロイド用

使いやすさ・利用頻度:★★☆☆☆

スマートフォンで使える無料アプリです。ネガティブな表現をポジティブな表現に変換してくれます。

反応の出る効果的な文章を書くためには、主張したいメッセージはポジティブな表現にすることが大切です。こちらのアプリでは、ポジティブな表現をいろいろと見ることができるので、文章表現の幅が広がります。

例えば『面倒くさがり』で検索してみると、「自分の気持ちに素直」「ここぞという時全力を出せる余力がある」「やりたいこととやらなければならないことの違いを知っている」と出てきました。

ネガポ辞典の検索結果

「表現方法をツールに頼るのって、面倒くさがりがすることなのかなぁ」と思いましたが、ツールを使うということは、“やりたいことと、やらなければいけないことの違いを知っている” ってことでもあるんですね。

確かにポジティブになれます。

6. オノマトペ辞典

オノマトペ辞典

オノマトペ辞典
http://sura-sura.com/

使いやすさ・利用頻度:★☆☆☆☆

オノマトペ(擬音語・擬声語・擬態語)を調べられるサイトです。

オノマトペとは、「キラキラ光る」「ヒヒーンと鳴く」「ガタンゴトン揺れる」のような、擬音語・擬声語・擬態語のことを言います。日本語では感情や五感をオノマトペで表現することも多いので、文章に取り入れることで直感的にイメージしやすくなります。

こちらのサイトの使い勝手はイマイチな感じですが、親しみのある文章にしたい時や、感情にダイレクトに伝わる表現をしたい時にいろいろ見てみると、新たな発見があります。

例えば、カテゴリーの『感情・心理』を開いてみると、「うほうほ」「うはうは」なんて表現が出てきました。これらのオノマトペを文章にうまく取り入れれば、確実に表現力がアップして、ウハウハ気分になること間違いなしですね。

7. 日本語の擬態語・擬声語を英語で

日本語の擬態語・擬声語を英語で

英語雑貨屋/日本語の擬態語・擬声語を英語で
http://www.rondely.com/zakkaya/dic5/index.htm

使いやすさ・利用頻度:★★☆☆☆

もうひとつ、オノマトペ(擬音語・擬声語・擬態語)について調べられるサイトです。こちらは、英語の用語について総合的に調べられるサイトのカテゴリーページになります。

サイト自体の作りが古いせいか、使い勝手がめちゃくちゃ悪いのが残念なのですが、オノマトペを調べる時にはわりと優秀なのでご紹介します。(上で紹介したURL以外のページへ飛ぶと、すぐに迷子になります)

画面の下の方にあるジャンルから、例えば『元気、楽しい』のジャンルをクリックすると、「いそいそ」「うずうず」「ぴんぴん」なんて表現に出会えました。

ちなみに「いそいそ」を英語で表現すると、「happy and excited」だそうです。

8. 感情類語辞典

感情類語辞典

感情類語辞典
感情類語辞典/アンジェラ・アッカーマン、ベッカ・パグリッシ(著)

使いやすさ・利用頻度:★★★☆☆

75の感情について、身体的な状態や生理的な現象、精神的な表現を調べることができる書籍です。

例えば、『幸福』のページを開くと、外的なシグナルとして「足を大きく伸ばし、広々と構える」「進んで人にボディタッチをする」「目が踊る、輝く、光る」など、36種類の特徴が紹介されています。

項目としては、そのほかにも「内的な感覚」「精神的な反応」「強度の、あるいは長期の感情を表すサイン」「隠された感情を表すサイン」が紹介されていて、書き手のための感情を描くヒントが書かれています。

例文をそのまま使うというよりも、感情表現のイメージを膨らませるために時に使うと良い書籍です。文章表現力を上げるために使うツールって感じですね。

9. 擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典
擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典/小野 正弘 (著・ 編集)

使いやすさ・利用頻度:★★★☆☆

オノマトペ(擬音語・擬声語・擬態語)を深く調べることができる書籍です。

オノマトペが約4500語も載っているので、圧倒的な知識量を手に入れることができます。オノマトペについて調べたいなら、日本では(おそらく世界でも)この書籍が決定版です。

類似表現や使い分け、歴史についても学べますので、セールスコピーやブログ記事での表現の幅が広がるだけではなく、日本語についての理解も深まります。

オノマトペを使いすぎるのは良くないですが、わかりやすくて親しみやすい文章を心がけるなら、オノマトペの力を借りるのが最も簡単で確実な方法です。

文章表現のポイント

セールスコピーライティングやブログ記事では、小説ほどの表現力は必要ありませんが、読み手の頭の中で鮮やかにイメージできる文章にすることは大切です。

そのためには、次のような書き方を意識します。

  • 文章を視覚化できるように五感で表現する
  • わかりやすい例えを使う
  • 感情が伝わる適切な『言葉』を選ぶ

情景が伝わる書き方は、「【UPWORDSフォーミュラ】鮮明にイメージが伝わる文章の書き方」の記事でくわしく解説しています。

まとめ

文章の表現を劇的にアップさせるために役立つツールを9つご紹介しました。

あなたの文章に最適な『言葉』選びのための時間短縮と、文章の表現力がアップする手助けになれば幸いです。

この記事が役に立ったら
いいね !

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる