セールスコピー - ページ 5 / 6 タグ - Web活用術。

読まれるタイトルづくり

【GDTの法則】感情を刺激する9つのキーワード(3×3ヘッドラインルール)

GDTの法則

セールスライティングで成約率(コンバージョン率)を上げるためには、「いかに読み手の感情を動かすか」ということが大切な要素になります。 感情を刺激する方法のひとつに、日本では「GDTの法則」として広まっている「3×3(スリ … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

LF8 :生命の8つの力に訴えるコピーライティングの基礎

LF8:欲求に訴えるコピーライティングの基礎

人は生まれながらにして、本能のような基本的欲求を持っています。人間がここまで繁栄してこれたのも、DNAに組み込まれているとも言える、この欲求があるおかげです。 コピーライティングで人に行動を促すためには、この基本的欲求に … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

ゴールデンサークル理論に学ぶ、人を熱狂的にさせるコピーづくり

ゴールデンサークル理論で人を熱狂的にさせるコピーをつくる

熱狂的なファンをコピーで作ることができれば、“どんな商品を発売しても売れてしまう” ことが起こるかもしれません。 そんな可能性を、ゴールデンサークル理論が示してくれています。 ゴールデンサークル理論を理解することで、人が … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

ウェブセールスライティングを極めるための3つの基本的なルール

なぜウェブセールスライティングを極める必要があるのか

インターネットで集客や販売をするのなら、ウェブセールスライティングの技術は必要不可欠なものです。 なぜなら、人は感情が動いた時に行動(買い物)をするのですが、その感情を動かす手段として最も難しいのが、インターネットで使わ … 続きを読む

読まれるタイトルづくり

【キャッチコピーの作り方】間違いやすい5つのパターン

間違いやすい キャッチコピーの作り方

セールスレターやランディングページなど、読者に続きを読んでもらうためには、キャッチコピーの作り方が成功のための大きな要素になります。 キャッチコピーに続く本文を読んでもらうためには、十分な時間を使ってキャッチコピーを考え … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

知らなきゃマズい!コピーライティングとセールスライティングの違い

意外と知らないコピーライティングと セールスライティング の違い

意外と知られていないかもしれませんが、コピーライティングは大きく分けると2種類に分類できます。それは、コピーライティングとセールスライティングです。 この2つには、決定的な違いがあります。 もしもこの違いを知らずに、販売 … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

AIDMAの法則とは?購買心理の解説とセールスコピーの作り方

アイドマ の法則で簡単にセールスコピーを作る

消費者が商品の認知から購買に至るまでの心理的プロセスをモデル化したものに、「AIDMAの法則(アイドマの法則)」があります。 おもにマスメディア広告を作る際に参考にしたいこの消費者行動モデルは、商品・サービスを販売する立 … 続きを読む

マーケティングで仕組みづくり

オファーとは?マーケティングで超重要な売上アップの基本形14種類

オファー の重要性

商品やサービスを販売する際に、理想のお客さん像(ペルソナ)を決めたら、次に考えることが「オファー」です。 オファーが違うだけでも、成約数は大きく変わります。ですので、マーケティングにとっては非常に重要な要素です。 同じ商 … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

ニーズとウォンツの違いと関係性とは?マーケティングでの使い方

ニーズとウォンツ

マーケティングにおいてのニーズ(Needs)とは「必要性」、ウォンツ(Wants)とは「欲求」のことを言います。 そして商品販売の際には、ニーズではなくウォンツに訴えることが大切です。 なぜなら、世の中の経済活動のほとん … 続きを読む

人を動かすコピーライティング

ベネフィットとは?マーケティングで重要な意味とメリットとの違い

ベネフィット とは何か?コピーライティングで最も重要な要素

商品やサービスを販売するためには、ベネフィットを伝えることが大切です。これは恋愛や面接などで、自分をアピールする場面でも同じことが言えます。 商品の特徴やメリットだけを伝えても、お客さんは商品を欲しいとは感じません。ベネ … 続きを読む