行動心理

片面提示と 両面提示

片面提示と両面提示の心理学【セールスに使える説得のコツ】

人を説得したい時に、説得する内容の良い面と悪い面の見せ方の違いで、心理学では片面提示と両面提示の2つの説得方法に分けることができます。 片面提示(一面提示):メリット(もしくはデメリット)だけを伝える ...

シャルパンティエ効果

シャルパンティエ効果とは?錯覚の心理を利用した文章表現アップ法

1kgの羽毛布団と 1kgの鉄アレイを持ち比べた場合、同じ重さのはずなのに布団の方が軽いと感じます。このような錯覚を、心理学ではシャルパンティエ効果と言います。 シャルパンティエ効果のような錯覚は、マ ...

スリーパー効果

【スリーパー効果】時間をかけて説得する、鳴くまで待とう?の心理学

ワイドショーで見かけた芸能人の噂話。最初は「どうもウソっぽいよなぁ」と感じたネタなのに、いつの間にか「実はありえる話なんじゃ・・・?」と感じたことはないですか? 時間とともに信用度が変わる現象を、心理 ...

カクテルパーティー効果

カクテルパーティー効果|反射的に相手を振り向かせる脳機能の利用法

パーティー会場のような大勢の人が集まる騒がしい場所でも、自分の名前を呼ぶ声や、自分が興味のある言葉などは自然と聞き取ることができます。 このような現象を、認知心理学ではカクテルパーティー効果と言います ...

フット・イン・ザ・ドア

フット・イン・ザ・ドアとは?営業や恋愛、セールスコピーでの使い方

交渉ごとで承諾率を上げる心理テクニックのひとつとして、「フット・イン・ザ・ドア(段階的要請法)」があります。 なんの策もなく交渉した場合と比べると承諾率が4倍以上も高くなることから、ビジネスの場面では ...

一貫性の原理 と コミットメント

一貫性の原理とコミットメント|ビジネス・恋愛で使う3つのコツと会話例

人は自分で決めたことについて、最後まで一貫性を持った態度を取ろうとする心理が働きます。このような心理作用を、一貫性の原理(一貫性の法則)と言います。 この一貫性の原理は、人の行動を動機づける強力な力を ...

返報性の原理

返報性の原理とは?ギブから始まる人に好かれる極意

人に何かをしてもらったら、お返しをしないと申し訳ない気持ちになりますよね。このような心理作用を、返報性の原理(返報性の法則)と言います。 老若男女、国籍を問わず、人が本能的に持っている普遍的な現象です ...

保有効果

保有効果とは?マーケティングで使う、失う恐怖と現状維持バイアス

人は自分が所有したモノに対しては突然価値が上がり、手放したくない気持ちを抱く傾向があります。このような心理現象を、行動経済学では保有効果と言います。 行動経済学とは?マーケティングで絶対役立つおすすめ ...

クチコミ効果とも呼ばれる ウィンザー効果

ウィンザー効果とは?第三者の声が信頼を生む口コミレビューの使い方

第三者の言葉を信じやすくなる心理現象を、ウィンザー効果と言います。あなたも一度はクチコミサイトで、飲食店の評価を調べたことがあるのではないでしょうか? クチコミの評価が高ければ安心しますし、低ければち ...

フレーミング効果

フレーミング効果とは?文章を変えるだけで売上アップする行動経済学

たとえ内容が同じでも、見せ方や表現を変えることで印象が変わる心理作用を、行動経済学では「フレーミング効果」と言います。 例えば、あなたが死にかかわる重い病気にかかったとします。助かるために手術を受けな ...

Copyright© Web活用術。 , 2020 All Rights Reserved.