マーケティング術

個人・中小企業に効く!シンプルなマーケティング戦略の4ステップ

2018-01-08

シンプルなマーケティング戦略4ステップ

この記事では、個人ビジネスや中小企業に効果的な、シンプルなマーケティング戦略の4ステップを解説します。

たとえ小難しいマーケティング用語を知らなくても、この記事に沿ったマーケティングプランで進めれば、問題なくセールスを簡単にしてくれるはずです。

あなたが小規模のビジネスを展開されているのであれば、ぜひこの4ステップでマーケティングを進めてみてください。

スポンサード リンク

セールスを簡単にするシンプルなマーケティング戦略の4ステップ

個人ビジネスや中小企業ができる、セールスを簡単にするシンプルなマーケティング戦略の4ステップとは、次のとおりです。

マーケティングの4ステップ

  1. お客さんがほしい商品を用意する
  2. 存在を知ってもらう
  3. 小さな階段で心理的負担をなくす
  4. リピーターになってもらう

マーケティングは階段に例えられる

マーケティングとは、ビジネスが売れ続けるための仕組みづくりのことです。

この仕組みづくりは、お客さんと商品との間に登りやすい階段をつくることによく例えられます。

シンプルなマーケティング戦略 その1の図

はじめに、お客さんと商品には距離がある

はじめに、売り手と買い手には距離があります。

お客さん(買い手)から見れば、あなたの商品(売り手)は高いところに位置していて、すぐには届かない状態です。

商品を購入してもらうためには、お客さんをあなたの商品の元まで導くために、階段をつくって登ってきてもらう必要があるんですね。

この階段をつくるためのシンプルなマーケティングステップを、ひとつずつ解説していきます。

スポンサード リンク

Step 1 お客さんがほしい商品を用意する

まずはじめに、お客さんにとって魅力的な商品を用意する必要があります。

最初に行うステップは、どんなお客さんにどんな商品を用意すれば良いのかを調査することです。ライバルが多いのであれば、ライバル商品を調べてライバル社との差別化を図ることも大切です。

あなたが扱う商品・サービスは、どんなお客さんが熱望するモノですか?

  • あなたが扱う商品・サービスの特徴
  • お客さん(ペルソナ)の特徴
  • ライバル商品の特徴

この3つを知ることから始めてみてください。

3C分析を行うことで、ライバルとの差別化を図れるようになります。

スポンサード リンク

Step 2 存在を知ってもらう

お客さんは、あなたの存在や商品のことを知りません。

次に行うステップは、知ってもらうための階段をつくることです。

  • 看板をつくる
  • チラシをまく
  • 広告を出す
  • ダイレクトメールを出す
  • 電話で営業する
  • 訪問営業する
  • 交流イベントに参加する
  • Webサイトを閲覧してもらうためのページを用意する

など、お客さんになりそうな人に知ってもらうための活動をします。

ただ多くの人に知ってもらっても、あまり意味はありません。あなたの扱う商品・サービスに興味がある人(見込み客)に知ってもらうことが大切です。

Web集客の場合は、「見込み客」という概念が特に重要になります。

Step 3 小さな階段で心理的負担をなくす

その次のステップでは、欲しいと感じてもらう必要があります。

商品・サービスのことがよくわからなかったり、価格が高いと感じられたり、信頼感がなかったりして心理的に負担があれば、お客さんは立ち止まってしまいます。

そこで、商品・サービスの価値を正しく受け取ってもらう対策をします。

  • 接触回数を増やして商品知識を身につけてもらう
  • 低価格帯のお手軽な商品を用意する
  • 無料サンプルを用意してまずは試してもらう
  • 権威ある人に推薦してもらう
  • 第三者に商品の価値を伝えてもらう
  • 商品が効果的なことをデータなどで証明する
  • 希少な商品であることを伝える

といった対策で、心理的負担を小さくしつつ、欲求を高めます。

シンプルなマーケティング戦略 その2の図

心理的負担を小さくして階段を登ってもらう

階段がなかったり心理的な段差が高いと、お客さんは商品の元まで登ってくれることはありません。必要に応じて階段をつくって、お客さんが抵抗なく商品まで来れるようにします。

心理的な段差を低くするには、心理学を知っておくと役立ちます。

スポンサード リンク

オーディブルの案内

Step 4 リピーターになってもらう

一度商品を買ってくれたお客さんに対しては、また買ってもらえるような機会をつくります。

すでに階段を登ってくれたお客さんですから、あなたの商品に満足しているなら、新しい案内にも比較的簡単に応じてくれます。

あなたの商品に問題がない場合は、リピーターになってくれない最大の原因は「ただ忘れている」という理由です。そのため、忘れられないような関係性をつくっておくことが大切です。

  • サンクスメールを送る
  • アンケートに答えてもらう
  • メールマガジンを発行する

このようなことでも、関係性を保つことができます。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングがシンプルなマーケティング戦略

階段を登ってもらう工程を効率良く行える方法が、ダイレクト・レスポンス・マーケティングです。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングはインターネットとの相性が良く、Web集客で成功している会社は、大抵がダイレクト・レスポンス・マーケティングを採用しています。

ですので、もしもあなたのビジネスがダイレクト・レスポンス・マーケティングを採用していなかったとしたら、取り入れられるかどうかを確認してみてください。

\すぐに結果が出る一冊!/クロージングの心理技術21-b3-12

まとめ

以上、個人ビジネスや中小企業が簡単にできる、シンプルなマーケティング戦略を解説しました。

セールスを簡単にするシンプルなマーケティングステップとは、次の4つです。

  1. お客さんがほしい商品を用意する
  2. 存在を知ってもらう
  3. 小さな階段で心理的負担をなくす
  4. リピーターになってもらう

マーケティングを正しく行うことで、あなたのビジネスは10年後も成長を続けることができます。どうすればセールスが簡単になるのかを、ぜひ考えてみてください。

追伸

もしも「自分のビジネスではどんなWeb集客をすればいいの・・・?」という疑問があれば、当サイト(Web活用術。)の特別コンテンツを参考にしてみてください。

Web集客の成功講座
Web集客のはじめ方|知識ゼロから戦略を見つけて実践まで解説

「Webを使ってビジネスの売上を伸ばしたいんだけど、何をどうすればよいのかわからない・・・」もしもこんな悩みがあったとしたら、こちらの『Web集客のはじめ方』を最後まで読んでみてください。 あなたのビ ...

続きを見る

スポンサード リンク

こちらもチェック!

今すぐ受け取る白地
  • この記事を書いた人

高木浩一

心理学と脳科学が好きなマーケティング・Web集客の専門家/解脱しかけのゲダツニスト/ 大企業のマジメな広告デザインから男性を欲情させるアダルティな広告デザインまで、幅広い分野を経験した元グラフィックデザイナー。心理面をカバーしたマーケティングとデザインの両方の視点をもつ。個人が個人として活躍する時代に向けて「使えるマーケティング」をモットーに情報発信中。

-マーケティング術
-,

© 2020 Web活用術。