セールスコピー - ページ 4 / 6 タグ - Web活用術。

顧客心理を掴む心理学

初頭効果と新近効果とは?最初と最後で印象が変わる心理学の使い方

初頭効果 と新近効果

人に良い印象を与えたいと思った時には、初頭効果(しょとうこうか)と新近効果(しんきんこうか)の2つの心理効果を知っておくと役に立ちます。 2つの心理効果は、簡単にいうと次のひと言で表せます。 初頭効果:「第一印象が大切」 … 続きを読む

顧客心理を掴む心理学

マジカルナンバーは7ではなくて4!マーケティングで使う短期記憶の数字

マジカルナンバー

お客さんに何かを選んでもらう時には、選択肢は3つまでにした方が良いです。また、商品のおすすめポイントを並べる時には、6つ以上をあげた方が良いです。 なぜ、3や6という数字を出したのか? これには理由があります。 それは「 … 続きを読む

顧客心理を掴む心理学

【松竹梅の法則】買い物で真ん中を選ぶ心理「極端の回避性」の利用法

松竹梅の法則

 売上を伸ばしたいなら、松竹梅の法則にならって、価格帯は「3つ」にした方が良い傾向があります。2つでもなく、4つ以上でもなく、「3つ」です。 なぜ3つの価格帯で売上が上がるのかは、「松竹梅の法則」での人の心理を知ることで … 続きを読む

顧客心理を掴む心理学

アンカリング効果|商品価値を釣り上げる悪用禁止のマーケティング

行動経済学で有名なアンカリング効果とは、最初に提示された特徴や数値が基準点となって、その後の意思決定や判断に影響を及ぼす心理傾向のことです。 簡単に言うと「最初に見る数字や印象が基準点になる」という心理現象です。 まずは … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

ビジネスするなら必ず知っておきたいアーカーのベネフィット3分類

3種類のベネフィット

商品・サービスを紹介する時には、商品がもたらすベネフィットを伝えることが大切です。なぜなら、お客さんは商品そのものではなくベネフィットを買うからです。 ベネフィットとメリットの違いとは?マーケティングでの使い分け方 ベネ … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

【FABフォーミュラ】魅力を伝えるベネフィットの具体的な作り方

FABフォーミュラ

セールスコピーでは、商品の価値を伝えることが大切です。ですが、価値を伝えるための「ベネフィットのつくり方がわからない・・・」と、困った経験はありませんか? ベネフィットとは何かについては「ベネフィットとメリットの違いとは … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

初心者におすすめのセールスコピーライティングの必読本【厳選3冊+α】

セールスライティング おすすめの本

人の感情をグラグラと動かし、人に行動を促すセールスコピーライティングの技術を習得するためには、いろんな知識が必要になります。 技術は実際に書くことでしか習得できませんが、知識は本から習得することができます。 セールスライ … 続きを読む

顧客心理を掴む心理学

プロスペクト理論とは?マーケティングに応用する損失回避の法則

プロスペクト理論

1万円を手に入れる喜びと、1万円を失うショック。どちらも同じ1万円なのに、多くの人は「失う1万円」の方がはるかに大きな出来事に感じます。 このような心理の理論を、行動経済学では「プロスペクト理論」と言います。お金を扱う時 … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

【QUESTの法則】人を行動に駆り立てるライティングの正しい使い方

ランディングページに最適なQUESTの法則

売れるセールスコピーには、共通する文章の「型」があります。この「型」を公式化した有名なコピーライティングの法則に、QUESTフォーミュラがあります。 日本では「QUESTの法則」として有名なこのセールスライティングの「型 … 続きを読む