仕事術

5つの基本感情とは?ダライ・ラマとポール・エクマンの感情地図

5つの 基本感情 ダライ・ラマとポール・エクマンの 感情地図

感情の種類ってどれくらいあるんだろう? こんな疑問を、一度は抱いたことがあるのではないでしょうか。

この記事では、ダライ・ラマ14世と心理学者ポール・エクマン氏が2016年に作成した、5つの基本感情『楽しみ・嫌気・悲しみ・恐れ・怒り』をご紹介します。

自分の感情をコントロールするためにも、感情の種類について知っておいてください。

スポンサード リンク

5つの基本感情を表したダライ・ラマ14世とポール・エクマン

チベット仏教の指導者であり、チベット行政府の国家元首を務めるダライ・ラマ14世は、感情と表情に関する先駆的な研究を行ったアメリカの心理学者ポール・エクマン氏と共に、人間の感情を5つのカテゴリーに分け、合計46種類に分類しました。

ライ・トゥー・ミー

参照元www.fox.com

ポール・エクマン氏は、アメリカのテレビドラマ『ライ・トゥ・ミー』の主人公カル・ライトマン博士のモデルになったことでも有名な心理学者です。

『楽しみ・嫌気・悲しみ・恐れ・怒り』の5大感情の分類は、Webサイト「感情地図:Atlas of Emotions」にて公開されています。

5大感情を46種類に分類した感情地図:Atlas of Emotions

atlasofemotions.org

The Ekmans’ Atlas of Emotions

「Atlas of Emotions」で紹介されている5つの基本感情とは、2015年に公開されたディズニー・ピクサー映画『インサイド・ヘッド 』に登場する、「ヨロコビ・ムカムカ・カナシミ・ビビリ・イカリ」の5人の感情たちです。

「Atlas of Emotions」では、それぞれの感情の状態や対処の仕方などについて、簡単な説明を見ることができます。

自分の抱いている感情がどのようなものなのか、特徴や度合いなどが見た目で分かりやすく知ることができますので、ぜひWebサイトで確認してみてください。

楽しみ/ENJOYMENT

enjoyment

1狂喜
ECSTASY
非常に大きな幸福の状態
2興奮
EXCITEMENT
強力な熱意
3驚嘆
WONDER
非常に大きな驚きや、信じがたい経験
4ナチェス
NACHES
自分の子供や教え子が成長した時の誇らしい喜び
5フィエロ
FIERO
困難な挑戦を乗り越えた時の喜び
6高慢
PRIDE
自分自身の成果や、仲間の成果から得た深い喜び
7平穏
PEACE
穏やかであることの喜び
8安心
RELIEF
不快であることがなくなった時の心の落ち着き
9シャーデンフロイデ
SCHADENFREUDE
他人やライバルの不幸を楽しむ気持ち
10面白い
AMUSEMENT
遊び心のある、明るく楽しい気持ち
11同情
COMPASSION/JOY
他人の苦しみを和らげることで得られる喜びの気持ち
12喜び
REJOICING
優しさや思いやりを見たときに経験する、暖かく爽やかな気持ち
13感覚的快楽
SENSORY PLEASURE
視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の5つの感覚のうち、1つを通して得られた時の楽しさ

嫌気/DISGUST

disgust

14強い嫌悪
LOATHING
他人に向けた激しい嫌悪感、または自分自身に向けた自己嫌悪
15憎悪
ABHORRENCE
強い嫌悪と憎しみが混ざり合った気持ち
16反感
REVULSION
嫌悪感と憎しみが混ざり合った気持ち
17嫌気
REPUGNANCE
コンセプトやアイデアに対する強い嫌悪感
18嫌悪
DISTASTE
悪い味、匂い、物質、またはアイデアへの嫌悪感
19嫌い
AVERSION
嫌いなことを避けるための衝動
20苦手
DISLIKE
自分にとって得意ではない趣好

悲しみ/SADNESS

sadness

21苦悩
ANGUISH
激しい悲しみや苦しみ
22悲嘆
SORROW
苦痛と苦しみの感覚、多くの場合は喪失が原因
23悲哀
GRIEF
深い喪失の悲しみ
24絶望
DESPAIR
悪い状況が変わるという希望の喪失
25悲惨
MISERY
強い苦しみや不幸の気持ち
26落胆
HOPELESSNESS
良いことは何も起こらないという信念
27無力
HELPLESSNESS
状況が改善できないという認識
28諦め
RESIGNATION
何もできないという信念
29逸脱
DISTRAUGHTNESS
考えることを避けたくなる悲しみ
30挫折
DISCOURAGEMENT
失敗を繰り返して、できないと感じる信念
31残念
DISAPPOINTMENT
期待が満たされていない感情

恐れ/FEAR

fear

32震駭
TERROR
激しい恐怖
33恐怖
HORROR
嫌悪感とショックの混在
34パニック
PANIC
コントロールができない突然の恐怖
35自暴自棄
DESPERATION
危険を減らすことができない、やけくそな感情
36恐れる
DREAD
重大な危険を予期した感情
37不安
ANXIETY
訪れるかもしれない脅威への恐怖
38緊張感
NERVOUSNESS
危険があるかどうかわからない不確実な感情
39狼狽
TREPIDATION
危険の可能性を予期した、うろたえる感情

怒り/ANGER

anger

40憤激
FURY
制御できない暴力的な怒り
41執念
VENGEFULNESS
傷つけられたことに対して復讐したいと考える欲望
42怨み
BITTERNESS
不当な扱いを受けた時の怒り
43論争性
ARGUMENTATIVENESS
違う意見に対して反抗する気持ち
44激昂
EXASPERATION
繰り返されるか、強い迷惑によって引き起こされる怒り
45フラストレーション
FRUSTRATION
欲求が満たされない時の苛立ち
46苛立ち
ANNOYANCE
ちょっとした迷惑や不便さに対する軽い怒り

いろいろな基本感情の種類と分類

人間の感情の分類は、古代から

  • 「喜・怒・哀・楽・愛・悪・欲」とした七情
  • 「喜・怒・哀・楽・愛・憎」とした六情
  • 「喜・怒・哀・楽・怨」とした五情

など、いろいろな説が存在します。

近代では、17世紀フランスの哲学者ルネ・デカルトが、1649年に刊行した『情念論』で、人間の基本的情念は「驚き・愛・憎み・欲望・喜び・悲しみ」の6つであるとしています。

オランダの哲学者スピノザは、1677年に刊行した『エチカ』で、「喜び・悲しみ・欲望」の3つを基本的感情として、合計48種類に分類しました。

また、進化論で有名な19世紀イギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンは、1872年に刊行した『人及び動物の表情について』で、「悲しみ・幸福・怒り・軽蔑・嫌悪・恐怖・驚き」の7つを基本的感情として、合計37種類に分類しています。

20世紀アメリカの心理学者ロバート・プルチックは、「喜び・信頼・恐れ・驚き・悲しみ・嫌悪・怒り・期待」の8つを基本感情としています。

共通するのは『楽しみ・嫌気・悲しみ・恐れ・怒り』の5大感情

古代から現代までに分類された感情を見ていくと、多くの基本感情に共通する感情は「喜び・怒り・悲しみ」の3つであることが分かります。

次いで、「恐れ・嫌悪・驚き」です。

「驚き」は、はっきりとした感情が現れる前の状態を指すと考えれば、ダライ・ラマ14世とポール・エクマン氏が分類した『楽しみ・嫌気・悲しみ・恐れ・怒り』の5つの基本感情を、人間の5大感情として認識しておけば良いかと思います。

まとめ

ダライ・ラマ14世とポール・エクマン氏は、『楽しみ・嫌気・悲しみ・恐れ・怒り』の5つを人間の基本感情として分類しました。

感情をコントロールするためには、この5大感情から分類される感情たちは、どのようにして現れるのかを知っておくことも大切です。

次の記事では、どのようにして感情が生まれるのか、感情をコントロールする方法について解説します。
Next⇒ 感情をコントロールする!感情が生まれる要因と持続時間から導く答え

この記事が役に立ったら
\いいね !/

Twitter で

スポンサード リンク

こちらの関連記事も読まれています

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる