コピーライティング

【PREP法】プレゼンに最適な文章の書き方とブログ記事の応用例

PREP法

ビジネス文書やプレゼンの場面でよく使われる文章の雛形に、PREP法(プレップ法)があります。簡潔に要点がわかり、説得力も生み出す、とても優秀なフォーマットです。

PREP法は、次の4つの要素の順番で構成される文章のことです。

  • Point:要点
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:要点

それぞれの要素の頭文字を取って、PREP法と名付けられています。ちなみに「Prep」は、直訳すると「準備」という意味があります。

プレゼンだけでなく、ブログ集客をする際の記事の書き方としても使うことができますので、ぜひ使い方をマスターしてみてください。

スポンサード リンク

PREP法 (プレップ法)とは

PREP法(プレップ法)は、プレゼンテーションやビジネス文書など、わかりやすく簡潔に説明する場面や、セミナーや教育の場面でも使われるフォーマットです。

もしも、要件を伝えることや文章を書くことに慣れていない場合は、読んでいても要点がつかめず、最後まで読む気になれない文章になってしまいがちです。そうなると、相手は途中で集中が途切れてしまい、伝えたかったことが正しく伝わらないことになります。

PREP法の構成で文章を書けば、最後まで読んでもらいやすく、簡潔で説得力のある文章にすることができます。

PREP法の書き方

PREP法は、次のような構成で書き進めます。

  • Point(要点):最初に要点、結論を言います。
  • Reason(理由):結論に至った理由を説明します。「なぜなら」を使うと、説明しやすくなります。
  • Example(具体例):結論に至った理由を、事例や具体例を用いて詳しく説明します。「例えば」を使うと、わかりやすく説明することができます。
  • Point(要点):最初に言った結論を、最後にもう一度言います。理由や具体例をふまえたうえで、再び要点としてまとめます。

なぜこのような構成が良いのか? それには、次のような理由があります。

PREP法の優れたメリット

PREP法には、3つの優れたメリットがあります。

  1. 時間のロスを防げる
  2. 話の理解が深まりやすい
  3. 要点が記憶に残りやすい

1. 時間のロスを防げる

PREP法の利点の1つめは、結論を最初に言うことで、時間のロスを防げることてす。

ビジネスの場面では、時間を無駄にすることはマイナスでしかありません。なるべく短時間で概要を理解したいので、要点は最初に伝える必要があります。

ブログ記事にしても、読者はダラダラとした記事を読みたいとは思っていません。読者は、最初の数行で興味がなくなればすぐに離脱してしまいます。

ですので、最初に記事の要点を話すことはすごく有効な構成です。

2. 話の理解が深まりやすい

PREP法の利点の2つめは、最初に結論を言うことで、そのあとに説明する理由や事例の理解が深まりやすいことです。

話の流れを「起承転結」にした場合、結論は最後に出ることになります。その場合、聞き手は最後まで集中力を切らさずに話を聞く必要があります。

どんな結論に至るのかわからないまま事例を紹介したとしても、聞き手はモヤモヤした状態で話を聞くことになり、ストレスがかかりやすくなってしまいます。

PREP法で最初に結論がわかっていれば、紹介する事例も、結論に至る理由の追加情報ということがすぐにわかります。ですので話の理解も深まりやすくなります。

3. 要点が記憶に残りやすい

PREP法の利点の3つめは、記憶に残りやすい文章構成であることです。

人は、話の最初と最後をよく覚えるという特性があります。これを心理学では、初頭効果・新近効果と言います。「第一印象が大切」「去り際が大切」という心理効果です。

例えば何かのコンクール発表でも、トップバッターとラストの記憶が印象に残ったりしますよね。

PREP法は、最初と最後に要点を繰り返し話すので、要点が強く印象に残りやすい特徴があります。ですのでPREP法は、人の特性を活かした優れた文章構成であると言えます。

PREP法の具体例

では実際に、PREP法を使った文章の例文をご紹介します。

まずはじめに、PREP法を使わないで『映画を観るなら◯◯情報サイトがオススメ』というタイトルのブログ記事を書いてみます。

PREP法を使わない文章例

今日は仕事が休みだったので、昼前の11時まで寝てしまいました。

お昼ごはんを食べた後で、映画に出かけることにしました。流行りの映画も調べずに映画館に行ったのですが、テキトーに選んで観た映画は、すごくツマラナイ映画でした。

やっぱり、映画を見るのなら、自分の興味のあるジャンルを事前にある程度調べてから、映画館へ足を運んだほうがいいですね。

◯◯情報サイトを見れば、自分の好きなジャンルを選ぶと、何時にどこで上映しているのかをすぐに確認することができて便利ですよ。詳しくはこちらをご覧ください。

最初から◯◯情報サイトさえ見ておけば・・・ なんて思ってしまいました。

いかがですか?

最初の数行を読んでも、話の要点がつかめないですよね。

なにも意識せずに書くと、こんな文章になりやすいと思います。日記ならこれで問題はありませんが、情報発信のためのブログ記事としては、何を伝えたいのか要点がわからりづらくなります。

多くのブログ記事の場合は、検索結果から記事タイトルをクリックして、ページを表示することになります。なるべく早い段階で、タイトルに沿った記事内容であることがわからなければ、すぐに見切りをつけられて離脱されてしまいます。

では、最後まで読んでもらうために、この文章をPREP法を使って書き直してみます。

つぎのように変えることができます。

PREP法を使った文章例

【Point:要点】
映画を観るなら、事前に◯◯情報サイトで調べるとすごく便利ですよ。

【Reason:理由】
なぜなら、どんな映画が上映されているのかを調べずに映画館へ足を運んだ場合、自分が楽しめる映画に出会えない可能性があるからです。◯◯情報サイトなら、自分の好きなジャンルを選ぶと、何時にどこで上映しているのかを確認することができます。

【Example:具体例】
例えば、今日私は仕事がお休みで、事前に調べずにふらっと映画館へ行きました。テキトーに観た映画がすごくツマラナクて、時間を無駄にしてしまった気分を味わったんです。◯◯情報サイトさえ見ておけば・・・ 無駄に思えた時間は、楽しい時間へと変わっていたはずです。

【Point:要点】
ですので、時間を無駄にしないためにも、映画を観るなら◯◯情報サイトで、事前に調べることをオススメします。詳しくはこちらをご覧ください。

PREP法を使うと、このような文章構成に変えることができます。

PREP法の文章構成にしたことで、「映画館に行くなら◯◯情報サイトで調べると便利」という主張が、すぐにわかるようになりましたよね。有益な情報を求める読者としても、早い段階で記事の概要がわかるので、安心して読み進めることができます。

ですので、最初の数行で記事の要点を話して、早い段階で読者の得たい情報が書いてあることを伝えるのは、すごく大切なんですね。

ちなみに、お気づきかもしれませんが、この記事もPREP法を意識して書いています。

  • 【Point:要点】ビジネスで使われるPREP法は、ブログ記事にも最適
  • 【Reason:理由】PREP法は相手の集中力を削ぐことなく、記憶に残りやすい文章構成である
  • 【Example:具体例】PREP法を使わない場合と、使った場合の例文紹介
  • 【Point:要点】PREP法をブログ記事でも使ってみてください

まとめ

PREP法(プレップ法)とは、つぎの4つの要素の順番で構成される文章の雛形です。PREP法を使った文章構成にすることで、相手に要点がわかりやすく、説得力のある文章にすることができます。

  • Point:要点
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:要点

プレゼンやビジネスの場面で使われることが多いPREP法ですが、ブログ記事を書くときにも使える便利なフォーマットです。

もしもブログ記事の書き方に悩んでいるとしたら、PREP法を使って記事を書いてみてください。最後まで読んでもらえて、説得力のある文章に変えることができます。

PREP法に慣れてくれば、セールスコピーのような書き方(PASONAの法則)もできるようになります。

参考になりましたら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサード リンク

あなたのWebサイトは成績優秀なセールスマンとして働いていますか?

集客できるWebサイトをつくる「チェックリスト」を無料公開中です。

こちらのPDFレポートで診断チェックするだけで、あなたのWebサイトがお客さんを連れてくる方法がわかります。

● 申し込みを生むデザインがわかる
● 信頼を獲得する方法がわかる
● 刺さるコピーライティングがわかる
● Webで利益を生み続ける方法がわかる

さらに、計18,000文字を超える「診断チェックリスト補足解説講座」を読めば、集客できるWebサイトの秘密が詳しくわかります。あなたのWebサイトが優秀なセールスマンに変わる方法です。

プレゼントは突然終了する可能性がありますので、今すぐ診断チェックしてみてください。

診断チェックしてみる